Diary 過去ログ(2015年2月1日〜2015年2月10日)
| 1日 2日 3日 4日 5日 6日 7日 8日 9日 10日 | << | 過去ログ | >> | TOP |
■2015年2月1日 Traumerei
2月ですね。
そんなに月日の流れを速いと感じないの個ごろですが、足音が一歩一歩近づいてくるような気がします。
ひた…ひた…ひた……

月が変わったことに気付くのは、気温の変化でも風景の変化でもなく、決まって「過去ログの新しいページを作る瞬間」だったりします。
アナログなんだかデジタル人間なんだか、わからなくなりますね……

雑記
好きか、完璧か
趣味ってのは、元々それが好きで、やりたいからやるものだと思います。
ただ、好きだからこそ上手くなりたいと思ったり、極めたいと思ったりするのは当然のことだとも思います。
少し難しい課題があって、それに対して挑戦して、できたとき嬉しい。
これは、趣味の醍醐味でもあると思います。

ただ、最近、ちょっと気になることがあります。
それは「何かを極めるというのは、完璧にコピー出来るということ」というような考え方。
特に、ネットで趣味を共有するようになって、その傾向は顕著になってきたかもしれません。
正しいと思われるものがお手本として存在し、それを目指すという構図ができているような気がするのです。


ただ、それって本当に楽しいのかなと。
別の解釈もあるんじゃないのかなと。
そう思うのです。


例えば、クラシックは楽譜が存在します。
しかし、指揮者やオーケストラによって、全然血が他味付けがなされます。
譜面どおりにやっていることでも、色が出せるんですよね。
正しさがどうとかはなくて、より良い音楽にするためにアレンジはできるのです。



私自身も、完ぺきを求めすぎているなあと思うことが多々あります。
少し、趣味の原点に立ち返って、どんな要素が楽しみだったのか、見つめ直してみたいと思います。

ニュース
翻弄され続けた日本政府=「ヨルダン頼み」に限界―邦人人質事件 (時事通信) - Yahoo!ニュース
途中からの政府とマスコミが言い続けた”ヨルダン頼み”には、論点がすり替えられてしまった感を抱きました。
政府にしても、もう少し冷静に対応してほしかったですねえ。

キラ☆キラとかいうエロゲ(My wish)
主題歌だけ聞いてるクチなんですが、まさかここまで間接的にでも影響受けるとは思ってませんでしたわ…(ベース片手に

あとがき
”もうダメと思った時が始まり”。
三重野瞳「がんばって」。
超魔神英雄伝ワタルってほとんど覚えてないんですけどね。

もうダメと思わなければどうということはない。
■2015年2月2日 Way to home
ミスで昨日(2/1)の日記が更新されていなかったようです。
失礼しました。

雑記
アニメ艦隊これくしょん #3
大きな話題を呼んだ3話。
ストーリーとしてはよく考えられていますし、それが悪いって話ではないんです。

ただ、一つ言えるのは、ゲームプレイヤーにとっては、トラウマなんですよね、この内容。
ほのぼのアニメとして見ていた層にとっては、とてもダメージが深いんじゃないかな、と思います。
私も、前情報なしに見ていたら、けっこう傷を負ったかなと。

主人公の成長物として見ていたので、これまでは安心して見られていましたが、こういう展開がありだって思うと、安心しては見ていられなくなってしまいますね。

クロスチャンネルという作品
むしょうにCROSS†CHANNELのBGMが聞きたくなって、聞いてました。

PCゲームにおいては、誰にも負けないくらいダントツで好きな作品はSNOWで、こレはこれまでも揺らいだことがありません。
しかし、日記でそれ以上に名前が出てくるゲームは、クロチャンのような気がします。


クロチャンって、大傑作である以前にとても不思議な作品で。
心が不安でいっぱいなときに、不思議と触れたくなるんですよ。
ただ、クロチャンってそれ自体が不安要素の塊のような作品ですから、そこに触れて安心できるってわけではありません。
棘に刺さって傷つく可能性もはらんでいます。

しかし、なぜクロチャンにすがるのか。

おそらく、そういった不安や、荒んだ心を肯定してくれるからなんだろうな、と思います。
それが間違っているとしても、「それは間違っている、直すべきだ」とは言いません。
「そういう生き方もあるよね、おかしくないよね」という、そういうスタンス。
ある見方ではとても冷たく、一方ではとてつもなく温かい。


常識とか、無難とか、そういった要素があふれる今日。
そもそも、PCゲームという異端な世界にいた私たちは、普通に迎合できなかったからそこにた、というところがありました。
それを否定せず、肯定した。

