藍井エイルの初・日本武道館ライブ”WORLD OF BLUE”レポート(2015.11.2 in 日本武道館)

藍井エイルの初の日本武道館コンサートに行ってきました。
正確には”Eir Aoi Special Live 2015 WORLD OF BLUE”ですが、わかりやすさ重視でこのタイトルにしました。

会場の様子


キルラキルファンにはお馴染みの「シリウス」をはじめ、非常にレベルの高い楽曲が揃っている歌姫なので、非常に楽しみにしていました。

もう最初に書いてしまいますと、最高のライブでした!
最近の女性シンガーの中では、個人的にではありますが最高のパフォーマンスを発揮できるアーティストだと思います。


ここからは、セトリをなぞりながら、私が感じたことを含めてお話しします。


スタートは1stアルバム収録のアップテンポナンバー、『願い事たった一つだけ叶えに行く』アヴァロン・ブルーから。
これ、”悲願の武道館ライブ=たった一つの願い事”ってことと相まって初っ端からぐっと来るものがありました。

そして立て続けにシンシアの光、『この時代(みち)を走り続ける』AURORAとアップテンポの曲が続き、会場が勢いづく中、だんだん気づくんです。
「このアーティスト、ひと味違うぞ」と。


ここでもう、藍井エイルのよさを語り尽くしてしまおうと思うんですが、
本能の赴くまま、崩れ落ちながら歌うんですよ。
下を向いて、思い切り叫んで。

わたし、それが、地面に這いつくばりながら、理想に向かって必死に叫んでいるさまが好きでした。

元々、メッセージ性が強い歌詞が多いのです。
そこに紡がれている言霊を、ひとつひとつ我がことにして、心から歌にしている。
力強い歌い方をするタイプですが、生で聞くとそのパワーは桁外れ。
気持ちを目一杯込めて、本当に全力で歌っているのが、あの歌い方されたら、わからない人がいるはずない。

武道館で、ワンマンでできるって、そういうことだと思います。


続いてGENESISでは、『永遠じゃなくても 完璧じゃなくても』と内面に入っていき、頑張って前に進もうという歌。
『ギリギリだった夜』を歌うKASUMIも色々内面に訴えかけてくる歌なので、アップテンポにムーディが混ざったような非常にミクストな曲調の曲が続きます。


そしてここでしっとりした曲に変わり、Back To Zero
そして絶対に来ると思っていたクロイウタがここで来るんですね。
アルバムには入っていないのですが、「ドラッグオンドラグーン3」の主題歌で、本人が相当思い入れがあるという話を聴いていたので、予習していって正解でした。
スクリーンの演出もすごかったですね。


そしてここでスペシャルゲスト、”Aoの安田さん”こと安田貴広氏が登場。
もともとAoの大ファンだったという藍井エイルが、デビュー前に楽屋に一緒に写真を撮ろうと押しかけたそうなのですが、そのことを安田さんは覚えていなかったという哀しい?エピソードが披露されました。
このあたりの会話のやりとりを聴いていると、本当に普通の女の子なんだなって思えます。

その安田さんのアコギとのデュエット形式で紡がれたナンバー、A New Dayは両者のハーモニーも素晴らしく、本当にしっとり聴かせてくれてよかったです。
あとで曲を聴いてみて、このアレンジを踏まえるとさらに深みが出ました。
そして引き続きRoses
私は初聞きだったのですが、とてもよかったです。

そして次がポップなナンバー、虹の音
藍井エイルは激しい曲だけって印象持たれている人もいるかもしれませんが、しっとり聴かせる曲もものすごく心に届くんです。
この辺りで涙腺が崩壊寸前でしたね。



そして、ここから「暴れる準備はOK?」的な掛け声がかかり、再びハイパーエイルタイムに。
『広い空の青さ』を象徴するような曲、
コバルト・スカイでは、エイルの号令でタオルをぶん回しました。
そして次に来るのはもう殺しに来るのかって感じにサンビカ
この曲、今さらですが讃美歌ではなく”賛美歌”ってことなんですよね。
『できないことなんてきっと無いから』のフレーズと、藍井エイルが武道館ワンマンをやっているということと、色々なことが相まってものすごく感極まってました、このあたり。

そして、ここでまさか来てくれるとは思わなかったゆらり
個人的に好きな曲なのですが、あまりラブ向きではないなと思っていて来ないと踏んでいたんですよ。
これ本当にうれしかったです。

そして、実質的に今回のタイトル”WORLD OF BLUE”にもつながり、最も本人が思い入れあるだろうなと言う曲、青の世界が。
この曲は、本当に気合いが入っていたし、演出から何から気合いが入ってました。

そして次はGLAYのHISASHIプロデュースの新曲、シューゲイザー
友人から聞いたのですが、シューゲイザーってのは、”ギターを弾きながら靴を見てひたすら歌う人”ってことらしくて、これ藍井エイルらしくて良いネーミングだなと後から思いました。

