儚雪の空 2007年十大ニュース

まさか2007年のとりまとめを自分自身がやることになるとはゆめにも思いませんでした。
というわけで酔拳の王 だんげの方さんから引き継ぎました「2007年十大ニュース〜個人ニュースサイトをどげんかせんといかん〜」、僕自身もやります。
最後に全体的な総評も書いておりますので、そこまで見ていただければこれ幸いです。
なお、見易さを向上させるためやニュースの詳細を追記するなどでページの改定を行うことはありますが、順位の変動はありません。
ご了承いただければと思います。

1位 ニコニコ動画  [URL]
2007年を語るうえで、ニコニコ動画の台頭は外すことができません。
2ch管理人のひろゆき氏が監修してつくられた、新しい利用スタイルの動画投稿・閲覧サイト。
動画に文字を書き込むことが出来る(いわゆる「爆撃」)は非常に画期的でした。
後半ではニコンドライフや会員制になったりと負の面も少なからず見えてきて、結局はYouTubeよりも規制の若干あまい動画サイトという位置付けになってしまったかなという感はありましたが、それを差し引いても初期の面白さは異常でした。

2位 初音ミク  [URL]
そのニコニコ動画を溶媒としてブームになったのがボーカロイド・初音ミク。
2007年8月31日にクリプトン社から発売されたDTM(デスクトップミュージック)ソフトです。
「初音ミク」というボーカロイドが歌っている設定や、DTMを知らなかった人にとってはその新鮮さが受け、ニコニコ動画だけではなく初音ミクを描く人やフィギュアをつくる人が出てきたり、最終的にはYouTubeに転載されたりしてブームが加速していきました。
ネギを回すというのはroitumaの派生で出てきた後付けの非公式設定でしたが、今となっては「ミクにネギ」はもはや公式といっても過言ではないものとなっています。
「アッコにおまかせ!」で叩かれたり、検索から弾かれたりする騒動もありましたが、いまだにブームは続いています。
12月下旬には第2弾である「鏡音リン・レン」が発売される予定。

3位 中央省庁に不祥事続出  [URL]
農水省一連の騒動、社会保険庁の年金問題、防衛省守屋元事務次官問題・・・
大臣の失言では「女性は産む機械」「原爆は仕方なかった」などがありました。
本当に政府、というよりは中央省庁の信頼が著しい下落を見せた1年だったと思います。
地についていた中央省庁の信頼が、さらに地下へ沈むかのような一途をたどったのには、開いた口がふさがりませんでした。
その中でも個人的に最も衝撃的だったのはナントカ還元水問題で結果として自殺に追い込まれた松岡元農水大臣の一件。
現役の大臣が自殺するというのは前例がないわけで、本当に衝撃的でした。

4位 食品偽装問題が続出  [URL]
不二家の期限偽装問題に始まり、ミートホープ、白い恋人(石屋製菓)、赤福、比内地鶏、船場吉兆・・・
最近ではテラ豚丼、ケンタッキーのG揚げ騒動。
イレギュラーなところではあるある大辞典Uの納豆騒動なんてのもありました。
ダンボール肉まんやチャイナフリー運動などもありましたが、日本国内でも食の安全性が非常に疑問視された一年だったと思います。

5位 声優枕営業騒動(とゆりしー大勝利)  [URL]
声優事務所大手「アーツビジョン」の社長が逮捕されたことから始まったいわゆる「枕営業」騒動。
声優ファンにとっては「自分が応援している声優もそうだったんじゃないか」という疑念を生んでしまう大騒動になりました。 今まで「電波」視されていたゆりしーがこのことを暗号に載せてブログで書いていたと考えられることから”大勝利した””ゆりしー大天使”とされたサプライズも。
事実かどうかは判明しているわけではありませんが、存在するという旨の文章を書く人がいたりラジオで存在するといった人もいました。
現在では藤田咲が初音ミクの声を当てるなど、この騒動の影響は徐々に薄れつつあります。
今後ファンとしてはどういう対応をすべきか、内部の人としてはどうやってこの問題を最小限に留めるかが問われるのではないかと思います。

6位 宮崎県知事にそのまんま東氏  [URL]
かつては「たけし軍団」のお笑いとしてテレビで活躍していたそのまんま東。 政界入りし、泡沫候補といわれながらも当選し“東国原英夫”宮崎県知事になったのはひとつの衝撃でした。
本人は芸能界を半引退状態で早稲田大学に通い続けていたわけですから、あながち偶然とも言えないと思います。
知事としての手腕は1年が過ぎようとしている今でも未知数ではありますが、「宮崎のセールスマン」としては非常に活躍していました。
今後も独自路線の県政を続けて欲しいと思います。