作品の解釈は人それぞれですが。
私にとっては、クロチャンってそういう作品だったなあ、と思います。

ニュース
中学の同窓会で好きだった女性と再会!俺「け、け、結婚してください」 嫁「はい」 同級生「エェエェエ(゚Д゚ノ)ノエェエェエ」 - 鬼嫁ちゃんねる(まなめはうす)
久しぶりにこんないい話聞きましたよ……

朗報 アニメで北の侍が発見される【画像あり】(舞軌内雑筆店)
種田見たかった…

2015年春アニメ一覧最新版(2.0版)公開!:萌えオタニュース速報(My wish)
はまち続、Fate[UBW]2nd、旦那2期、グリザイア、ユーフォ、プラメモあたりか……多いですねえ。

懐かしのエロゲを語るべ(My wish)
何もかも懐かしい…
144: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/11/06(木) 00:24:49.06 ID:ZwGLiEVQ0.net
こなたよりかなたまでとかもう全然聞かないな
この前特集したよ!

あとがき
何だかわかった?
globe「Can't stop fallin' in love」。
globe全盛期の名曲。
未だに思い出すことがありますね。
■2015年2月3日 アイシテ!
成長ってのは、本当の自分を知っていくことなのかもしれない。


雑記
読書評 凍りのくじら - 辻村深月
昨年末から今年にかけては、まさに辻村深月フィーバーですね。

辻村深月作品には、幾つかの魅力がありますが、その一つが「登場人物の完成度」だと思います。
作中に登場する人物は、あくまでフィクションのはずです。
下地になっている人がいるにせよ、文字だけで想起させるのは至難の技。
しかし、その性格から感情から内面から、実に緻密に描くんですよね、この作者は。
しかも、それはヒーローとかツンデレとかクールとか決まりきったステレオタイプじゃなく、ちゃんと実在し得る人間として描くのです。

あんまりそうは感じないかもしれませんが、作中では主人公の成長と、周りの人々との関係性の変化、正確には関係性の”受け取り”の変化が描かれます。
登場人物の描写があまりにもリアルすぎて、自分に被るところばかりが散見されて。
読んでいる最中は、針の筵状態でした。
常に自問自答しながら、自身と向き合っていたような気がします。
明らかに、人の内面にもぐっていって、本質やトラウマを引きずり出すのがうまい。
そしてそれを緻密に丁寧にやるもんですから、なかなか人の記憶に残ります。


終盤は、どうしても文句の一つや二つ言いたくなるところがあります。
ミステリーとしてアンフェアだったり、今までの前提があまりにも置き去りにされて物語のどんでん返しが起こってしまったり。
アイディアが思いつかなかったか、締め切りが原因だろうなとは思ったんですけど、やりようによっては、もっといい作品になったんじゃないかと思ってます。

マイナス面はありますが、それ以外の部分がとても高い域に達しているので、差し引きしても高評価です。
ただ、主人公や周りの人々の生き方が合わない人は、この作品はつらいかもしれませんね。

四月は君の嘘 #15
前半も後半も、とにかくつらい一幕。

前半の椿の揺れ動きをさらに丁寧に描写する場面は……きつかったですね。
先週とか、これまでもあそこまでメタクソにしておいて、さらに?という感じです。
ここまでむごくするなら、公生とくっつけてやれよ、と叫びたくもなります。

そして後半は……
こうなることは、予測してましたけどね。
ダブルでシリアスやられると、こっちもとことん辛くなっちゃうんですよ。

この物語が「あの花」に少なからず遠くないところに着地するってのは、わかってますけれども。
できれば、序盤から中盤に合った成長物語を、みたいです。
物語としてそうなったら意味がないのは、わかってますし、わがままですけれども。
最後は笑って終われる、そんな話を、私は求めたいです。

冴えない彼女の育てかた #3
加藤ちゃんマジ天使!

