Diary 過去ログ(2015年5月11日〜2015年5月20日)
| 11日 12日 13日 14日 15日 16日 17日 18日 19日 20日 | << | 過去ログ | >> | TOP |
■2015年5月11日 BORDER
”ゴールデンウィークの長期連休!”とは行ったもの、結局は遊び歩いたり出かけたりして『体を休める』とはほど遠いもの。
色々な状況が重なって、わりと休めてないままここに至ってますが、もう少しだけ踏ん張りたいなと思ってます。

雑記
「好き」と仕事の境界線<ボーダー>
『好きなことは仕事にしないほうがいい』とよく言います。
私も、”趣味としての好き”と、”仕事が好き”ってのは別物だという認識でいます。

しかし今日、不思議な状態を経験しました。


メインの仕事ではないものの、サブ的に手伝っている仕事でアイディア出しを頼まれまして。
いつもなら、突飛な発想はするものの、枠の中に収めるようなアイディアが多いのですが、今回は何も気にせず、思いついたことをどんどん羅列してアイディアを量産することができたんです。


アイディア出しは、何か書けばいいから簡単、と思われるかもしれないんですが、考えてみると色々な縛りがあったりして、なかなか大変なのです。
例えばこの日記の冒頭や最後のあいさつなんかも、『簡単に書けるでしょ?』と思われる方もいると思うんですが、かなり悩んで書いていたりするのが実態です。

これって、たぶん、自分が責任をそこまで追わなくていい位置に居るので、何も気負わずに発想できてる、つまり『枷がない』ってことだと思うんです。
これをメインの仕事にしてしまうと、たぶん枷をはめられて、思い通りに動かせなくなってしまう。

よく『仕事は好きでないとできない』なんて言いますが、この好きは『苦労に耐えられるという意味での好き』ってことだと思います。



好きな仕事に就いたのに、思うとおりできない。
そんな悩みって、わりとあると思います。
好きでもない仕事をやっている人より、さらに深刻な悩みだったりする場合もあります。

その関係性って、割り切るのは難しいのですが、その都度その都度、自分が一番やりやすい塩梅を見つけながらやっていくしかないんだと思うんです。

ニュース
インターネットラジオを全録音するソフトつくった - 方向(まなめはうす)
すごいはすごいんだけど、違う、そうじゃないという気も。
ネットラジオもそうですが、作品との出会いって一期一会で。
録音してそれを聴くのって、ちょっと違うような気がするんです。

ノムさん、巨人・原監督の采配に苦言「なんでキャッチャーを代えるの」 (ベースボールキング) - Yahoo!ニュース
この人やっぱり”野球の虫”なんだなと思います。

今季は中日・福田が台頭 遅咲きで活躍したスラッガーたち (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース
山ア武司、嶋、雄平とかロマンの塊じゃないですか…

あとがき
相も変わらず、いつもどおりやっていきます。
■2015年5月12日 Quartett!!!!
トゥッティ!私たちが心を奪う!!

今宵は『”感動”とはどういうことか』を読み解く更新です……たぶん。


雑記
アニメ感想 響け!ユーフォニアム #5
やばい。
これはガチの吹奏楽ものだ。


この「響け!ユーフォニアム」の特徴は、生ぬるくないということ。
スパルタなんですよね。
実際、吹奏楽ってそういうところがあって、かなりの熱血なんです。

京アニという川を被っていたせいで、ジャブを食らってるような感じになってる私たちですが、このアニメは数ある作品の中でもスパルタに当たると思います。
ハルチカシリーズ以上に厳しいかもしれません。
ふつう『倍音』なんて単語は出てきません。

KORGって私のベース用チューナーもそのメーカーだよとか、カルテットと聞いてlittlewitchの「Quartett!」を思い出したりとか。
”パーリィ会議”の響きとか、なごむ部分もあったりはしますが、基本はとにかく真面目な内容です。