7位 古田、佐々岡をはじめとするプロ野球界の名選手が次々と引退  [URL]
古田、佐々岡、鈴木健、関川、石井貴、田之上、田中幸、水口・・・
名選手というよりは「そこにいて当たり前の選手」とでも言うべき、本当に馴染み深い選手が引退を表明したのが今年でした。
上記に上げている選手はかつてそれぞれの球団を引っ張ってきた選手です。
年齢による衰えなどがあるとはいえ、引退というのはやはり非常に悲しいです。

8位 安倍首相辞任、福田新総裁誕生  [URL]
昨年の自民党総裁選で首相に選出された安倍首相が参議院選大敗後一時は続投を試みたもののすぐさま辞任を表明した騒動。
最初はかなりの支持率を誇ったものの、相次ぐ不祥事やメディア対応の拙さによるマイナスイメージが噴出し、結果として1年という短い期間で首相の職を下りることになってしまいました。
3位で挙げた大臣の失言、農水省の一件はもしかしたらこちらに入るかもしれませんが、今考えてみると、運がなかったというのもあるかもしれません。
そしてその後を継いだのは福田首相。
地味に頑張っているようです。

9位 中日ドラゴンズが53年ぶり日本一  [URL]
再びプロ野球から。
中日がセリーグ2位からクライマックスシリーズを勝ち上がり、日本一になりました。
中日ファンとしては本当に嬉しいです。
ストーブリーグで辛酸を舐め、まるで人が変わったかのように活躍した中村紀洋の加入は非常に大きかったですね。
来年は是非2連覇、リーグ優勝してでの2連覇をして欲しいです。

10位 大相撲 時津風部屋で集団リンチ殺人事件  [URL]
2007年6月26日に時津風部屋の時太山が稽古中に死亡した事件。
後の調べでリンチを受けた末に死んだのではないかという説が有力になり、愛知県警は傷害および傷害致死容疑で立件する方針を固めたようです。
角界は昔からの伝統がまかり通っている世界ですが、それが悪い意味で露呈した殺人事件だったと思います。
この事件はいまだ解決したわけではありませんから、更に追求していってほしいです。
ただでさえ朝青龍騒動があった今年、角界は揺れに揺れました。

今年一番笑った記事
サザエさん 全自動卵割り機
本当に悩んで悩んで、悩みぬいた結果これにしました。
サザエさん元来のテンションではないある意味での傑作です。
いつもとどこか違った磯野家にやってきたのは・・・
全 自 動 卵 割 り 機・・・

乞うご期待(刑事ドラマのCMかよ)


番外編
・「十大ニュース」を引き継いだ
これこそビッグ・ニュースなんだと思います。

ノミネート/次点
東京都知事選挙の政見放送で外山恒一が大ブレイク
・2007参議院選挙で自民大敗、民主が参議院第一党に
・夕張氏が財政再建団体に
Where the Hell is Matt?
・スイーツ(笑)
「ReadMe!」が更新終了
・Key「リトルバスターズ!」発売
・新海誠最新作「秒速5センチメートル」公開
・nice boat.
・ゆとり
・能登沖地震・新潟中越地震
・2ちゃんねる閉鎖騒動
・すたじおみりす解散
・かーずSPのかーずさんが大活躍、「かーずさんなにやってるんですか」が個人サイト界隈で叫ばれる
・Lingua furanca.発足
・小島よしおが大ブレイク
・タミフル
・mixiで犯罪自慢が多発
・イチロー伝説
・郵政民営化 日本郵政グループ始動
・小沢氏、民主党代表を辞任の意向→留まる意向 オザワるマジック
・Windows Vista
・朝青龍仮病騒動
・植木等さん死去
・ZARDの坂井泉水さんが転落死、人気ボーカル
・建築家・黒川紀章さん死去
・宮沢喜一元首相が死去
・星野圓道師が「堂入り」達成

今年一番笑った記事ノミネート/次点
今日、葬式だったんだがwwwwwwwwwwwww
中曽根OFF in 京都2nd

総評
今年もいろいろありました。
去年よりいろいろあったのではないかなとさえ思います。
今回もなかなかベスト10が決められずに、最終選考に65候補が挙がっていたりしました。
第1弾の選考では、500個くらいを挙げていたような気もします。
それゆえ、今回の企画ではトップ10から漏れたものも、そんなに変わるものではないと思っています。
もちろん大きなニュースのはずなのに忘れているものも、もちろんかなりあるのではないかと思います。

どのニュースが大きくて、どのニュースが小粒だとか、そんなのは全く関係ありません。
ただ、どれも、"今年起こったこと"にかわりはありません。
来年になればまた2008年の10大ニュースというのが出てきて、2007年のそれは忘れ去られてしまうのだと思います・・・というこの口上は去年のものからまるごと持ってきているわけですが。


今回はまさかの「自分が集計当事者」というなんとも不思議な境遇でこれを書いていますが、何のことはなくいつもどおりに自由に書きました。
本当にちょうど1年前、同じことをやっていたんですねえ・・・としみじみしたところで結びとさせていただきます。

儚雪の空管理者 風花



執筆 2007年12月10日
コラム TOPへ戻る