Diary 過去ログ(2015年4月21日〜2015年4月30日)
| 21日 22日 23日 24日 25日 26日 27日 28日 29日 30日 | << | 過去ログ | >> | TOP |
■2015年4月21日 或るターニングポイントで
巡回して色々面白い記事があった…はずなのに。
終わってみると、記事が2つくらいしか残ってなかったりします。
色々考える所もあって、掲載から切り捨ててる部分もあるのですが、なかなか難しいですね。
「泰山鳴動して鼠一匹」とはこのことです。

雑記
アニメ感想 グリザイアの迷宮
素晴らしい50分映画でした。

UGこと風見雄二の過去編。
乱暴に言ってしまえば『フルメタ、クロチャン、車輪の国、Fate/zeroとかあのあたりの作品の合わせ技』という感じです。
原作未プレイなので、どのくらい圧縮されているのかは、わからないのですけれども。
うまいこと50分くらいにまとめたな、というのが率直な感想です。
よく出来た映画を見ているかのようでした。

この類の話って、ブームになっていた時代があって、やり尽くされているはするんですけれども。
それでも、しっかり構成すると、まだまだ戦えますね。



なお最後のミニコーナーは事故

ニュース
平野レミさん『きょうの料理』に登場 期待を裏切らない暴走で後藤アナも困惑 - Togetterまとめ
伝説のキャベツ回ってこのことだったのか…

いったい誰が?何の目的で?謎に包まれたシベリアの孤島にある1300年前の遺跡「ポル=バジン」 : カラパイア
今日の浪漫枠。

あとがき
冷静に冷静に、とは最近よく言っていますが……
波に乗ったときは感情の赴くまま進んでもいいんですよね。

なんと便利な解釈…!
■2015年4月22日 やる気ベクトル
自分の評価って、よくわからないものです。
昔から、なーんも変わってないような気もするんですけどね。

そりゃ、社会に出てから色々なことを知り、最低限の方法論のようなものを学んで実行できるようにはなりました。
ただ、それは本当に小手先の話で。
結局、何をやるにも、やる気の部分が大きいような気がしています。

前はとにかく内に籠もってて後ろ向きだったのが、はっちゃけて前向きになった。
たぶん、その差なんだろうなと思います。
なので、旧友に会うたびに「変わってない」と口をそろえて言われるのですが、そのとおりでたいして変わってないんでしょうね、私という人間は。
モチベーションが少し上向いた、それだけの変化なんだろうなと思います。

雑記
アニメ感想 旦那が何を言ってるかわからない件2スレ目 #3
なぜかボウリング回。
このアニメには珍しく、そこまで印象に残りませんでした……
とりあえずマヨタマは強い、と。

ニュース
JAXA 3年後めどに月面着陸目指す NHKニュース(まなめはうす)
これ、少なからず「宇宙兄弟」の影響ってある気がするんですよね。
毛利さんの宇宙飛行士ブーム以来、もうひと山宇宙への希望をふくらませてくれた作品だと思います。

紐神様ヘスティアちゃんを描いてる絵師の皆さんへ(まなめはうす)
蒼い紐イラストは、どちらかというとパロディのほうが面白かったです。
龍驤が主に犠牲になってましたが。

☆10th Anniversary The Grand Final Live “ARCH"終了☆|KOTOKOオフィシャルブログ「☆きらきらみっけた晴れ曜日☆」Powered by Ameba(まなめはうす)
予想以上にショートバージョン多いけど、Imaginary Affairをフルでやってるのはよくわかってる。
熱のこもったライブツアーでしたね。

あとがき
珍しくこの時期にバタバタしてる感があります。
■2015年4月23日 根音
”意識高い系”の問題点がふと浮かんできたので、とりあえず書いてみますが…
なんというか
『ちょっと勉強すればその分野のことがわかる、できる』
と思っているのが、ちょっとした認識の誤りなのかな、と思います。

なんだかんだ言っても、”餅は餅屋”。
その道のことは専門家に任せた方が圧倒的にいいわけです。
人に任せるのもある種の資質。
もしかすると、指示を出して人に委ねる立場になった時、このタイプの人はつらいのかもしれませんね。