印象的な場面で繰り出される「遠き山に日は落ちて(新世界より)」のトランペットソロはとても印象的でした。
サンライズフェスの高坂さんのペットもとてもよかった。

とにかく、金管がやりたくなってくるアニメです。


そして、この辺から感想から分析みたいになっちゃうのですが…

”演奏”を表現するのって、京アニめちゃくちゃ”うまい”です。
うまいってのは、絵がうまいとか、アニメーションが丁寧とか、そういうことじゃないんです。
『人に楽器をやりたいと思わせる』ってことなんです。

京アニって、昔からこの部分がすごいんですよ。
ハルヒでは、バンドの演奏を見せてその曲を聴きたくさせて、CD『涼宮ハルヒの詰合せ』が大ヒットしました。
けいおん!では、軽音楽を始める人がとにかく増えた。
そしてたぶん、このユーフォニアムでは、吹奏楽を始める人がめちゃくちゃ増えるんじゃないかと思います。

感動って、そういうことなんです。
作品に心を揺さぶられて、何らかの行動に出てしまう。
それが、”感動”なんです。

ニュース
【画像】笑顔で打線組んだwwwwww(舞軌内雑筆店)
エガオッテイイデスネ

俺、親鸞に共感しまくり。(まなめはうす)
仏教って”神が救います”って宗教じゃなくて、どちらかというと”修行で己を鍛えなさい”っていう感じの宗教だと思うんですよね。
そのあたりがほかの宗教とは一線を画しているのかなと。

あとがき
わりと前向きに、いろいろなものを取り込めてますね、今は。
この”前向き感”はなくさないでいきたいです。
■2015年5月13日 林檎ジュース症候群
むしょうにリンゴジュースが飲みたいです。

果汁がろくに入ってないことはわかってます。
飲んでみると人工甘味料の味でがっかりするのもわかってます。
そして飲んでも全然のどの渇きが癒えないどころか、甘ったるくてさらに喉が渇くこともわかりきっています。

それでもむしょうに飲みたくなることがあるんですよね。
りんごジュースは魔性の飲み物です。

雑記
暴走しているときこそ冷静さを
やや、暴走状態に入ってます。
やんごとなき事情というのもあるのですが、様々な物事をお手玉するかの様な勢いでピースを当てはめていっているような、そんな状況。
なかなかシビアで、暴走でもしていないとやっていけないような、そんな感もあります。

暴走しているときは、エネルギーが回り回って、とんでもないものを産み出す原動力になります。
それに任せてさえいれば、体力と精神力はめちゃくちゃ使いますが、それなりのものができあがることが保証されているようなものなのです、不思議ですけど。

でも、そこで一瞬でも冷静になって、理詰めでピースを埋めていくことって、とても大事なんですよね。
暴走状態から生み出されるものをさらにワンランク上に上げるのは、冷静さというスパイスなのです。


私もまだうまくできないので、修行中といったところでしょうか。
でもいつか、できるようになりたいものです。

ニュース
「地方は活性化するか否か」 ついに書籍化決定?! - K’s Station HATENA ver.
今年の1月頃に話題になった作品が書籍化、という記事ですね。
マンガ自体はリンク先からご参照ください(Komaさんにまる投げ)

この作品は、「そのとおり」と思うこともあるし、「それは恣意的に取り上げ過ぎだよ」と思うこともあって、評価が固まりません。
ただ、「行政に対する違和感をうまく取り上げて、鋭い視点で調理している」ことは確かです。


……同業の方は納得してくれると思うんですけど、「ピエロ」っていい得て妙ですよね。

あとがき
ちょっと前までは「タグ打ちのウェブサイトは特徴がなく淘汰される対象」だと思ってました。
ただ、今のSNSやブログなどの状況をみると、タグ打ちってまだ生き残れるなという感じがしています。

短期的によいものよりも、長期的に見て長らく安定しているものを大事にしたい。
■2015年5月14日 GHOST IN THE SHELL
職場で「攻殻機動隊」という単語が飛び交っていて、耳を疑いました。
ただ、よく考えるともう20年前の作品なんですよね。
その意味では、私なんかの世代は名前と大筋しか知りませんが、だいぶ歳が行った人が話しててもおかしくないわけです。
しかもあれは典型的な”体制側”を描いているので、たぶんうちの業種の人大好きだろうなあ。


