テキストと、ニュースと。そしてちょっぴり感動を。                                                     ジャンル/テキスト・日記・旅
儚雪の空
- Fragile snow in the sky -
since 2006.3.31
Webmaster 風花
Top About DiaryLog Column Trip Event Others   Blog(Sub)
トップページ/日記
執筆者
風花(かざはな) [Twitter]

テキトーに、真っ直ぐ。
経県値:143点。
サイト内検索
旅行記
山陽(2014年)
北東北(2014年)
南紀(2014年)
コメントフォーム
名前
引用匿名 不可
コメント

個人的応援
八雲一家のローカル線ぶらり途中下車の旅
京都秘封ランドスケープ
堀さんと宮村くん
紫が行く
中国嫁日記
リンク
[>僕の見た秩序。
[>ろじっくぱらだいす
[>むぅの家
[>AIR Station an ultimatum
[>socioarc
[>いつか見上げた、あの青空の下で・・・
[>舞軌内雑筆店
[>ひろの自己満足Diary
[>キノ”こ”の旅
[>ケビイシ
[>君と羊と馬の気まぐれ日記
[>K's Station
[>明日は明日の風が吹く
[>痛いニュース(ノ∀`)
[>BOGARD La+
[>誠天調書
[>everything is gone
[>ゴルゴ31
[>カトゆー家断絶
[>かーずSP
[>ITmedia
[>デイリーポータルZ
[>変人窟
[>レビログ
[>太田市長とれたて日記
[>御苑生メイは(以下略)
[>little trip
[>Sons Of Air(NEO)
[>@nikutyせかんど
[>GM研
[>ひろのレビューステーション
[>Lunar Knight
[>眼帯少女パラべラム
[>My wish
[>まなめはうす
[>ぁゃιぃ(*゚ー゚)NEWS
[>読みゲー
[>酔拳の王 だんげの方
[>マンガがあればいーのだ。
[>ニュー速VIPブログ(`・ω・´)
[>アキバBlog
[>楽画喜堂
[>〜 lolipuni 〜
[>FiRSTRoN
[>うぱーのお茶会
[>Transparency
[>つながるモリタクBLOG
[>橋本紡 official site
[>スズモトジェイピー
[>響野夏菜のそのひぐらし
[>藤馬かおりのページ
[>CNSL
[>icenotes, suite
[>ver.793
[>いちご狩り。
[>■和(巫女)■
[>雪化粧
[>那智南夢大暴れ
[>油屋
[>PLASTIC MOON
[>5年目の放課後
[>帝国少年
[>■ぷりずし■ぷりん横丁web
[>タマリスク
[>Swords'n Soul
[>Scanning Around
[>ぴこのスコア
[>KEINA-BRAND
[>Konaminの日記deエトセトラ
[>阿澄日和
[>たみろぐ〜民安ともえのおしごと〜
[>牧野由依
[>音泉
[>Suara公式サイト
[>トータルベースボール研究所
[>ヒマをつぶそう!
[>偽与野区役所
[>アスキー・メディアワークス
[>Kyoto Animation
[>SINPre.com
[>最終兵器彼女のまとめ
[>Erogame Scape
[>「ブーンで学ぶ日本史」のまとめ
[>2ch全AAイラスト化計画
[>脱オタクファッションガイド
[>シャッツキステ(schatz-kiste)
[>KENT WEB
[>とほほのWWW入門
[>Fenrir
[>Wikipedia
[>Google
[>うたまっぷ
[>Key
[>Studio Mebius
[>FlyingShine
[>上海アリス幻樂団
[>07th Expansion
[>Circle Mebius
[>ネトゲストッパー
[>2ちゃんねる
時間ねぇー
駄文同盟
無料アクセス解析
 [旅]おのくら!〜旅と猫と旅情編〜
  [イ]COMITIA109に行ってきたよ(2014.8.31 @東京ビッグサイト)
   [イ]KOTOKO 10th Anniversary Live Tour "47 ARCH"〜駆け回り食べまくり! NEO〜参戦記(2014.8.9 in 高崎ClubFLEEZ)
えぅー日記〜前進する日々。悔い残さないように〜
日記過去ログはこちら
■2014年9月19日 魔法使いの女の子が魔法の杖を捨ててでも握りしめたかった温もりがあるように
色々なところを旅して回ってる感じのチャリダーの人を見かけたんですけど、一眼で写真を撮るために高さを調整する道具まで用意していて、本職並みか本職以上ですごいなあと感じました。
たぶん、写真を通して伝えたいものがあって、そのためにフルパワーを使ってるんだなあと感じました。
私も旅行だったり即売会関係はそんな感じになっちゃいますが。