雑記
タブレット
最近、タブレット端末のよさに気付きました。


はじめは
『あくまでもスマホやタブレット端末はガジェットで、そんなに持つ意味はない。
 家にしっかりしたパソコンがありさえすればいい』
と、そう思ってました。

色々あって、タブレットを手にした後も、使うときは使うけど、そうでないときは机の引き出しにしまっておくといった感じで、あまり活用できてませんでした。

しかし現在……
いつのまにかタブレットは生活になくてはならない存在になっていました。

そもそも、家の外でも、外出時や調べものをするとき以外はネットを使わない私。
どこで役に立っているかというと…
実は家の中だったりするんです。

本来の用途とは違うのかもしれませんが、モバイルノートやSurfaceみたいな端末として使ってます。
入力では段違いの差がありますが、軽くて持ち運びができて、画面が大きくて、手で楽に操作ができる。
これってものすごいメリットなんですよ。
今では、タブレットなしの生活が考えられなくなってしまいました。



そもそも、タブレットってどのくらい遡れるかというと、2000年代初頭に富士通が「Tablet PC」ってのを出してて、結局流行らなかったんですよね。
あの頃は”お絵かきするPCだ”と思っていたわけですが、まさか今みたいにタブレットPCが普及するなんて、思いもしませんでした。



スマホに比べて、淘汰されていく分野だろうなあと思います。
私が手を出す分野って、わりとニッチで通好みなところばかりなので、またそのパターンかなとも思います。
ただ、便利なものは淘汰せずに残してほしいです。

ニュース
ゆかり姫「エンゼルパイ派です」とツイート エンゼルパイ公式「五体投地でお礼したい」と浮かれぶりがヤバイ(舞軌内雑筆店)
かわいい

「UBWを見るセイバーさん」/「九十九」のイラスト [pixiv](変人窟 (HJK))
かわいい

あとがき
ここのところ、アクセスが少ないなあとは思っていて。
「みんな4月だから忙しいんだ…」と自分に嘘をついて納得させてます。
四月は君の嘘。
■2015年4月24日 アスワンロウダム
「無理がたたる」って言葉、ありますよね。
すごく的確な表現だなと思って。

自分が一日の間にできる以上のことをやるときって、熱量に突き動かされていることもあって、あまり疲れは感じないと思うんですよね。
ただ、その無理も重なってくると、ゾンビのように体が重くなってきて、最後にばったりといってしまう。
まさにたたるという表現がピッタリな感じがします。

そういう日があるのは、仕方ないと思います。
でも、できることなら、無理せず合理的にやりたいですね。

雑記
神は細部に宿る、の亜種?
感情は表現のどこかに必ず宿るものだなあと感じます。
普段慌てない人や、ポーカーフェイスを通している人でも、どこかの筋肉や声色に少しは変化があります。
冴え彼女の加藤ちゃんもそうでしたけど、よく見ればあるはずなんです。


嫌だなあと思うことはありますし、いろいろ人と会えば性分が合わない人ももちろんいると思います。
ただ、そのときに「嫌だなあ、面倒くさいなあ」と思っていたとすると、たぶん、それ、相手に伝わっています。


人の振りを見たら、それを批難するのではなく、我が振りを直すようにしたいです。

ニュース
20代で生命保険に入るのは、やめなさい | 投資する前に読むおカネの法則 | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト(まなめはうす)
ちゃんと自分で資産設計ができてれば、いらないですよね。
あまり知られていませんが、いちおうこの国の保障制度はけっこういいので。

彼女と一緒に桐島を見た感想【ネタバレ有り】(まなめはうす)
「桐島、部活やめるってよ」の話。
色々感じる人にとっては、きつい話だと思います。
似たようなテーマでは、無印(1期)の「やはり俺の青春ラブコメは間違っている」がありますね。

あとがき
事務仕事をやってますと、まあよく指を切るものです。
紙、ボール紙、段ボール。

血や怪我は苦手だったのに、明らかにここ数年で耐性ができてますね。
■2015年4月25日 特型小倉餡

吹雪です!(和菓子のほうの)

雑記
アニメ感想 やはり俺の青春ラブコメは間違っている。続 #4
なんだろうなあ、この違和感は。

1期と内容が大きく変わったわけではありません。
ただ、1期に比べて、ものすごく違和感がある。
幾つか理由は思い当たりますが、八幡があまり主体的に動いていないのがその一つかなと思います。
なんか、1期の制作とズレているというか、大事にしているところがちょっと変わっちゃったかなと。

