小江戸川越ゆったり紀行


ちょっと川越まで行ってきました。

なぜ行こうと思ったかといいますと、「大正時代の風景を再現した通りがある」という情報を仕入れたからであります。
自称・大正浪漫には目がないワタクシ。
休みを見つけてビュンと行ってしまいました。

大正浪漫夢通り
大正時代の風景を期待して行った通り。
対象という名前を冠しており、一部はそういったテーマに合わせて外観を整えているのですけれども、流石に「100%大正時代を再現しました!」というわけではありません。
それでも昔ながらの店が立ち並ぶ、いい街並みでした。
ここを見た瞬間、「川越は観光をよくわかっているな」と思いましたもん。






なんと商工会議所





蔵造りの町並み・一番街
実際に川越の代名詞になっているのは「小江戸」。
蔵が並んでおり、今でもその街並みが残っていることから、”蔵造りの町並み”といわれています。








郵便局までこの外観




埼玉りそな銀行川越支店は本来機能以外に観光スポットとしても重要な役割を担っている

時の鐘
川越を象徴する建物。
NHK連続テレビ小説「つばさ」でも象徴的な建物として登場したそうです。
実はこの鐘、横方向から見ないと鐘自体が見えないんですね。
方向指示板にしたがって訪れると縦方向でしか見えないので、金自体を見ずに帰ってくる人もいそうです。







蔵造り資料館
100円で入れる蔵についての資料館。
資料館としては規模が小さいものの、実際に蔵の2階にあがれたりするので、
今風の洋風な建物よりも和風な昔ながらの建物が好きな人にとってはいい資料館だと思います。
個人的には好きでした。

菓子屋横丁
昔ながらの駄菓子や珍しい食べ物を売っている店が並んでいる通り。
実は蔵造りの町並みの通りよりにぎわっていました。

人が温かかったですね。
駄菓子ということで、子ども連れが多かったのですけれども、
大人までが子どもに逆戻りしたかのような感じになっていたりと、
世代を越えた楽しみが、ここにはありました。




石川英郎がナレーションをしている番組の名物キャラの像がなぜかここに



川越城
なんと修復中でした。



寺社とか
いろいろ回ってきたのですが、流石に全ての名前まで覚えてません。


長喜院


たしか三芳野神社


出世稲荷






喜多院






中院

まとめ
川越は、3つの側面を持った町でした。
一つ、大正時代の面影。
二つ、小江戸。
三つ、蔵造りの街。
この3要素が混ざり合って、非常に心地よい街になっていました。

人口34万の中核市であり、業務核都市という、どちらかというと都心機能を持っている都市のはずなんですけどね。
そんな雰囲気は全くなく、観光だけでもやっていけそうだと感じました。

そして、時の流れが非常にゆっくりで、人々の温かさをものすごく感じました。
その光景は、とりわけ菓子屋横丁でみられたものですが、
昔のよき時代が、あそこにはあったような、そんな気がしています。



買ってきたお土産は、せっかく大正に関係する所に行ったんだからということでいもかりんとう。
ネタ元はもちろん月陽炎の柚鈴です。



執筆 2010年9月25日
TOPへ戻る