雑記
大原美術館で気になった展示
この前の旅行で、大原美術館で見て、気になった作品をちょっと紹介してみよう、という企画です。


●「万有は死に帰す、されど神の愛は万有をして蘇らしめん」/レオン・フレデリック 
フレデリックが25年をもかけて描いた7枚にもおよぶ超大作で、『大原美術館本館の横幅はこの作品に合わせて決められた』という逸話のある作品です。
その大きさと、色鮮やかに描き込まれた “地獄”と“天国”の描写が、心を引きつけて離しません。
絵としても素晴らしく、どれだけ眺めても飽きないと思います。
関連:OHARA MUSEUM of ART ― 作品紹介>主な作品の紹介>西洋の絵画と彫刻>フレデリック


●「繰り返される呼吸」/谷保玲奈
圧倒的なインパクトと踊り狂う鮮やかな色彩。
幅4.5メートルのキャンパスを所狭しと色を配置し、生命の息吹を感じさせる大作です。
関連:大原美術館 - 本日から「ARKO2014 谷保玲奈」作品公開が始まりました。...

●「舞台裏―青のシンフォニー」/ジャン=ルイ・フォラン
おそらく劇場と思われる舞台裏を油彩で淡く描いた作品。
舞台裏を感じさせる仄暗く、しかしはっきりとした画面が印象に残ります。

●「和服を着たベルギーの少女」/児島虎次郎
児島虎次郎の作品の中で有名な一つ。
ベルギーの少女に着物を着せ、模写したと言われる作品。
少女の白い肌に色鮮やかな着物がマッチしています。
関連:OHARA MUSEUM of ART ― 児島虎次郎 油彩画総目録

●「連馬」/ジャン・デルヴァン
馬とその世話をする人、そして砂地に広がる青い空。
風景画としても素晴らしいと言える構成力で、シンプルですが印象に残る一枚です。
関連:OHARA MUSEUM of ART ― 作品紹介>主な作品の紹介>西洋の絵画と彫刻>デルヴァン

●「受胎告知」/エル・グレコ
大原美術館の“代名詞”と言っていいでしょう。
聖母マリアがキリストの受胎を告知される様子が描かれた、非常に印象的な絵画です。
この一枚から様々な様子が読み取れる、とてもメッセージ性の強い作品です。
関連:OHARA MUSEUM of ART ― 作品紹介>主な作品の紹介>西洋の絵画と彫刻>エル・グレコ

●「人類の復活」/フランツ・シュトック
色づかいは淡く、しかしその光の示す道は確かで。
タイトルを力強い光で表したイメージ画に近い作品です。

●「童女舞姿」/岸田劉生
きっと図工か美術の教科書で見ているはず。
画風も相まって、やや不気味に見えていた作品ですが、実に写実的で今見ると素晴らしい作品だということがわかります。
関連:OHARA MUSEUM of ART ― 作品紹介>主な作品の紹介>日本の絵画と彫刻>岸田劉生

●「陽の死んだ日」/熊谷守一
タイトルが示すように、とても強い油絵具の「塊」が印象的。
まさに「書き殴る」という言葉がぴったりはまる絵はこれ以外にないでしょう。
右下に入っている走り書きしたような「陽ノ死ンダ日」という一文が、ものすごく印象に残りました。
関連:OHARA MUSEUM of ART ― 作品紹介>主な作品の紹介>日本の絵画と彫刻>熊谷守一

