Diary 過去ログ(2014年5月21日〜2014年5月31日)
| 21日 22日 23日 24日 25日 26日 27日 28日 29日 30日 31日 | << | 過去ログ | >> | TOP |
■2014年5月21日 ギャップ
色々ジェネレーションギャップを感じることが増えてきました。
今、趣味に「漫画」「アニメ」って書いても全然普通なんですね…
私の代では、それをやったら総スカンみたいなところもありましたから、時代は変わったなと思います。

雑記
まじめすぎずに
いつも通り私事なんですが、最近、話が真面目な方に片寄りすぎてるなって気がします。
今クール、アニメをひとつも見てないのがモロに響いてる気がするんですよ。
新聞もあまり読めて無かったり、なかなかインプットが増えていきません。
話の引き出しがあんまり増えてないなって感じがします。

やりたいようにやってるとは思うんですが、もう少し肩の力を抜いていいのかもしれませんね。
いろんな発見は、えてして遊びから生まれることが少なくないですから。

少し、余裕が出てきたら、遊び心を加えてみましょうか。
なんか一つ、ホビーを増やしてもいいかもしれない。
あんまり固く考えず、単発でもいいから遊んでみよう。

ニュース
上がり症って治るの?(My wish)
タイプにも依りますので一概に言えませんが、私の場合は、予習と準備でだいぶ緩和されることが分かったので、それを心掛けてます。

あとがき
好きなことをやってるときほど頭が回ると思います。
それが仕事に生きるってのは、理想かもしれません。
■2014年5月22日 のらりくらり投法
一時期、「趣味:人間観察」なんてのが流行りましたね。
趣味というべきかどうかわかりませんが、私もそんなところはあって、周りを見たりするところはあります。
ただ、難しいのは、自分のことはからっきし見えないってことなんですよね。
こればっかりはどうしようもないですが、客観的に見れる子になりたいと思います。

雑記
手書き
最近、メールでもなんでも、”考えるより早く打ってる人”をよく見かけます。
フリッカー入力とか予測変換とかを駆使してアッという間に文章が出来上がっているのですが、それって自分の意思じゃなく変換ソフトの意思なんじゃないの?と思ってしまうこともあるんです。

こんなバリバリ電子のサイトをやってるのが言うのもなんですけど、やっぱり手書きの温かみってあると思うんですよ。
特に日本には、手で書くなどの労をありがたいなあと思う、とても貴い文化があると感じます。

これだけ情報化した時代だからこそ、そういったものが大切になってくるんじゃないかと思います。


そこに本物がある、ということに拘っていきたいです。

ニュース
「『惨劇の巨人』? 面白いよねえ!」千葉ロッテマリーンズの交流戦ポスターがあおっていくスタイル(舞軌内雑筆店)
最近のプロ野球は小馬鹿にするスタイルが人気なの?

今、報道番組にやって欲しいこと。 - カストリ雑記(まなめはうす)
なんというか、こういうニュースってどうしてもそれぞれの主観が入ってくるので、コメントするのも怖い部分が正直あるんですけれども、人に関わらず、ボーダーを跨いでいるなら、扱いは一律にしてほしいなと思います。

なんか泣きたくなってくる青春18きっぷのポスター貼ってく :  ワラノート(まなめはうす)
下灘駅行ったなあ…
>>54とか心に重くズシリと来ますよ。

あとがき
誰がなんと言おうと、東奔西走の字のごとく走り回るのが私の持ち味です。
ここは譲れません。
(Cv:藤田咲)
■2014年5月23日 はるすぎて
帰ってきて、一息ついて、ホッとする。
そんな場所がパソコンの前の私です。
色々ご意見はありましょうが、別にそれでもいいじゃない。

雑記
Stage of the ground
まさか、こんなフィールドで、こんな術で戦ってるとは思わなかった。


小学校や中学校では、得意・不得意にかかわらずまんべんなく何でもやらなければいけませんでした。
高校になって、少しずつ苦手なものを捨ててもなんとかなるようになり、大学では好きなこと・興味があることだけをやればなんとかなる部分も多かったと思います。
年をどんどん重ねていったら、得意なことだけやってればよくなるんじゃないか。
そう思っていました。

でも、巡り合わせってのは不思議なもんで。
どんどん、苦手なもの苦手なものというふうに流れてきているような気がします。

そんな苦手、苦手を繰り返して、今は昔では考えられなかったフィールドに立っています。
好みのフィールドではありますが、決して得意ではありません。
オーソドックスなやり方もできません。

だから、私が出来ることをとにかく突き詰めることにしています。
できないものはできない。
自分が出来ることを全力でやる。
今は、それしか考えていません。


本当は、オーソドックスとかスタンダードというものはないのです。
総合的にあるように見えるだけで、それぞれがそれぞれのやり方で、歩みを進めているのです。
オリジナルでいい。
やり方はオリジナルでいいんです。

