テキストと、ニュースと。そしてちょっぴり感動を。                                                     ジャンル/テキスト・日記・旅
儚雪の空
- Fragile snow in the sky -
since 2006.3.31
Webmaster 風花
Top About DiaryLog Column Trip Event Others   Blog(Sub)
トップページ/日記
執筆者
風花(かざはな) [Twitter]

テキトーに、真っ直ぐ。
経県値:143点。
サイト内検索
旅行記
山陽(2014年)
北東北(2014年)
南紀(2014年)
コメントフォーム
名前
引用匿名 不可
コメント

個人的応援
八雲一家のローカル線ぶらり途中下車の旅
京都秘封ランドスケープ
堀さんと宮村くん
紫が行く
中国嫁日記
リンク
[>僕の見た秩序。
[>ろじっくぱらだいす
[>むぅの家
[>AIR Station an ultimatum
[>socioarc
[>いつか見上げた、あの青空の下で・・・
[>舞軌内雑筆店
[>ひろの自己満足Diary
[>キノ”こ”の旅
[>ケビイシ
[>君と羊と馬の気まぐれ日記
[>K's Station
[>明日は明日の風が吹く
[>痛いニュース(ノ∀`)
[>BOGARD La+
[>誠天調書
[>everything is gone
[>ゴルゴ31
[>カトゆー家断絶
[>かーずSP
[>ITmedia
[>デイリーポータルZ
[>変人窟
[>レビログ
[>太田市長とれたて日記
[>御苑生メイは(以下略)
[>little trip
[>Sons Of Air(NEO)
[>@nikutyせかんど
[>GM研
[>ひろのレビューステーション
[>Lunar Knight
[>眼帯少女パラべラム
[>My wish
[>まなめはうす
[>ぁゃιぃ(*゚ー゚)NEWS
[>読みゲー
[>酔拳の王 だんげの方
[>マンガがあればいーのだ。
[>ニュー速VIPブログ(`・ω・´)
[>アキバBlog
[>楽画喜堂
[>〜 lolipuni 〜
[>FiRSTRoN
[>うぱーのお茶会
[>Transparency
[>つながるモリタクBLOG
[>橋本紡 official site
[>スズモトジェイピー
[>響野夏菜のそのひぐらし
[>藤馬かおりのページ
[>CNSL
[>icenotes, suite
[>ver.793
[>いちご狩り。
[>■和(巫女)■
[>雪化粧
[>那智南夢大暴れ
[>油屋
[>PLASTIC MOON
[>5年目の放課後
[>帝国少年
[>■ぷりずし■ぷりん横丁web
[>タマリスク
[>Swords'n Soul
[>Scanning Around
[>ぴこのスコア
[>KEINA-BRAND
[>Konaminの日記deエトセトラ
[>阿澄日和
[>たみろぐ〜民安ともえのおしごと〜
[>牧野由依
[>音泉
[>Suara公式サイト
[>トータルベースボール研究所
[>ヒマをつぶそう!
[>偽与野区役所
[>アスキー・メディアワークス
[>Kyoto Animation
[>SINPre.com
[>最終兵器彼女のまとめ
[>Erogame Scape
[>「ブーンで学ぶ日本史」のまとめ
[>2ch全AAイラスト化計画
[>脱オタクファッションガイド
[>シャッツキステ(schatz-kiste)
[>KENT WEB
[>とほほのWWW入門
[>Fenrir
[>Wikipedia
[>Google
[>うたまっぷ
[>Key
[>Studio Mebius
[>FlyingShine
[>上海アリス幻樂団
[>07th Expansion
[>Circle Mebius
[>ネトゲストッパー
[>2ちゃんねる
時間ねぇー
駄文同盟
無料アクセス解析
 [イ]COMITIA110+コミティアX4に行ってきm...エーックス!(2014.11.23 @東京ビッグサイト)
  [イ]多摩美術大学芸術祭2014“心、おぼれる”(2014.11.1 @多摩美術大学)
   [イ]武蔵野美術大学芸術祭2014“MAUCIRCUS”(2014.10.25 @武蔵野美術大学)
えぅー日記〜前進する日々。悔い残さないように〜
日記過去ログはこちら
■2015年1月25日 何回も
色々な“煽り”が渦巻いている世の中。
どこか嗅覚があるのか、ピンと来て構図が読めることはわりとあるんですけれども、それでも煽られ流されてしまうこともあります。
自分が「これ」というしっかりした柱を持つことができるかどうかが、今の時代を生き抜くとても大事なところなんだろうなと思います。

