CEATEC JAPAN 2014に行ってきました(2014.10.10 @幕張メッセ)

幕張メッセで開催されているアジア最大級の最先端IT・エレクトロニクス総合展 “CEATEC JAPAN(シーテック ジャパン)2014”に行ってきました。


基本的には企業の技術者向けの展示会です。
関係者でもなければ技術者でもないわたしがここに行ったかといいますと…
以前に伊集院光のラジオで話題にのぼっていて「行きたいなあ」と思っていて、去年行きそびれたのと、
家電の少し先がみたいと思っていたのが理由になります。
もともと、過去にCEATECのニュースを取り上げたりもしてるので、全くの無縁というわけではなかったようですね。


さて、このイベント、CEATEC(シーテック)、順風満帆というわけではありません。
昨年はCEATECに改称された2000年以降では、入場者数が最低を記録。
SONYが出展を見送るなど、やや暗雲も立ち込める中での開催となりました。

たしかに課題は散見されましたが、“やはり新しいモノの実物に触れる”というのは楽しいですね、これは間違いないです。


まずは印象に残った企業ブースを簡単に紹介していきたいと思います。

OMRON(オムロン)
今年の目玉と言われるラリー継続卓球ロボットを展示。
安定してラリーを返し続ける技術には脱帽でした。




オムロンというとヘルスケア機器のイメージがありますが、今回はAR技術や「スライドしても水がこぼれない」技術など、“ヘルスケアだけではない”というところを力強くアピールできたのではないかと思います。


関連:オムロンが卓球ロボット披露、打ち返しやすい場所に返球する人に優しいラリー継続マシン - Engadget Japanese
   CEATEC 2014:オムロンの「ラリー継続卓球ロボット」は相手を気づかいながらラケットを振るう - MONOist(モノイスト)

TOSHIBA
大手企業がやや“無難な展示”を展開する中で、今回頑張っているなと思ったのがこの東芝。
目玉はなんと言っても「TOSHIBA glass」で、2015年に実用化を目指しているそうです。


そしてもう一つの目玉はコミュニケーションアンドロイド「地平アイこ」。
さらに地味ながらも近接通信時術「TransferJet」は気になる要素でした。


関連:東芝が眼鏡型「Toshiba Glass」2015年発売、スマホと接続。担当者「Google Glassは使えない」 - Engadget Japanese
   ニュース - [CEATEC 2014]「まだまだ手話は勉強中」、東芝の女性型アンドロイド「地平アイこ」:ITpro


SHARP
生活のあらゆる場面に対応して『話しかけてくれる』機能、「emopa」を発表。
スマートフォンと「伺か」の融合ですね。(何か違う)
「Like Life」の姫子も現実に存在するようになるんだなと確信した展示でした。


関連:CEATEC JAPAN 2014:「エモパー」を体験できるシャープブース、MEMS-IGZO搭載の7型タブレットも展示 - ITmedia Mobile

DOCOMO
歩きスマホを防ぎ、画面を見ずにナビゲーションが可能になる「YUBI NAVI」を体験できるブースがあったので、体験させてもらいました。


その他で注目を集めていたのが「ポータブルSIM」。
展示では4Gのその先「5G」の実験についても展示されていました。


関連:CEATEC JAPAN 2014:歩きスマホはもう不要 ドコモが握るだけで目的地までナビゲーションするデバイス「YUBI NAVI」を展示 - ITmedia Mobile
   ドコモ、CEATECで5Gをアピール、ポータブルSIMのデモも披露 - ケータイ Watch

クラリオン
まさかの、先日ネットでも話題になった「方言カーナビ(通称)」の紹介展示。
デモ版の音声が繰り返しブースで流れていて、一瞬固まりました。
ちなみに声優陣のラインナップを見る限り、ガチです。


関連:「方言カーナビ」爆誕 丹下桜・松来未祐・洲崎綾・西明日香・松井恵理子が方言でナビしてくれるよ! - ねとらぼ
   クラリオン、CEATEC JAPAN 2014に出展…業務車両向け製品など3ゾーンで構成 (carview!) - Yahoo!ニュース
   Clarion ダウンロードボイス 公式スペシャルサイト

スケルトニクス
エヴァ初号機を髣髴とさせるエンターティメント用外骨格「スケルトニクス」の展示。
来場者の興味というところでは、オムロン卓球に次ぐ盛り上がりだったのではないでしょうか。
オーディエンスが集まるものの、その前で体験するにはなかなか勇気が要り、「乗りたい」と言った人は大体そのまま乗れてましたね。




