サイト理論なんて知ったことか
- サイト更新の際に気をつけている事は?


サイト更新で気をつけている事なんて正味、ありません。

このサイトは思うまま気の向くまま、徒然なるままに作って、書いて、運営しています。


一応僕は実生活では(自称)真面目な人間(、他称:変な人)で通っておりまして。
自分を出せておらず、言ってしまえば"窮屈"なんですよね。
サイトではその出せていない面を素直に出そうと思って、"自由"という車輪の下キーボードを叩いております。
基本的には公共の秩序、善良の風俗に反しない程度に自由にやっています。

ネットでもいろいろあると思います。
たとえば去年のちょうどこの時期にはアフィリエイトを張っていたサイトが総攻撃を食らったりしました。
ちょうどあの時も、アフィリエイトをやれば儲かる、といった潮流があったように覚えています。
「閲覧者も損はしないし運営者も儲かる、どこにもおかしいところは無いではないか」と。
確かに、その流れに乗ってしまえば自分も他者もハッピーになるのかもしれません。
ただ、僕はその同化潮流が怖かったです。

毎度見てくださっている方ならわかると思いますが、
文章も打ったまま校正を全くしないので小学生レベルで、
ニュースも中二病の正義を振りかざしたような選択で、
たまには更新をミスってみたり、
ゲームに気をとられて更新がお粗末になったりと、
このサイトはかなりいい加減でチープなサイトです。

もともと、自分を偽るのって苦手なんですよ。
嘘をつくとすぐにばれる人っていると思いますが、僕はまんまそれです。
たぶんネットで規模の大きいサイトを作ろうとしたら、自分を殺して理論に基づいて文章の構成に数時間かけたりとかしてやっていけば普通にデイリー1000とか2000とかのサイトはできると思うのですが、
僕は、それがしたくなかった。
そもそもそんな器じゃないことは僕自身が一番よく知っています。
「大手になるのではなく、自分そのまま、独自性を出していこう」と。
そんなこんなで徒然なるままにサイトを運営しておりますが、一応デイリーのアクセス数が"1"にならないまま1年と4ヶ月もこの弱小サイトを続けています。


気をつけていることが無いと言えば多分嘘になるんでしょうけれども。
しいて挙げるとすれば、「ですます体とである体を混同して使わない」というのは心がけていますし、「個人的なものにはニュースリンクを張らない」ということも気をつけるようになりました。
今でこそこんな大口が叩けていますが、開設当初は「人が来ない、どうしよう」と今となっては黒歴史になるんじゃないかというほどの鬱な文章を垂れ流していたりもしました。
ただ、これは全て"気をつけていること"というよりは"吸収したこと"だと考えています。
サイトを運営してきて自分自身で壁にぶち当たったことによって身についたことなので。

あと、更新はできるだけ毎日するように心がけてはいます。
更新したつもりでもアップしていなかった、なんて今日のような間抜けなことがたまに起こりますが。


基本的にはフリーダムです。



執筆 2007年7月18日
コラム TOPへ戻る