雑記
読書評 69 sixty nine - 村上龍
1969年、全共闘が盛んだった時代の高校生の姿を、村上龍自身の経験をふんだんに盛り込みながら描いた自伝的小説。
「1969年の高校生版『ぼくらの七日間戦争』」と言ってしまっていいのかなと思います。

「限りなく透明に近いブルー」を読んだ時も思ったんですけど、村上龍の文体ってあんまり合わないんです。
私にしてみれば、になるのか、この世代にしてみれば、なのかわからないんですけど、とても読みにくくて。
ただ、テーマや扱っている内容は、悪くないんですよね。
人気があるってのは、よくわかります。


自伝的小説なので、何かでっかい結末やメッセージがあるわけではないんだと思います。
ただ、随所にメッセージが盛り込まれていて、最後は登場人物のその後を言葉少なに紹介していく。
短い時間でしたが、私はあの1969年の中に2時間くらい居たのかな……という感じがしました。

冴えない彼女の育てかた #2
加藤ちゃんマジ天使
現実の世界で彼女にしたい、理想ってのはこういう子ですよね。
まあこういう子が一番いない訳ですが……

ゲームのエンディングが完全にCLANNADでした。

ニュース
白鵬、全勝で33回目の優勝に花 鶴竜を寄り切りで下す (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース
解説の北の富士が少しぼやいてましたが、その気持ち、少しわかるような気がします。

あとがき
世の中、どうしようもないことがいっぱい、いっぱい、いっぱいあります。
その時、絶望を感じて、もう私の人生は終わった、と思ってしまうこともあるかもしれません。
でも、踏ん張って踏ん張って踏ん張って踏ん張って、踏ん張りぬいてみましょう。
きっと、いつか光が見えてくるはずです。

止まない雨などない。
■2015年1月24日 長い坂道
昔からずっと続いてるサイトを見て回る度に、少し「あれ?」と思うことが増えてきました。
前と比べて、変わってるコンテンツが多く見られるようになったのです。
もちろん、昔と全く同じ更新をしているサイトもあるのですが、時代の流れもあって、少しずつ変化してきているんですよね。
中には、更新の方式を変えたサイトも少なからずあります。
『なにもかも…変わらずにはいられない』、そういうことなんです。

うちも、確かにTravelやEventなどはコンテンツとして新しく追加された部分ですが、タグ打ちでの更新は開設当初と変わりません。
方針も、途中でテキスト中心を明言した以外は変わっていません。
変わらないことはいい側面もあり、停滞という側面もあります。

サイトをこの形で進めていくべきか否か。
折に触れて考え、ずっとずっと先延ばしにしていることでもあります。
性急に答えを出さなくてもいいことではありますが、冷静に見つめることは、とても大切なことなんだろうなと。

雑記
相棒13 #12
今シーズンの相棒はネット批判っぽいところが多いなあと思いながら。
こういう空回り系のやりとりが最近多い気がします。

ただ、今シリーズは総合的に評価高いです。
過去数シリーズは、正直”ながら見”になっちゃってましたが、今シリーズは普通に見れてます。
カイト君世代の出演者が、やっと噛み合ってきた感じでしょうか。
人気こそそこまで熱狂してませんが、この路線は悪くないと思いますよ。

四月は君の嘘 #14
これ、えげつないよ…
色々言いたいことはありますが、今回すごかったです。
かをりのあのシーンは……さいきんこなかなを思い出してた身としてはピンと来て、つらかったです。

そして何より、椿ですよ。
なんかあの花をリプレイで見せられているかのような関係性じゃないですか。
演出も展開もすごいし、心の動きもすごい。
10話と13話でちょっと共感できなかった所があったのが、とても残念ですが……
これはグイッと引き込まれます。

それにしても、音楽ものって演奏シーンが意外と少ないですよね。
坂道のアポロンも結局文化祭のセッションが最後でしたし…

ニュース
TVアニメ『響け!ユーフォニアム』 PV(ロングver.) - YouTube(まなめはうす)
思ってたのとなんか違う…
なんか演出がサバ×サビっぽいですね。

あとがき
もう少しふまじめに、ゆったり生きられたらいいのかもしれません。
©2006- Kazahana All Rights Reserved.