あまり先が明るく見えない展開が続いてるというのもあるのかもしれませんが、ちょっとこの感じは1期の時みたいにベタ褒めとは言えない感じですね。

アニメ感想 パンチライン #3
この作品はこれでいいと思う。

”はまち”の感想と真逆で一貫性がない感想になってしまいますが。
ストーリーが見えないとか色々感想を見かけますが、この作品はこのわけわからなさでいいと思うんです。
キャラクターはかわいいし、何しろ見てて理由はわからないけどなんか楽しい。

もしシリアスにシフトして見づらくなるくらいなら、この路線はぜひ続けてほしいですね。

アニメ感想 響け!ユーフォニアム #2
これは本当の音楽アニメだ。

京都アニメーションということで、「けいおん!」のイメージがありますが、このユーフォは全然違う。
ちゃんとした吹奏楽ものをしっかりやってやろうというスタッフの意思が伝わってきます。
だって、中山七里の”岬洋介”シリーズとか初野晴の”ハルチカ”シリーズなどの”推理物ではあるものの音楽はしっかり描く推理物”が向こう側に透けて見えるほどのリアルさなんですもの。

この作品は、「京都アニメーション」という色んな意味でブランド力のある色眼鏡はかけずにしっかり見たいと思います。

ニュース
ウテナ、アイカツ!、うたプリなども 国立新美術館「ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム展」が完全に俺たちのための展覧会 - ねとらぼ(まなめはうす)
第3章 ネット社会が生み出したもの
「ほしのこえ」(アニメ)
「ひぐらしのなく頃に」(ゲーム)
第5章 キャラクターが生きる=「世界」
「初音ミク」(バ−チャル・シンガー)
第6章 交差する「日常」と「非日常」
「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。」(アニメ)
何この神がかり的展示
なんとか都合を付けて行きたいものです。

「ガラケー生産終了」報道にネットざわめく 「困る」「ひとつの時代が終わった」 (ねとらぼ) - Yahoo!ニュース
“ガラケー”復調 14年の出荷数、前年上回る スマホは2年連続減少 (ITmedia ニュース) - Yahoo!ニュース
なくなったら困りますね…

小室哲哉が「僕を終わらせた」と嫉妬した90年代の名曲とは?(まなめはうす)
なんか有名どころばかり出てきてる気もしますが、この5曲は納得のセレクトかなと。

あとがき
最近の休日の過ごし方として、午前中はフルパワーでこなすものの、午後になると疲れてぐったりしてしまうという傾向があります。
もう少しスタミナをつけたいです。
■2015年4月26日 気分爽快
好奇心旺盛なタイプとしては『何でも知識を取り込みたい』欲みたいなものがあって。
その欲が突っ走ってるときって、そこまでアウトプットをするわけじゃないのですが、能動的にインプットできてたりするのです。
そういった波は、自分の把握できない所で動いているものなので、まあ本能に従って、いろいろ吸収できればいいんだろうなと思います。

雑記
アニメ感想 Fate/stay night[Unlimited Blade Works]2期 #4
とことん凛がかわいかった回。
繋ぎ回でもありますが、同時に物語のターニングポイントの一つでもある大事な回なわけですが、そこでこれをやってしまうというのが、なかなかオツなもんですね。
末永く爆発していただきたいです。

アニメ感想 プラスティックメモリーズ #4
いい感じに話がまとまった、と思ったら『あんなにあからさまに伏線張るんだ…』と思ってた伏線がその回のうちに発動するという展開に。
しかもそれ来週に引っ張るのか…
このあたりを引っ張るのが流石5pb.絡まりだなと感じました。

キャラクターは、王道のスター・システムって感じですが、ちゃんと立ってるキャラ多いですよね。
このあたりは好感が持てます。

ニュース
【朗報】古木が阪神ゴメス広島田中の守備に苦言(舞軌内雑筆店)
というか古木解説の仕事あったんか…

実売17,980円のスティックPCがドスパラから登場、メタル筐体採用 - AKIBA PC Hotline!(変人窟 (HJK))
10年後くらいに新時代が到来するようなしないような。

あとがき
色々なニュースが飛び込んできて、いろいろ思うこともあるのですが、あまりにも量が多いのか、噛み砕けてないような気がしています。
うちはだいぶ前にニュースサイトではなくなりましたが、今も同じようにあらゆるニュースを追っていたら……と思うと、ちょっとこわいものがあります。