まあ、それ以前にふつうは「攻殻機動隊」って単語を知りませんが……

雑記
素直に驚く
アニメ「冴えない彼女の育てかた」のBD特典では、各キャラクターによるが往年のギャルゲーの名曲のカバーソングが収録されるということで。

加藤ちゃんがリフチケことKOTOKOの「Leaf ticket」をやる、というのは耳にしていて、これはものすごく聞いてみたいなと思ったんですけども。

【冴えない彼女の育てかた】経過報告会のニコニコ生放送の情報まとめ | ヴァンガードギア
氷堂 美智留がグリーングリーンのオープニング「グリーングリーン」



ちょ



なんか、とんでもない企画です、これ。
その他の曲も「勇気の神様」「you」「Heart to Heart」と殺しにかかってますし。

ニュース
アメリカの「お役所仕事」のはなし - ktdiskのブログ(まなめはうす)
日本ってしんせつですね(棒)

普通預金はダメ? 唯一銀行で買っていい運用商品は? 就職先としては? ほか、低金利時代に「銀行」をどう考えるか  | 山崎元「ニュースの深層」 | 現代ビジネス [講談社](まなめはうす)
普通預金が「悪くない」なんて言われる時代が来るとは……

あとがき
「今がよければいい」という考えにはそこまで賛同できないのですけれど、「将来がどうなるかわからないから、やりたいことは前倒しでやっておく」という考えにはある程度賛同できます。
■2015年5月15日 ワラバ
”仕事は仕事で全力、趣味は趣味で全力”というのが私の信条で、”趣味に癒しを求める”みたいなことはあまりないのですが、ふと振り返ってみると、意図はしていないものの、趣味が心を和らげてる効果はあるのかもしれないなと思いました。
”ワーク・ライフ・バランス”とは簡単に言いますけど、『バランス取るのって何事でも一番難しいんだよ…』と嘆きたくもなりますけど。
まあいい塩梅でやっていきましょうか。

雑記
読書評 村上海賊の娘 - 和田竜
感想を一言で書くと……長い!

…いやいや、これで片づけるのはちょっと乱暴ですね。


村上海賊ってのは、瀬戸内を中心に活躍した中世の海賊です。
「村上水軍」という名前のほうが有名だと思います。
…まあここで別の「村上水軍」を思い浮かべる人もいるかもしれませんが、キニシナイ方向で。
海上最強と呼ばれた毛利水軍の一翼を担い、伝説にもなっています。


さて、本篇ですが、”村上海賊の娘”が大活躍する話か……と思ったら、全然そうじゃないんですよね。
メインは大阪本願寺を援護する毛利方と信長方の戦い。
このあたりの話って、歴史物でもあまりしっかり描写されていなかったような気がしてかえって新鮮だったのですが、海戦活劇が見れるのかなと期待していたので、ちょっと肩透かしを食らいました。
本願寺と信長の戦いを取り上げることは、もう少し強調してもよかったんじゃないかと思います。

あとは、これは作風にもよると思うのですが、史実に基づくフィクションの中に、『実際の史実の記録にはこう書かれている』という注釈が入るのが気になって、物語世界に沈んでいった気持ちがふと現実に戻ってしまうので、ちょっと駄目でしたね。



ただ、景姫こと村上景は好きでしたね。
摩耶様(艦これ)に重ね合わせながら読んでました。

ニュース
「景姫」/「岩稲荷」のイラスト [pixiv]
この感じ、摩耶様だよなあ…

レベル3なら避難指示=箱根山活動で関係機関協議 (時事通信) - Yahoo!ニュース
この前に、「影響はないから来てください」って呼びかけてるんですよね、箱根の観光業は。

確かに、危険エリアってのは限られています。
でもそれって、あくまで行政が定めたエリアであって、そのエリア外で何も起こりませんって保証されてるわけじゃないんですよね。
エリア外で何かあったとしても、行政が何か補償できるわけでもない。
天災って、そういうものなんですよ。