●「広告“ヴェルダン”」/佐伯祐三
誰もが憧れた時代のパリの風景を切り取った作品。
切り取ったはずなのに、そこにパリへのあこがれがすべて内包されているかのような、不思議な気持ちになります。
関連:OHARA MUSEUM of ART ― 作品紹介>主な作品の紹介>日本の絵画と彫刻>佐伯祐三

●「集中する力 I」/堂本尚郎
黒を中心とする多くの線が、中心やや右の○に集中していく様を豪快に描いた一枚。
大きなキャンパスなので、その生き生きとした導線がうねっている様子が印象に残ります。
関連:2014年7月 堂本尚郎《集中する力》|今月の1点|Artrip Museum 大阪新美術館コレクション


●「芝の上」/児島虎次郎
芝の上に女の子が二人。
本を読んでいる様子を切り取った一枚。
卓越した画才と、現実を切り取って絵に落とし込む能力に畏怖を抱きます。
関連:OHARA MUSEUM of ART ― 児島虎次郎 油彩画総目録

●「藪」/児島虎次郎
人物はいるものの、風景がメインになってくる作品。
この作品については、理由が全く分からず、なぜか好きでした。
関連:OHARA MUSEUM of ART ― 児島虎次郎 油彩画総目録

●「風花雪月」/富本憲吉
美しいとされるこの4要素を織り込んだ「色絵小筥」。
文字だけで大好きです。



以上、大原美術館で出会った素晴らしい作品リストでした。

ニュース
独立賛否、開票始まる=大勢、きょう午後判明―スコットランド住民投票 (時事通信) - Yahoo!ニュース
スコットランド、独立否決=反対55%、予想外の大差―住民投票、英分裂回避 (時事通信) - Yahoo!ニュース
このあたりは全然専門じゃないんですけど、ここまで国際化が進んだ世界としては、独立のメリットがあまりないのかなという感じもします。

あとがき
熱中すると時間が経つのを忘れますね…(恐ろしく時間のたった時計を眺めながら)
■2014年9月18日 Bキャンセル
経県値が145点になりました。
接地・通過を含めて行ったことのない県は茨城、山梨、奈良、高知、佐賀、長崎、熊本、沖縄の8県。
なぜか近場も残っているので、行けるところは行って、まずは全県制覇を目指したいですね。

まあ沖縄とかどう行けって感じではあるのですが…

雑記
旅行記の編集後記
旅行に行くと、必ず次の日は旅行記を書いてます。
ちょっと間が開くこともありますが、かかる時間のうち大半は写真選びで、だいたい文章は出来上がっていたりします。

旅行記は、時系列順に書いていく「出来事作文」です。
ゆえに、あんまり砕けた内容にはしていないですし、できないというのが正直なところです。
旅行記を早く上げたいという思いもあり、その中でエピソードがポロッと抜けてしまうこともあります。
そういったエピソードは、後日補足で話題にしたりもしますが、あまり公にならないまま過ぎてってしまうこともしばしば。
こればっかりは仕方ないのですが、何年か経って、そんなこともあったなあと思いだせればそれでもいいのかもしれないなと思います。

このサイトは、色々なことに手も出したりしてますけど、一番エネルギーを使って作っているのはこの「旅行記」というコンテンツです。
題材の取捨選択からはじまり文面の執筆、正確な情報との突合、写真選びに至るまで、相当な時間がかかってます。
でも、やっぱりそれだけの時間をかけて作り上げたい作品なんですよね。
最近は、旅行記へのアクセスが増えてて、純粋にうれしいです。

ニュース
「県民の日は学校休み!」が少数派であることに衝撃を受けた - ぐるりみち。
10月28日は全世界的に群馬県民の日です!

佑ちゃん「自分は持ってる」を後悔…マー君への思いも吐露 (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース
齋藤祐樹は、伊集院との対談で印象が変わりましたね。
本当の野球好きという感じの子なんですよね。
結果はまだいいですから、野球を楽しんでやってもらいたいなと思います。

あとがき
本当にもう、何が忙しいのかわからないんですが、確実にやることはそこにあって、それを潰していくと一日か終わります。
トリアージみたいに優先度付けをして、ガッツンガッツン処理してるんですけどね。
ホントに、時間があることは正義です。
©2006- Kazahana All Rights Reserved.