関連:家電見本市「CEATEC」でスケルトニクスに搭乗してみた! 自分がめちゃくちゃ強くなった気分になって最高に楽しいッ!! | ロケットニュース24
   巨大ロボに乗る夢をかなえてくれる動作拡大型スーツ「スケルトニクス」 - GIGAZINE
   CEATEC 2014:まさにSFの世界、外骨格ロボットスーツ「スケルトニクス」に乗れるぞ! - MONOist(モノイスト)

ジゴワッツ
電気自動車の充電や、スマホを使った鍵の施錠・解除等の技術をもつベンチャー企業です。
実はこの社名、知る人ぞ知る「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に出てきた単語から。
今後が期待できますね!(ドク的な意味で)


(※)ジゴワット…バック・トゥ・ザ・フューチャーシリーズのデロリアンを作動させるのに必要な電力の単位。元々はギガワットの誤用から。

関連:CEATEC 2014:スマホで鍵のロックを簡単解除! 独自技術でIoT製品を開発するJIGOWATTSとは - MONOist(モノイスト)

豊橋技術科学大学×大成建設
産学連携による「電界結合を利用した走行中ワイヤレス給電」の実演。
アスファルトに金属製の線路をあらかじめ埋め込んでおき、道路を一種のコンデンサにしてしまって給電する(このあたり間違ってるかも)という壮大な実験。
実現は難しいでしょうが、ロマンにあふれてますね。



関連:日刊建設工業新聞 ≫ 大成建設、豊橋技術科学大学/電化フロア電動カート開発/床から無線で給電

タニタ
ヘルスケア業界で先頭を走るタニタらしい、健康関係に特化した展示。
体組成計をさらに発展させた「筋質メーター」(筋肉量だけでなくバランス、密度などを測れる)の体験は行列ができていました。


関連:「健康をつくる」タニタの提案 | CEATEC JAPAN 2014 ( シーテック ジャパン 公式サイト )

京セラ
アメリカ国防総省が定める軍事規格「MIL規格」に適合した高耐久スマートフォンの落下・防水耐久実験など。
来場者が自由に水につけられるという画期的な体験コーナーもあり、終盤では通販番組的な紹介プレゼンも行われてました。




関連:CEATEC JAPAN 2014 京セラ、「TORQUE G01」の3つの性能をブースでアピール (Impress Watch) - Yahoo!ニュース

GUGEN
ベンチャーゾーンにありますが、企業ではなく『GUGEN』というイベントの展示スペースでした。
それぞれの技術者が渾身の力を込めて作った作品ぞろいで、どれを見ても特色があふれ出ていました。




関連:GUGEN2014

村田製作所
ムラタセイサク君→ムラタセイコちゃんと進んできたムラタの第三段階、『ムラタチアリーディング部』が開催されました。
セイサク君が二輪、セイコちゃんが一輪なのに対し、チアリーディング部は常に玉乗りをしているのでまさかの「ゼロ輪」。
これはオムロン卓球に並ぶ、なかなかすごい技術ですよ。


なお、上演された時のオリジナル曲はやくしまるえつこ作「チア・チア」だそうです。

関連:CEATECで会える最新ロボット--村田製作所チアリーディング部編 - CNET Japan
   ≫ やくしまるえつこによる村田製作所チアリーディング部のテーマソング「チア・チア」公開! 全日本CDショップ店員組合

その他ダイジェスト

デンソー:将棋を指す「電王手くん」

富士通:防水や防塵に優れたタブレットの展示。説明者「本当はGORILLA GLASSを使いたい」

NEC:展示を差し置いて、延々とステージでバイオリン演奏…

アプリックス:「MyBeacon」を活用した広告

Panasonic:通販番組に出てきそうなDonDokoDon山口みたいな人が延々と実演客引き

【悲報】千葉県、CEATECにチーバ君投入

タイコエレクトロニクスジャパン:巨大ティラノサウルス

HONDA:体重のかけ方で移動できる乗り物

Qi(規格):会場内各所にQiスポットを設置

総括

楽しかったは楽しかったです。
ただ、元々一般人向けのイベントでないというところもあり、行って楽しめる人とそうでない人が出るんだろうなあとは思いました。
あと、このあたりの展示は実用化されないものも多いので、そのあたりは実際の未来が見えるかどうか…という所もありますね。
どうしても、家電業界はまだ1990年代のビジョンから抜け出せていない感があります。
大企業ほどそんな感じがして、やっぱりベンチャーや大学などはそのあたりを打破して行く光が見えたかなと思います。


少し家電とか技術に詳しくないとわからない、という制約はありますが、一度行ってみるといいと思います。
登録すれば、無料で見ることが出来ます。



はじめての二郎を食べて帰りました。

執筆 2014年10月11日
イベントレポ TOPへ戻る