そう、これですよ、これ。
私が見たかったラブコメものは、これです。
みてて安心感がありますし、何しろ加藤ちゃんがかわいくてかわいくて仕方がない。
今期はあまりタイトル見てませんが、覇権取れてるんじゃないでしょうか。

ニュース
春 ―feel coming spring― (オータムリーフ管弦楽団) ‐ ニコニコ動画:GINZA
原曲は原田ひとみ「春 -feel coming spring-」。
そう、この曲「はるのあしおと」のOPなんですけど、なんと今は声優として活躍する原田ひとみが歌ってたんですよね。
驚きです。
最後の最後のサビがとてもいいです。

アニメは、愛と技術と〆切でできている『ハケンアニメ!』: わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる
この本は、辻村深月入門としても読みやすくていいですよ。
本書はまなめがすげえすげえと誉めちぎってたので、思わず手にした一冊。
わたしも「すげえすげえと誉めちぎっ」たら誰かに影響を与えられるような人になりたいです。

ビジネスホテルの朝食はなぜうまいのか
ビジネスホテルなら任せろー
…しかし普通に5時起きとか6時起きとかで行動するので、朝食が提供される時間にはすでに移動してたりします。

CNN.co.jp : 外国人旅行者も驚く、日本が世界に誇れる5つの美点 - (1/3)
良い記事。
読んでてほっこりしました。

あとがき
富田真帆「晴れのちハレ!」。
かみちゅ!の曲ですね。
底抜けに明るいので好きです。
■2015年2月4日 熱中症
やっぱり、手広く広げると、わからなくなる。
キャパシティ少ない人間だなあと思います。
色々繋がることも大事かもしれないですけど、一つ一つのつながりを密にしていくことも、とても大事だと思います。

雑記
アサーション
“アサーション”という考え方が大嫌いです。


一般的には「相手に配慮しつつ適切に主張する」という定義がなされています。
相手の意図も取り入れたうえで、自らの意見を言う。
軋轢を生まず、理想的な対話方法であると言えます。


一部の人にとっては。

これ、空気を読みすぎる今は、誰も何も言えなくなるんですよ。
相手が強気に出てきたときに、その意見を否定していないどころか一度は肯定的なところまで寄り添ってしまっているので、「そうですか」っていわざるをえないんですね。
ブレインストーミングと同じく、「声が大きい人の論理」で成り立っている手法なんです。
アサーションばっかりになると何が生まれるかというと、馴れ合いです。

人には、状況によっては勇気を出して「それは違う」と言わなきゃいけないときもあります。
例えばISISに対して、「その考えはわからんでもないけど私の考えはこうです」とは言えないし言うべきではないでしょう。

一番大事なのは、声をあげること。
問題にすること。
それを問題と認識することです。

議論なんてものは、本音と本音で殴りあうくらいじゃないと昇華できないんですよ。
うわべだけのテクニックは、いつか化けの皮が剥がれます。



というわけで、儚雪の空は本音推奨サイトです。

ニュース
「ラブライブ」主役声優休養へ 声帯結節で一部スケジュール変更 (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース
声優に限らず、芸能人は酷使酷使アンド酷使ですからね…

女子鉄アナ 928分遅れの寝台特急立ち往生に「夢のよう」 (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース
その928分の間に脳内鉄道旅をしていた人もいるんじゃないかと…

働いてる社会人きてくれや(My wish)
あんまり認めたくないですが、今のほうがいいかなと思います。

エロゲの主人公になりたい (My wish)
SNOWの彼方はうらやましい、本当に。

超進学校で学んだこと(まなめはうす)
進学校では、自分を勘違いしないことがとても大事です。

あとがき
キンモクセイの「メロディ」。
たぶん知っている人は、よっぽどのキンモクセイ好きだと思います。
有名じゃなくてもいいですよね、それがいい歌であれば。

■2015年2月5日 一寸の虫にも五分の魂
「選択肢をミスったなあ、失敗したかなあ…」と思うことでも、やりようによっては、それなりの成果を出せるもの。
まだタイムマシンは発明されていないのですから、今の時間から未来のことを全力でやっていけばいいんです。

雑記
妥協
だ【妥】…………おだやかに落ち着く。事がおさまる。
きょう【協】……調子を合わせる。
   〔goo辞書

「調子を合わせて、ことをおさめる」って感じですかね、妥協ってのは。


生きていく上で、妥協してきたことはたくさんあります。
その場を切り抜けるために、いろいろした結果が妥協だった、というのも、山ほどあります。

でも、やっぱり後悔するんですよね。
「ああ、やっぱりこうすればよかった…」と。


妥協しないで生きていくことは、難しいと思いますし、昨日までできなかったことが明日に突然できるようになることなんかないですから、この先も妥協していくんだろなと思います。
ただ、ふと思い出して選択肢が選べるときには、妥協しない方の選択肢を選んでいきたいです。

ニュース
君色シグナル 野球選手名で歌ってみた【冴えない彼女の育てかた OP】 ‐ ニコニコ動画:GINZA
なんかとんでもなくわけのわからないものが来てた記念(褒め言葉)
恋は渾沌の下柳キサヌキラリの人だったか……