今のこのサイトのあり方も、モアベターなのか否なのか、よくわかってません。
そのあたりは、よく考えてもなかなか変えるのも面倒くさいと思ってそのまま来ている部分でもありますが、おそらく、どこかで真っ正面から”対決”しなければならないのかな、と思います。
■2015年4月27日 泣きたいときこそ笑ってごらん
今週はわりとバタバタしてて、スケジュールも綱渡りではあるんですけど、おかげさまで旅行には行けそうです。
よく頑張った、私。

雑記
アニメ感想 グリザイアの楽園 #1
この話、わりと好きです。
最近は少しなりを潜めていた、”2000年代のやや猟奇的な色に染まったゲームや作品”の雰囲気を出せている感じがして。
そもそも、その手の作品って当時は得意じゃなかったのですが、それが当時を象徴する流行でもあって。
『それすら懐かしい』という思いが、口を突いて出てきます。

今期のアニメ談
本当は、全部のアニメの1話を見たくらいの所で書こうと思ってたのですが、あれよあれよという間にこんなタイミングに。



多くのアニメが”大挙して押し寄せている”と言っても過言ではない2015春クールのアニメ。
私が見ている作品は
・やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続
・Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 2nd
・プラスティック・メモリーズ
・旦那が何を言っているかわからない件2スレ目
・パンチライン
・響け!ユーフォニアム
・グリザイアの迷宮→楽園
の7タイトルになります。


今のところの評価として、少なくともこの中にはずば抜けた覇権アニメはありません。
無難な、もしくは小粒な作品が並んでいる、という印象です。


今後の展開次第で覇権になりうるのが、「プラスティック・メモリーズ」
機械と人間との交流という点では正直超弩級にベタなのですが、それを真面目にやろうとしているのが垣間見えて好評価です。

もうひとつ、その候補になり得るのが「響け!ユーフォニアム」
コメディかと思いきや真面目に吹奏楽をやろうとしている様が感じ取れて悪くないです。
まだ3話まで見れてないので確信はできませんが。


ストーリーが見えてこないため評価は難しいものの、見ていて楽しいのが「パンチライン」
キャラクター立ちとテンポのよさは今期随一だと思います。


2期ものも多い今期。
だいぶ明暗が分かれているようにも思います。

個人的に、2期に入ってパワーダウンを感じてしまったのが「やはり俺の青春ラブコメはまちっている。続」
ストーリーがシリアスな部分に入って転換期を迎えているということもあるんだと思いますが、同じ話を見せるのでもテンポが悪くなっていて、欲しい描写がなかったりと、話の切り取り方にやや不満を感じる所も多く、制作会社が変わったのがモロに影響しているように感じます。
ものすごく好きな作品なんですけれども、正直な感想です。

いまだに水準は極めて高いものの、やや息切れした感があるのが「Fate/stay night [Unlimited Blade Works]」
展開として、主役組がなかなか能動的に立ち回れない状況にあるというのはもうやむを得ないことなのですが、バトルの展開がややパターン化されてきた感もあり、全体的にテンポが悪くなってしまっている感もあって、少し残念です。


反面、2期でも引き続き安定しているのが「グリザイアの迷宮」および「−楽園」
このシリーズは、むしろ2期になって質をあげてきている気がします。
「グリザイアの迷宮」は50分でよくまとめあげていて、評価できます。
画面を食い入りながら見ることが多くなりました。

「旦那が何を言っているかわからない件2スレ目」も、5分アニメの特性をいかして非常に楽しめる出来に。
独特な空気感は健在で、主演女性声優の精神を削ることには定評があります。


こんな感じですね。
今のところきるアニメはないものの、やはりやや小粒感はあります。
悪い作品が多いわけではないのですけれども、少しもどかしさを感じる作品は多いですね。

ニュース
忍者萌えキャラの名前募集 伊賀上野NINJAフェスタ実行委 −伊賀タウン情報 YOU(K’s Station HATENA ver.)
あざとい

Twitterアカウントは4つ持ち--本音が言えない女子高生が向かう先 - CNET Japan(まなめはうす)
情報社会が進んだ結果、でしょうね。
かつては、現実世界からの逃避先がネットでしたが、ネットが現実と不完全な形で融合してしまったため、現実もネットも巻き込んで非常に混沌とした状況になっているように思います。

なお、このあたりの世代の汲み取り方は、朝井リョウがうまいです。

あとがき
統一地方選挙が終わり、落選者を中心に”捲土重来”の文字をあちこちで見かけますが、この言葉を書いてる人って、もしかすると普段から難しいことを言っていて、それが住民に伝わっていないのかもしれないなと、ふと思いました。
■2015年4月28日 輪郭の無い未来へと
外に出ると、いかにも「もうゴールデンウイークです」という雰囲気の人がいて妬ましいです。
ぱるぱるぱる・・・