現状でも、実際に地震が群発してるわけですから、それは風評被害どころか”実際に起こってること”なんですよね。
はたして、天災が実際に起きたときに、「来てください」と言った人は責任が取れるのか、気になります。

行く行かないは個人の自由ですが、地震がある状態で行って、楽しい旅になるんでしょうか。
「落ちついてから来てください」というのが、長い目で見た対応じゃないかと思います。

あとがき
最近、長文が増えてきたなあ…
本当は短い文でパシッと言いたいんです、本当に。
■2015年5月16日 Everyday is special day
映画の関係で『海街diary』が話題になっていて、なんだか不思議な感じです。
どうしても”吉田秋生の作品”というイメージがあって、映画に結び付かないんですね。

海街diaryは過去に感想を書いてますが、1話がとにかくよくて、それ以降は趣向と合わなくて結局買ってなかったりします。
でもあの1話はとにかく良かったですね。
映画というか「ドラマ向き」な気がしています。

雑記
パンチライン #6
色々突っ込みどころはありますが、やっぱり楽しいですね、このアニメ。
少し昔の、古き良きというか、ただ何も考えずにアニメを見ていられたあの頃のアニメの感じがして。
SFはもう設定とか考証どころの話じゃありませんが、キャラの魅力だけで充分30分持つというような、そんなよいアニメです。

やはり俺の青春ラブコメは間違っている。続 #7
どうも2期に入ってのシリアス編は、合わないととことん合わない回があってちょっと辛いです。
”意識高い系”の描写はほぼ完璧で、ウザさもよく出せてると思うのですがそこは問題ではなく。
何と言うか、進みが遅くてテンポが悪いんですよね。
6話と7話とか、同じ内容をやっているような感じがしましたよ。
そして物語の”行間”もややスカスカに感じます。
『2期になって雪乃の登場シーンが少ない』という意見も見かけますけど、そのあたりも起因してるのかなと。

ただEDの『エブリデイワールド』はやみんソロはとてもよかったです。
やっぱりあの方ムードある歌うますぎですわ。

ニュース
東大で行われた「声優・種田梨沙トークショー」! 種田梨沙さんが演じたキャラのベスト8発表 → 3位:小路綾、2位:姫柊雪菜、1位は宮園かをり|やらおん!
ちょうど暇だったから行こうと思えば行けたのに…
それにしても、みんなこういう情報どこから拾ってくるんですかねえ…

ランク低いけどこの人の真骨頂は渡辺早季だと思う。

【驚愕】石川くじ、怒涛の14連勝 :日刊やきう速報
接戦ならDeNA!5連勝 大洋時代以来51年ぶり7カード連続勝ち越し (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース
何だこの横浜…

あとがき
『毎日が何かを選んでいく日々なら、それは何かを捨てていく日々である。』
こんなニュアンスの言葉を、昔見た覚えがあります。
何の作品だったかも忘れましたし、たぶん言い回しは元のものとは違うでしょう。
でも、これはもっともな話だなあと思います。
選択肢とかパラレルワールド的な意味でもそうですし、新しいものを取り入れていくということは、古いものを捨てているようなもの。
このあたりのことを考えるとき、人間は全能でないんだなあということを痛感します。
■2015年5月17日 Flood
大量生産、大量消費の時代。
常に身の回りにあるものは増えて、片っ端から捨てていっているような状況です。
ゴミとそうでないものの区別は人それぞれですが、そのものを捨てるときに意識して捨てるかそうでないかは、けっこう大事なことのような気がしています。

感謝の心を持って、とまでは言いませんが、過去に活躍したものならそれを思い出しながら捨てることって大事じゃないかなと思います。

雑記
グリザイアの楽園 #4
やはり見ごたえありますね。
学園編やサバイバル編もあってどれも甲乙つけがたいですが、戦場編にはまた別の魅力があります。
一つの作品の中で、いくつかの物語をやっているってのがグリザイアなんですよね。
戦場編はこれで終わりっぽいですが、中の人的にも大好きな話だったので、ちょっとさみしい所も。