JTが飲料事業から9月末で撤退、ブランド売却は検討(舞軌内雑筆店)
PRもしっかりできていた分野なので、意外といえば意外です。
舞軌内さんが挙げてる爽快ビタミンとか桃天とか、良い商品だと思うんですけどね。

成宮寛貴 : 「相棒」3月で卒業 「2年の約束」が3年に(舞軌内雑筆店)
今の組み合わせも3年目に入ってだいぶこなれてきて、今期はわりと安心してみていられたので、残念と言えば残念ですね。
ただ、相棒のサイクルとしては毎回こんな感じですので、予想はしてました。

何故、余っていたはずの会計士が足りないのか。(まなめはうす)
もはやサムライ家業とか言ってられないですからねえ。

あとがき
「とべとべおねいさん」。
クレヨンしんちゃんのテーマでしたね。
なぜか今日思い出したので。
■2015年2月6日 地平線の空に
どんなに完璧な人でも、ウィークポイントはあります。
別のベクトルから見ればボロボロのところもあるでしょう。

底抜けに明るい人も、底暗い要素を持ち合わせているもの。
大概の物事は、足してみるとプラスマイナスゼロになるのかもしれませんね。

雑記
Wasted Time
時間の使い方というのは、永遠のテーマです。

この前も、アニメの「冴えカノ」で、企画書を書こうとしてラノベなどに気を取られて時間を空費する、なんて話がありましたけど、本心から笑える人は少ないんじゃないでしょうか。
誰もが経験していることだと思います。


早く帰ってきた日と遅く帰ってきた日でも、同じルーチンをこなしていることがわりとあります。
多少の差は出ますが、よくよく考えてみると、時間が少ないほうがてきぱき動いて、より効率的に進めてる感じがします。
時間があるときにダラけてるわけじゃないんですが…
無意識に判断しているのでしょう。

もしかすると、やることが多いほうが捗るのかもしれませんね。

ニュース
「加賀嫁その1」/「綾杉つばき」の漫画 [pixiv](変人窟 (HJK))
「加賀嫁その2」/「綾杉つばき」の漫画 [pixiv](変人窟 (HJK))
「加賀嫁その3」/「綾杉つばき」の漫画 [pixiv](変人窟 (HJK))
「加賀嫁その4」/「綾杉つばき」のイラスト [pixiv](変人窟 (HJK))
「加賀嫁その5」/「綾杉つばき」の漫画 [pixiv](変人窟 (HJK))
「加賀嫁その6」/「綾杉つばき」のイラスト [pixiv](変人窟 (HJK))
「加賀嫁その7」/「綾杉つばき」の漫画 [pixiv](変人窟 (HJK))
加賀さんブームってだいぶ長いですよね。

昔のコミケってこんな感じだった?台湾最大の同人即売会FF25がカオス(舞軌内雑筆店)
これは確かに新鮮。

中畑監督、松井氏青ジャンパー「似合う」(舞軌内雑筆店)
現役復帰待ったなし!

「東京ミュウミュウ」も復刻するかも 「なかよし」60周年 名作総選挙が好評開催中 - ねとらぼ(変人窟 (HJK))
懐かしいなあ…

あとがき
東京ミュウミュウのED「恋はア・ラ・モード」。
あらどーも。
一時期のミュウミュウ人気ってすごかったですよね。
■2015年2月7日 たると
今は色々な情報が蔓延していて、調べようとすればおうちで指先一つで何でも調べられる時代ですが、かといってあんまり頼りすぎてもいけないんだなと思います。
自らを確立させ、柱を持つこと。
ブレない柱があれば、きっと周りなんか気にしなくても生き抜けるものです。

雑記
相棒13 #13,14
先週と今週の相棒は両方とも個人的に好きな回だったので詳しく感想書きます。
ここまで書きたいと思える回、ホント久しぶりですよ。


第13話「人生最良の日」
“人生最良の日”を求めた主婦と歌手の話。
今回の『ギャグ回』とも言えるコミカルな話で、終盤までそんな感じだったので、それで終わってしまえばただのギャグ回で終わったのですが…
ある人物の独白と、今回の展開が見事に最後の最後で噛み合って、ああ、この話いいわ、と思いました。
警察の視点から見たらとか、ミステリーとしてみたらとか考えちゃうと、駄目なんでしょうけど。
物語としては、いいです、すごく。