ニュース
8月初の祝日誕生へ 「山の日」法案が衆院通過 今国会成立へ(舞軌内雑筆店)
8月15日固定とかじゃ駄目だったのか…

“47分の1”から全力疾走!“KOTOKO 10th Anniversary Live Tour "47 ARCH"〜駆け回り食べまくり!NEO〜”東京公演レポート!!|リスアニ!WEB
楽しみすぎます。

観光案内 > 記念館・資料館 ・・・ 周防大島ドットコム(変人窟 (HJK))
山口が壊れた。

あとがき
今週はKOTOKOを聞き倒す週末にしましょうかね……
■2014年5月24日 春望
今日はひたすら眠かったです。

雑記
勝手にKOTOKO祭り 1
KOTOKOの47都道府県踏破ツアーが始まったということで、KOTOKO曲を振り返る特集です。
基本的にKOTOKOは全部名曲なので、全部取り上げるわけると収拾がつきません……
とりわけ好きな曲をピックアップしていきたいと思います。
Close to me...
廻り続ける二人 光の中 握った手をもう二度と離さないで

歌詞もいいんですが、この曲はとにかく入りのメロディからして心を締め付けられます。
KOTOKOメドレーを聴くときに欠かせない曲。
Face of Fact
輝く涙を集めて 時間の海を渡ろう

KOTOKOの曲っていうと、この曲がオーソドックスに当たるのかな、と思います。
Imaginary Affair
ここから見える明日を追いかけていたい

F&C「こなたよりかなたまで」テーマ。
KOTOKOの中で最も好きな曲の一つです。
『降り止まない雨などここにはないから』の部分で毎回泣きそうになります。
inside of a wilderness
響き渡るメロディ 胸に届いているから

重厚なI'veサウンド。
Leaf ticket
公園通り発幸福行きの小さなチケットあげるよ

戯画「パルフェ」主題歌。
流れるようなサビが好きです。
Prime
ほら涙は青空に捨てて行こう

ユニット”KOTOKO TO AKI”の曲というのが正しいかもしれないですね。
この曲は本当に好きで、この日記でも何度か取り上げてると思います。
とにかく聞くと元気が出ます。
Re-sublimity
声だけ…指だけ…近づく温度だけ 届かぬ思いが 千切られて夜風を染める

KOTOKOメジャーデビュー頃の曲だったような気がします。
サビの疾走感がいいですね。
Second fright
たとえ虹が壊れても 空は待っている

正確には”KOTOKO TO 佐藤裕美”ユニットの曲。
けっこうダウナーな曲ではあるのですが、印象に残ってます。
Sledgehammer Romance
取り戻せ玉座を(かけがえない) 愛しき王子よ

「プリンセス-」シリーズその1。
日ハム→横浜のスレッジはこれを入場曲にしてほしかった。
Sweet Songs ever with you
旅立ちに 願いを込め 祈り思い歌い 行くから

KOTOKOっぽくないもしますが、しっとりしてていいですね。
最近好きになってきました。
Time heal all sorrows
傷つけあう日々に こだまする 悲しい声

詞がかなり重く、全体的に悲しい曲なんですが、それがなんだかいいんですよね。
この曲も最近好きになってきました。
Unsymmetry
いつかまた会えたら さよならは言わない

林組「ギリギリLOVE」主題曲。
KOTOKOで最も好きな曲のうちの一つに数えられます。
やや悲しい曲調と詞がむちゃくちゃ噛み合っててせつない曲に仕上がってます。
これで、持ってる中では半分くらいを抽出したような感じです。
やっぱりどうしてもインディーズ時代のほうが印象に残ってる曲多いですね。

ニュース
「東福寺駅ランドスケープ」/「心太(ところてん)」のイラスト [pixiv]
秒速5センチメートル 秘封Ver。

もうチャゲだけでいいから復活ライブやってくれよ(舞軌内雑筆店)
ふたりの愛ランド大好きすぎる。

臨時職員として働く地方公務員ワーキングプアの悲惨な実態 : 無内定速報-就活2chまとめ
極端な例だと思いますけど、実際地方自治体は嘱託の人いないと回ってなかったりも。
サーバント×サービスの千早さんみたいな人がいないとね。

公務員受かりたいから過去問やりまくった結果www(My wish)
自身の経験と比べてみますと、圧倒的に勉強時間が足りてないように感じますね。

とりあえず過去問はどんなに最低でもしっかり3周回すこと。
内容が意味不明だったら、必ず基本書にあたること。
勉強だけじゃなくて、模試や実際の試験を活用すること。
それをしっかりすれば、少なくとも筆記で落ちることはないと思います。

「なんとなく結婚した」みたいなストーリーの漫画って知りませんか?(まなめはうす)
ものすっごく昔に、雑誌に連載されてたのでそんなのがあったような気がしないでもないですね。
小説だと橋本紡の「ひかりをすくう」みたいな雰囲気でしょうか、最初から結婚してた気もしますが。

あとがき
一週間くらい前の日記を読み返すようにしましょうか…
■2014年5月25日 続・春望
今日もただただ眠かったです。

雑記
勝手にKOTOKO祭り 2
昨日に引き続き、KOTOKOの曲を振り返る特集です。
今日で終わるかと思ったら終わりませんでしたね……
We Survive
今限りある世界と空際の果てに

カッコいいKOTOKOの急先鋒。
テンポもよく耳馴染みがいい曲ですね。
さくらんぼキッス 〜爆発だも〜ん〜
すきすきすkiss×4 ハイハイ!