そしてここからはもう何を感動と言っていいのかわからないくらいのラインナップが襲いかかります。
初期の名曲INNOCENCEに、”Wow wow”のコール&レスポンスがアツいBright Future

そしここでてシリウスが来るんですよ。
もう殺しにかかってます。

曲コールをしてくれたので、ウルトラレッド(サイリウム)を用意する余裕がありました。
キルラキルも大好きでしたし、頭からお尻まで自信を持って覚えて大声出せるって曲でした。
全体としても、本当にもう今日一番の大盛り上がりでした。

続いて『迷わずに今』のIGNITE、トリは、D'AZURで最も印象深いナンバーラピスラズリ
ここも大盛り上がりで、演者はいったん引っ込みました。



そして巻き起こる”アンコール”。
なお、ライブのお約束だそうですが、藍井エイルのアンコールは「えい、えい、るー!」になるようで。
本当に張りつめた空気の中、「えいえいるー」が巻き起こるので最初は苦笑していた人もいましたが、最後の最後は大合唱になってました。
魔法みたいで、ちょっといいですよね。

そして行われるアンコール。
1曲目にMEMORIAが来た瞬間、私は思わず立ち上がってウルトラブルー(サイリウム)をバキッと折ってました。
私が藍井エイルをはじめて認識した、思い入れのある曲だったので、ここでやってくれたのがとてもうれしかったんですよね。

そうそう、書くのがここになっちゃいましたが、今回のライブでは初のストリングス部隊が参加。
ヴァイオリン等の音色も合わさって、より重層的な音楽が紡ぎだされていました。


ここで、アンコールに合わせてメンバーの紹介がされたのですが、ここで紹介しきれないくらいいエピソードづくし。
メンバーのほとんどが日本武道館で演奏することが初めてで大感動していたり。
なおベースは黒津克彦でした。

藍井エイルが初のワンマンライブをやった打ち上げで「3年後に武道館ワンマンライブをやる」と宣言して実現したという逸話も飛び出し、今思い出しても涙がじわっとこみあげてきます。
この子すごいし努力家だよと。

このあたりから、ファンの声援がめちゃくちゃ飛んでいたこともあって、エイル泣いてましたね。

アンコール2曲目が新譜のカップリング、HaNaZaKaRi
そしてラストは、『ファンと繋がりたい』というオモイからこの曲、ツナガルオモイ
大盛況のまま、ライブは幕を閉じました。

エンデイングは「えいえいるー!」の5本締め。
なんか途中ミスがあった気がしましたがキニシナイ。


−セットリスト−
1.アヴァロン・ブルー
2.シンシアの光
3.AURORA
4.GENESIS
5.KASUMI
6.Back To Zero
7.クロイウタ
8.A New Day(feat.Ao 安田貴広)
9.Roses(feat.Ao 安田貴広)
10.虹の音
11.コバルト・スカイ
12.サンビカ
13.ゆらり
14.青の世界
15.シューゲイザー
16.INNOCENCE
17.Bright Future
18.シリウス
19.IGNITE
20.ラピスラズリ

〜アンコール〜
21.MEMORIA(オーケストラver)
22.HaNaZaKaRi
23.ツナガルオモイ


本当に、上で書いたことを再度書くようになっちゃうのですが、藍井エイルすごかったですよね。
このすごさは、ファッションとかじゃない。
ものすごく芯の強さがある子だなと思いました。
しかし、完璧超人かというとそうではない、そのあたりは普通の子で。
色々な葛藤や届かないこともあって、でもこうやりたいという希望があって。
とにかく大変なこともあるけど前に向いて進んでいこうというのが、ほとんどの曲に共通するメッセージだと思っています。
その意志が、ファンの共感を生むんだと思うんですよね。
エイルライブでは観客席が真っ青に染まるんですけど、あれはスフィアの青に勝るくらいの、ファンが特異な行動をして目立とうとかそういった意志が感じら
れず、みんなエイルのために頑張ろう、盛り立てるバンドメンバーの皆さんも頑張れ、って感じの青だったなと思います。


いままで行った他のアーティストのライブも、もちろん素晴らしいものばかりでした。
ただ、その中って、ちょっと遊び要素とか、楽しめるコーナーとかが入っていたんですよね。
でも、このライブにはそういったものが全くなかった。
藍井エイルのやりたい音楽が、世界が、空間がそこに広がっていた。
私はこの部分を非常に評価したいと思います。


なんかもう、書き切れないくらいほとばしっているので、いい所で留めておきます。
藍井エイルは来年度全国18か所をツアーで回るとのことですので、ぜひお近くに来た際には足を運んでみてください。
本当に、素晴らしいアーティストです。


執筆 2015年11月3日
イベントレポ TOPへ戻る