第14話「アザミ」
”双子の姉妹”、”洋館”、”ヴァイオリン”という、ここまでそろったらもう殺しに来てるだろという感じの要素を、見事に期待どおりやってくれた感があります。
双子ものとしては定番の話なので、そこは特筆すべきでもないのですが、Fateとかリトバスとかひぐらしとか思い出しちゃいましたよ…
あと名前的にシンフォギアとか。
雰囲気的に最初頭をよぎったのはTOPCATの「果てしなく青い、この空の下で...」でしたけどね…(未プレイ)

この話も大満足です。
あとカップの中身はややトラウマ。

ニュース
「次がラストチャンス」 金星探査機「あかつき」軌道投入に再挑戦 「必ず成功できる」 (1/2) - ITmedia ニュース(変人窟 (HJK))
ぜひ一人前のレディに(ry

世界のメールの暗号化はたった一人の男に依存しており、開発資金はゼロになってしまっているという衝撃の事実が判明 - GIGAZINE(まなめはうす)
こういうのは、スタンスや考え方もありますし、難しいですね。
シェアウェアにすればいいかというとそうでもないですし。
例えば、うちのサイトをやることに1日につき100円の報酬が付くとしたら、逆に私はサイトを畳むと思います。
難しいんですよね、このあたりの矜持というかバランスというか。

【画像集】まさに「デザインの死」日本の街中の過剰情報が狂気の域に達していた! - NAVER まとめ(まなめはうす)
迫りくる大正義テプラ軍。

あとがき
「ララ ララララ なんて歌歌いながら
 愉快 痛快 単純明快何はともあれいい感じ」
という歌詞の歌のタイトルが全然思い出せなかったんですが、『レレレの天才バカボン』のOP、Booing Sheynerの「笑う人」だったようです。
懐かしい…
■2015年2月8日 第2回GUNMAマンガ・アニメフェスタに視る幽かな光明(2015.2.8 in ベイシア文化ホール)
第2回GUNMAマンガ・アニメフェスタに視る幽かな光明(2015.2.8 in ベイシア文化ホール)
■2015年2月9日 Paranormal Phenomenon
趣味の総量って決まってるんじゃないかなと思います。

熱量ならぬ”熱中量”とでもいいましょうか。
そのキャパシティってあると思うんです。
ひとつのことに集中していれば、それ以外のことに傾倒できないというような。
すべての趣味がシステマチックに動いているわけではありませんから、その時その時で色々な波が影響しあって、その時の趣味の割合を作り上げていってるんじゃないかと思います。

個人的には、今は音楽…とりわけ楽器と、ちょっと同人関係が平均より上行ってるかなというところです。
読書も、100冊読んでた時の勢いはないものの、去年よりは読んでるかな、という感じ。

一方、去年の序盤にやっていた艦これや、さらに前、毎日一局指していた将棋は、今や跡形もありません。
もちろん、今でも趣味ではあるのですが、全然時間をとっていないんですね。



旅行も今”冬”の時期に当たる趣味かもしれません。
行きたいんですが、いろいろな兼ね合いで行きづらい周期に入ってきてしまっています。

旅行という名目で行ったことがない県は、あと8県。
現存十二天守は、丸岡城と高知城を残すのみ。
このあたりは、早めに行っておきたいなと思います。
出来れば今年、このうちのいくつかは行けるように。

雑記
四月は君の嘘 #16
この前の相棒もそうでしたが、逃避行ものってやっぱり生えるんですよね…
今回の内容なんか、まんま半分の月を想起させて、どうしろというんだ…という感じでした。

これ、どう帰結するんでしょうね。
ちはやふるみたいに、何も状況変わらないまま終わりそうではあるのですが。

冴えない彼女の育てかた #4
本格始動という感じで、加藤ちゃんの出番が少なかったのが残念です。
それにしても、登場人物の名前にプロ野球っぽいのが多いなあ…

ニュース
羅生門←大人でも覚えてる 山月記←オチ忘れる(My wish)
茶碗の中の続きを書こう(10点)

将棋の駒を擬人化したアニメとか流行らないかな?(My wish)
既にコミティアでありそう。

車輪の国、向日葵の少女ってエロゲをアニメ化できると思う? (My wish)
スレで示唆されているような感じで、映像作品だからこそできる演出もありそうですよね。
なお制作はMKストレングスカンパニーで。

9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/05(木) 11:25:11.60 ID:rfi6rSzkM.net
すぐ死ぬ女どうすんの?
くらたまさん…

