テキストサイトとフォントいじり


昔、ネット上にテキストサイトが隆盛を誇っていた時代がありました。
サイトのデザインも今のように洗練されておらず、本当に文字の修飾と改行だけでサイトが成り立っていた時代です。

人気だったテキストサイトとしては「侍魂」などがありますが、じつは見たことがありません。
ただ、有名でないところでも、似たようなことをやっていて面白かったサイトは、少なくなかったんですよね。
特にまだネットがここまで一般に広がっていなかった時代ですから、それこそいろんな人が狭い世界ながら面白さを追求していろいろなことをやっていたわけです。
俗にいう「フォントいじり」を多用していたサイト。
いつの間にか「フォントいじりは見づらい、中二病だ」という風潮が広がって、今ではそれを見るのすら珍しいことになってしまいましたが。


その頃に流行り出していたのが、レンタル日記です。
レンタルといっても無料で、企業が日記スペースを貸し出してそこで日記を書くという類のものです。
いまやはてな村と言われるはてなダイアリーだって、もともとはこれだったのです。
このころはこれがメインというわけではなく、「こういう日記が別にあったらかっこいいんじゃないの」というノリでやっていた人が多かったような気がします。


ブログが現れたのが、2004年でしょうか。
僕は、ブログもレンタル日記の延長線上だと考えていました。
正直言えば、システムとしては同じなんですよね、見た目が違うだけで。
「CGI日記」というのを体裁を整えて「ブログ」と言い直した、といった方が適切かもしれません。
そもそもブログとは「weblog」、ウェブ上に残しておくログという意味合いです。
だからよく言われる「トラックバックがあるからないから」というのはちょっとブログの定義とは違うのですよ。
だから、レンタル日記の亜種でしかないと思っていたものがここまで広がった時は、驚きましたね。

ブログの流行と同時に、テキストサイトなどの「タグ打ち」サイトが廃れていきました。
ブログは更新が圧倒的に楽だからです。
ただ、サイトの面白さって、どうしてもかけた時間に比例するところがあるのです。
楽な分更新時間が減り、質の低下というのも兆候が見えだした時代でした。(サイトがブログ化するとネタが面白くなくなり、管理人が更新をさぼり出す、ということが法則のように言われていた)


いま、フォントいじりをしているサイトは極端に少ないです。
ほとんどが標準サイズか小さいサイズのまま、文章を打ち込んでいる感じがあります。
もしかすると、フォントいじりの方法が分からない人もいるかもしれませんね。


よく見かける「長文だとすぐにウインドウを閉じてしまう」というのは、文章を読む力がないのでもサボっているのでもなく、文章にインパクトや面白さがないだけなのです。
昔の時代のテキストでは、キーワードのフォントをでかくして色を変えることである程度の概要がつかめたんです。
それと比べると、今のテキストはどこをどう読んだらいいか分からないという文章が、正直多いですよね。
その代わりに出てきたのは、特に漫画系で見られる「画像」というインパクトを用いて記事を作る人たち。
フォントいじりが画像にとってかわったのかもしれないなあと思ったりもします。


最近ちょっと見かけた「今はサイトが重い」という話。
そりゃ重いです、デザインの高度化により企業サイト並に画像を使うサイトやいろいろなシステムを組み込むところが増えてきたのですから。
かつては画像を使ったサイトは開くのが遅い上に重いので敬遠されていたのが、今では普通になりましたね。
このサイトも、かつては「ガッチガチなTABLEは重くなる」と言われたTABLEタグを基調に組み上げていますが、それでもうちより重いサイトってかなりあるのではないでしょうか。


ここまで成熟したネット社会。
この期に及んであえてフォントをいじってみるのも面白いかもと思いました。


執筆 2008年6月15日
コラム TOPへ戻る