Fate/staynight[Unlimited Blade Works]2期 #7
原作を忠実に行っているのはわかるのですが、もうちょっとリズムがほしいところ。
今回も、士郎とアーチャーの部分は回想的な部分で終わってしまったし、ランサーのほうは一つ動きがあっただけだし…
2期目に入ってちょっとだれてしまっている感があります。
原作を知ってるからこそなのかもしれませんが…

尺的にも、ちゃんと2クール持つ題材だと思うので、残念ですね。

プラスティック・メモリーズ #7
この作品って、過去の色々な名作をコングロマリッドさせている感があるんですけれども、今回を見て、ふと思い浮かんだこと。
『ああ、CLANNADか』と。
遊園地のベンチでのシーンとか、まんま渚なんですよね。
鍵っ子はこのアニメ好きだと思います。

なんでこの時期にこんな回をやるんだって意見もあるかもしれませんが、ほのぼのしててよかったです。

ニュース
「もみじと将棋」/「のりたまご」のイラスト [pixiv]
ガラ空きですねえ…(いろんな意味で)

「魂魄幽々子」/「のりたまご」のイラスト [pixiv]
ピンクの悪魔

「褐色妖夢」/「のりたまご」のイラスト [pixiv]
アリかナシでいえばアリ。

地方の営業マンさんはどうやって生活してるの?(まなめはうす)
家に籠もっていればどうということはない。

KADOKAWA・DWANGO、15年3月期は140億円の最終黒字…のれんの減損や希望退職者募集も負ののれんで相殺 ゲーム事業は「艦これ」寄与も10億円の赤字に | Social Game Info(まなめはうす)
暖簾が腕押されてる…

あとがき
多方面に展開してる所為かも知れませんが、やっぱり時間がほしいです。
一日40時間くらいあったら幸せです。
■2015年5月18日 こーゆー夢ならも一度逢いたい
長らくサイトやっていて、まして2010年以降は準”旅行サイト”と化しているにも関わらず、サイトをはじめてから石川・富山・静岡に行っていないことがわかりました…
しかも、今世紀に入ってから行ってない説が浮上して、頭を抱えております…
ちょっとショックでしたね…

以前の旅行を振り返ってみると、衝撃を受けることばかりで。
北海道ってもう3年前なの!とか、(でっかいどうサイハテ周遊記,2012年です)
宮崎って去年じゃなかったっけ?とか、(真夏の日豊本線を行く〜東九州旅行記〜,2年前です)
あれだけ行ってた京都にもう2年行ってないの?とか、(最後は彼の巡礼の旅で2年前)

なんだか、自分の記憶ってあてにならないですね…

雑記
アニメ感想 響け!ユーフォニアム #6
ドはまりしてます。
作品のテーマから、キャラクター設定から、音楽の描写から、本当に楽しめる作品です。

低音は”ドMの変態”という共通認識が吹奏楽にもあったってのはちょっと驚きでしたが、なるほどとも思ったり。

そして、きらきら星のセッションはよかったですね。
実は私も、ベースでまともに弾いたのは「きらきら星(主旋律)」がはじめてでした。
なんか、基礎的な話ではありますが、ああいう体験って、いいですね。


あと、余談ですが、久美子はんがあらゆるところで艶っぽいです…

ニュース
サッカー選手+「神の視点」=最弱? プロサッカー選手にVRグラスをつけてみた試合がグダグダすぎる - ねとらぼ(変人窟 (HJK))
サッカーはこのグラスを付けて全試合やったらなんか面白い気がする。

大阪都構想の住民投票、1万741票差で反対多数 (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース
<大阪都構想>橋下市長、敗北の弁…住民投票で否決 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース
なんか大阪のほうでは盛り上がってたらしいですけど、正直な話、関東に住んでるとそれどころじゃないってのが正直なところですかねえ。
まあこのあたりはよく考えるべきことではあるのですが。