なぜ私が就活でたった一社しか内定をもらえなかったのか?ちょっと考えてみたところ、こんな結論に行き着いた。 - 田舎と海外であれこれ。元ダメ大学生の起業家のブログ(まなめはうす)
こうしなきゃ内定がもらえないとは言いませんが、「2010卒やる夫たちの就職活動」もこんな感じだったので、ちょっとわかります。

東京五輪:ビッグサイトで競技せず 代替会場を選定へ - 毎日新聞(まなめはうす)
国際オリンピック委員会(IOC)に巨額の放映権料を拠出する海外のテレビ局が昨年、現地視察した際にスペースの狭さを指摘。
落選だったのかな……

日本3大「お前何屋さんだよ!」てツッコみたくなる企業 : 暇人\(^o^)/速報 - ライブドアブログ(まなめはうす)
これはじつにいい企業スレ。
206: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/02/05(木) 23:03:51.76 ID:hvX7VZoN0.net
アルゴリズム平和食堂 → 実際は家電用モーター開発企業
和菓子のたいへい    → 全国に32店舗展開するラーメン店
ワカマツフルーツ    → パルス用音声カプラーで世界シェア56%
中曽根工務店(株)   → 造船会社
大手もすごいけど、このあたりの企業見るとさらにすごいって思います。

あとがき
今日はGLAY「とまどい」を。
このあたりの年代の曲になると、古き良きって感じがします。
■2015年2月10日 コングロマリット
自分の子どもの話をするときって、人は「大変だよー」と子育ての大変さを話しますが、本当に大変なことなら、参ったなという感じでは喋りたがらないものですよね。
大変なことやうまくいかないことがありながらも、それが嬉しいことでもある。
これが子育ての醍醐味なんだろうなあと思います。

私がそういったところに憧れをもつのは、その複雑な感情がやっぱり羨ましいんでしょうね。
そのあたりは、じつはSNOWがPCゲームでありながらめちゃくちゃ巧みに書いてます。
そもそも、一匹狼でいいと思っていたのが家族に憧れを抱きだしたのがちょうどあのあたりですからね…

雑記
オーガナイザ
仕事ではなく、プライベートでもないところでの話です。

とある活動に参加していた時に、活動のベクトルに違和感を感じることがありまして。
何だろうなあと思いながらその時は何も行動せずに、その活動を継続していました。
あるとき、明らかに「これはおかしいだろ」と思うことがあり、中心になっている人に意見をぶつけたんですよね。
おかしいんじゃないのかと。
主旨とやっていることがずれているんじゃないかと。

この返事が来るまでにもおかしなことがいくつかあったのですが、この時いただいた回答が、こんな感じでした。

「私(風花)の意見には一部正しいところもある。
 しかし、正論を正論たらしめるのは人と人との信頼関係だ。
 信頼関係が成り立ってっていればその意見は生産的だし、成り立っていなければ非生産的だ。」


まあ、わからん話ではないのです。
正論を言っても説得力がない、そういうことはままあります。
しかし、果たして意見を言ったり指摘したりアドバイスしたりすることは、必ずしも信頼関係が必要なのか、と思ったんですよね。
どちらかというと、意見を受け入れる側がそういった意見に耳を貸すか、貸さないかだと思うのです。


そんなやりとりを、1年くらい前にしていました。
そしてちょうど、そのことを振り返る機会があって、考え直してみたのですが、やはり当時の自分の意見って、冷静になった今でも、間違ってなかったと思うんですよね。
やっぱり、そこで行われていることは変だったし、今も違和感を持ち続けています。


生きていれば、批判を受けることもあります。
それは見ず知らずの人からの批判の場合もままあります。
そこでハッと気づいて考えられるかどうか、それが人としても、組織や団体としても成長するチャンスだと思います。
そもそも、100%正しいなんてことはないんですから、日々精進していくということ。
これが大事なのです。

ニュース
ふなっしーとの共演で活躍中の横町藍さんによるご当地愛の活動とは? - GIGAZINE
ちょっと知らなかった話だったので。
頑張ってほしいですね。

広島・グスマン、ついにしゃべった!「どこの国でも野球は一緒」 (サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース
別の記事で「箸が使えるようになったから適応力がいい」と書かれていましたが…
グスマンという名前なので少し期待しています。

あとがき
BUMP OF CHICKEN「ガラスのブルース」。
”いつでもFULLPOWERで”という歌詞の読みは、強引ですけど好きでしたね。
(FULLPOWERは「ぜんりょく」と歌う)
©2006- kazahana all rights reserved.