雑記
基本はまる
私は基本を押さえずに感性で突っ走る傾向があって、だいたい行き詰まることが多いのですが、
『本当に基本って大事だなあ』
と感じることもかなりあります。
それでも基本にあたれずに後悔することもやはり多いんですけれども。

基本というのは、やはり幼少の頃とか、物事を始めた頃に身につけるものだと思います。
ちょっと要領が良かったりすると、我慢が出来ずにその基本をすっ飛ばして、応用的なことばっかりやってたりしますが、実はそれがあと跡になると響いてくるのかもしれませんね。
何事も、やっぱり基本をしっかり叩き込んだ人のほうが、最後は強かったりするものです。


そして、大人になってからその”基本”を学ぼうとするのは、とても勇気がいることです。
まず、学ぶこと自体、頭が柔軟じゃないので難しいってこともあります。
さらに、『大人になってなんでこんな単純なことを学んでいるんだ』というある種の葛藤もあるかもしれません。

でも、本当に大事なことなんですよね。
そして、世の中基本さえ押さえてれば、なんとかなるものです。



流れに任せて応用から入ったり、いきなり実践を積んだりした人は、一度基本に当たってみてもいいかもしれません。
ビックリするようなことがあるかもしれませんよ。

ニュース
会社員生活20年の僕が新入社員教育セミナーを受けてみた。 - Everything you've ever Dreamed(まなめはうす)
これは少しおもしろい。

「煉獄」字面的に通常の地獄よりも激しそうな地獄をイメージしていたんだけどそうでもないらしい(舞軌内雑筆店)
かつて煉獄庭園って音楽サイトがあったような…

と思ったらまだあったよ!
無料音楽素材 煉獄庭園


なんかお世話になった気がします。

あとがき
あつすぎて「あつがき」って書きそうになりました。
■2015年4月29日 ほぼ完璧な絵
明日は更新できないので、なんだかんだいって今日が旅行前最後の更新になります。
旅行中の様子はHakanayuki Blogで。
※4/30更新はお休みです。
 ”風花、旅に出る。”は5/1からです。


雑記
金の卵
特に、何かあったわけでも、落ち込んでるわけでもないのですが、
『やり直せよ、未来を。』
のコピペを思い出しました。

          ∧_∧
    ∧_∧  (´<_`  ) 兄者は十年後にはきっと、せめて十年でいいからもどってやり直したいと
  煤i;´_ゝ`) /   ⌒i  思っているのだろう。   
   /   \     | |  今やり直せよ。未来を。
  /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |   十年後か、二十年後か、五十年後からもどってきたんだよ今。
__(__ニつ/  FMV  / .| .|____
    \/____/ (u ⊃
という、2ch全盛時代に流行した流石兄弟を題材にしたコピペです。



特に若者には、自分はここが駄目駄目だったからこうしたほうがいい、というアドバイスを、意識せずにしているようです。
それは、前世代のいいかげんおっさんと呼ばせる世代からの、面倒くさい話に取られているのかもしれません。
でも、やっぱり、同じ失敗はしてほしくない、というのがあるんですよね。
もう少し、人生を大事に生きてほしいというか。


今、最も大事なのは「若い人を大事にすること」だと思います。
今、それを『自信を持ってしています!』と声高に言える人が、どれくらいいるんだろうか…と考えてみると、ちょっと怖いところがあります。
どうしても、別の問題を先に考えてしまいがちですが、本当に大切なのって、そこじゃないかな、と思います。

ニュース
文化の持つ力は偉大だということに日本人は気づこう - ボンダイ(まなめはうす)
文化、強いですよね。
今は、”その文化を、誰でもわかるように伝える”ことが必要とされているのかもしれないなと思います。

「ガラケー」消える? ドコモ社長がコメント 「ずっと提供したい」が…… (ITmedia ニュース) - Yahoo!ニュース
お客様にとっての操作性やサービス性は維持しながら、折りたたみでテンキー操作の端末はずっと提供していこうと思っている
”キーボード世代”な私としては、やっぱりテンキーってほしい機能です。

あとがき
”GW初日に東北新幹線が4時間半停まる”ってっけっこうショックなニュースだったんですけれども…
もう二度とあってはならないことだと信じてますよ。
©2006- kazahana all rights reserved.