レンジャーズ藤川に戦力外通告 大リーグ (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース
やっぱりアメリカに水が合わなかったってのはあるのかなと思います。

あとがき
かつて気に入ったジャンルでも、他のものに意識が行ったり、忙しくなったりして、負えなくなってしまうものって、多いですよね。
長らく離れていて、ふと思い立ってみてみたりすると、まだそのジャンルが続いていたりして。
少し熱気は冷めていたりもしますが、まだ活動している人もいたり。


たとえ細くても、長く在ることって、とても大事だなと思います。
■2015年5月19日 おはようおはよう
このサイトも来年3月で10周年ということで、何か企画でもやりたいなあと。
寸前になって考えると結局何もできないので、このくらいの時期から考えても決して遅くないんじゃないかなと思います。

というわけでコメントフォームとWeb拍手で、
「こんなことをしてほしい」とか
「こんなのやってみたらどう」というご意見を募集してみます。

何か面白そうなものがあれば、検討してみたいと思います。

雑記
個人サイトはこの先生き残るか → 生きる!
ネット上においては、何度も何度も、数多くの論客によってその存在が殺されかけた”個人サイト”。
何度『時代遅れで、衰退する結末になる』と言われたことか。
ただ、それってあながち的外れでもなく、そういう傾向はあると、当事者も思ってました。

最近は”ブログ論”や”ネットビジネス論”的なものはわりと見かけますが、個人サイト論ってほとんど見なくなりました。
はたして、個人サイトって衰退したのでしょうか。
否、そんな批評はなんのその、数年前と変わらずそこにあるってのが、実際のところかなと思います。


個人サイト、それも有料のサービスが流行したのは、2003年とか2004年とかだったと記憶しています。
それからブログが出てきて、動画サイトが出てきて、SNSが出てきて。
個人サイトは、どんどん新たな勢力に押しやられていった気がします。
普通なら、ここでその流行って終わってたと思うんです。

でも、個人サイトってこの先ずっと残ると思うんです。
理由は3つ。


1.企業や団体がわんさか”ホームページ”を作ったから

そうなんです、今ネットは多くのサイトと個別ドメインであふれています。
それは個人が作るサイトではありません、企業や団体が作るサイトなんです。
でも、これって、個人サイトと違うようでいて、フォーマットとしては大して違わないんですよね。
今の企業ページは視覚的な演出は多用するものの、ネット炎上などのリスクも勘案してあまりCGIを置きません。
大体、今ご覧のこのサイトと似たような感じのサイトになるんです、ちょっと信じられないかもしれませんけど。

そして、それは個人が作ったときと大きな違いがあります。
”一人の一存ではなかなか消すことができない”ということ。
つまり、良くも悪くも、個人サイト的なページは当分の間、ネットに残るのです。
なら、企業サイトに似た構成の個人ページがその中にあっても、何ら不思議はありません。


2.公開の可否を個人が能動的にコントロールできる

ブログやSNSなど他のサービスとの違いは、”公開の可否を個人がコントロールできる可能性が高い”こと。
ブログサービスやSNSサービスはある種の”流行もの”なので、いきなりサービスがなくなる恐れがあります。
もちろん、個人サイトが置かれているサーバもなくなる恐れはありますが、決して一過性のサービスではないことから、他のサービスよりは永続性がある傾向にはあると思われます。


3.長年そこに「居る」ということ

個人サイトは、人生で振りかかるいくつかの山を越えれば、半永久的にそこに存在することができます。
それって、ものすごく強みだと思うんです。

何年の何月に、確かにこのサイトはあった。
何年の何月にも、このサイトはあった。
そしていま、このサイトはあり続けている。

この、信頼とも言い換えられるような、ある種の”根拠”。
SNSなど、ある種自らを偽ることができるものや、でっちあげることができるものばかりが蔓延する今の世の中、一つの”安心感”にはなるんじゃないかと思います。

例えば私は、そもそもあまり信頼が置けるような、大した人間じゃないです。
でも、ここでサイトを数年やってきてるってのは、決して今の瞬間出来上がったものじゃない、少なくとも誰かは見てきた”事実”なんですよね。

世論を誘導するためにサイトをやっているわけでも、何かの利益を得るためにサイトをやっているわけでもない。
ただ書きたいことを書くというスタンスでやっています。

この感じって、個人サイトならではじゃないかなと思います。




周りの個人サイトが立てつづけになくなっていく時期があったりして、『どうなるんだろう…』と不安になったこともあります。
でも、個人サイトを活発にやってる人って、みんな元気なんですよね。
『たぶんこの人は、10年後も同じように更新してるだろうな…』というサイトばかりなんです。

今後、いろいろな技術やサービスが生まれて、消えていくんだと思います。
でもその中で、個人サイトは、少しずつ変容はするかもしれませんが、意外としぶとく残るんじゃないか、というのが私の見解です。




時間があれば、コラムでじっくり書いてみたい内容でした。

ニュース
虎先発で獲得検討!レ軍戦力外・球児が胸中激白「国内球団か引退」 (サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース
先発……?

嫌なら出ていくしかない、この国から。 : ひろゆき@オープンSNS(まなめはうす)
これを見ると、74歳までは投票率が年齢に比例して上がって行ってるのがわかりますね。
一度も下の年代を下回らずに70〜74の世代まで行ってます。
大阪都構想については「若者が支持してる」みたいな報道もありましたけど、29歳未満を見ても、投票率は約30%台での”支持してる”だったわけです。
これではあまり大きなうねりにはなりませんし、今回の結果は、世論をわりとそのまま映してる結果だなあと思います。

これが行政について考える一つのきっかけになってくれればいいなと思います。
たぶん、『大阪都構想で色々調べたことがきっかけで公務員になりました』って人、必ず何人か出てくると思います。

アニメ声優、悠木碧の闇wwwwwwwwwwww(まなめはうす)
175 風吹けば名無し@\(^o^)/ :2015/05/18(月) 14:43:02.17 ID:nxS5EkBX0.net

>>2
まだ大学生やろ?
老けるのはやすぎぃ!

187 風吹けば名無し@\(^o^)/ :2015/05/18(月) 14:45:20.91 ID:3oDM48Jla.net

>>175
筒香世代やぞ
なんだよこの突っ込み…

あとがき
更新をしている時間帯に最も優先される欲って”執筆欲”だったりします。
筆が突っ走ると戻れなくなることがあるんですよね…
困ったものです。
■2015年5月20日 放熱フィン
困ったときに頭に血がのぼって考えられなくなるって傾向が、昔からありました。
ずっと治らずここまで来たような感じでしたが、最近はその前に冷静に考えて「あ、大したことないじゃん」と思えるようになりました。
成長、だといいんですけどね。
この感じが常に出せるように、努めたいものです。

雑記
年の功
数年前に年上の人から聞いた話が、今になってわかってくる、という現象。
わりとあったりします。
これって、人生経験の差から来るものなんだろうなと思っていたのですが、最近、そうでもないような気がしてきて。



たぶん、本当に”年の功”なんだと思うんです。
”一般に言う経験”とかって、その人の人生をある視点から切り取ったものだと思うんですよね。
人はそれぞれ、生きてきただけ、何かを経験してるはずなんです。
それは、生きてる年数が同じなら内容に差はなくて、経験している内訳が違うだけ。
そういうことなんじゃないかと思うんです。


年長者には学ぶべきことがある。
これって一つ、大事なキーワードなんじゃないでしょうか。

ニュース
勇者と村人の関係(まなめはうす)
これは言い得て妙かもしれない。

オリ 駿太 振り逃げで三塁まで進む珍事 工藤監督は猛抗議 (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース
駿太よくやった!
群馬県人には篤い儚雪の空でございます。

あとがき
SIerを「システムインテグレータ」って読むことを今日知りました。
そういう言語があるんだと思ってましたよ…

番組提供の影響で『システムインテグレータのオービック』だけ覚えてます。
©2006- kazahana all rights reserved.