いちばん最初に知ったKOTOKOの曲かもしれません。
とにかく電波ってますが、キャッチーさはズバ抜けてる感があります。
PRINCESS BRAVE!
折れた剣を杖に立ち上がるボロボロのPrincess 向かい風の中 鋼鉄の愛を叫ぶ

「プリンセス」シリーズその2。
ええまあ麻雀ゲームの歌なんですが、歌詞がよすぎます。
ワタシはウタがヘタだけど
わたしは ひとりで 歌うの ヘタだけれど

こちらも正確には”KOTOKO TO 詩月カオリ”ユニットでございます。
このしっとりさと壮大さはもはや無敵でしょう。

今 羽が頬を撫でるから

私にしては珍しくデビュー後から。
メロディとか歌の作りとかがなんとなくSNOWを髣髴とさせることに今日気付きました。
夏草の線路
道はどこまでも続いてくと あなたが差し出した手には

”KOTOKO TO AKI”のまごうことなき神曲。
「prime」もそうですが、この組み合わせは前向きな歌を歌わせたらピカ一です。
覚えてていいよ
気がすむまで、ずっと ずっと 覚えてていいよ

KOTOKOで最も好きな曲のうちの一つ。
とにかく元気がない時にエンドレスリピートして元気をもらってました。
感きまわって最後泣いてしまうこともありましたね…
君と夢を信じて
いつか声が枯れる日まで 歌いつづけてゆくよ

”KOTOKO TO 詩月カオリ”の十八番ですよね。
壮大です。
最近の曲は全然聞きこんでないので入ってきてませんが、聞き込めば嵌りそうな曲もいくつかありましたね。
最後は次回に回します。

ニュース
奈良県が数千万円を投じて制作したWebサイト、存在が一般に知られることなく閉鎖へ | スラッシュドット・ジャパン
税金の無駄という意見もあるでしょうが、それ以前に、かなしい。
いったい何がしたかったんだろう。

松井氏「目をつぶって打ったら当たった」 (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース
現役復帰してもよさそうですね。

先発は1回限定か 松坂に突然先発のチャンスが巡ってきたワケ (Full-Count) - Yahoo!ニュース
やっぱり、松坂は先発ですよ。

あとがき
寛容と忍耐。
■2014年5月26日 辿り着く君と夢と未来
息抜くってこと、大事ですね。
環境によっては許されないのかもしれないですけど。
抜けそうなときは抜きましょう。
抜けないときは、逃げたっていいと思います。

それが“生き抜く”コツなのです。

雑記
勝手にKOTOKO祭り 3
3日間にわたって続いた『勝手にKOTOKO祭り』、最後はこの一曲です。
同じ空の下で
同じ瞬間 同じ空の下で 笑ってる そんな日々がいいな

D.O.「家族計画」主題歌。
押しも押されぬ名曲にして、KOTOKOで最も好きな曲のうちの一つ。
正直言って、歌唱はまだのびしろがあるって感じの歌ではあるんですけど、最後のサビが良すぎて、良すぎて、良すぎて…
未だにフルで口ずさめますし、泣きます。
こうやって振り返ってきましたが、やっぱりKOTOKOって「I'veとエロゲ主題歌とともにあり」って感じがどうしてもしますね。
それだけ、インディーズ時代の衝撃ってでかかったんだなと思います。

ニュース
偽ぐんまちゃん、つぶやき1年半 幼児言葉でバレた:朝日新聞デジタル
ぐんまちゃんは永遠の○歳?! 偽ぐんまちゃんのツイッター発覚! - K’s Station HATENA ver.
おいおい。

新入社員だが5月の給与明細を見て血の気が引いた(My wish)
血の気が引くのは年度を重ねてこそだ。

【勧告】お前ら…ネット閲覧はやりすぎないほうがいいぞ……(My wish)
追体験しまくってるけど大丈夫です!

【超速報】今日のTOKIO名言だらけでワロタwwwwwwwwwwwwwwwww:キニ速(まなめはうす)
なんだこの神回。

友達をやめることになった話(まなめはうす)
なんか、わからなくもないです。
だから本音で殴り合うし、見返りを求めない、それが友情だと思います。

あとがき
決して打たれ強くなったわけではないですけれども。
私は私なりに強くなったと思います。
絶対的な指標がない今、明言なんかできないですけれども。
「何となく、強くなった」を繰り返していければいいんだと思います。
■2014年5月27日 傷つくのが怖くてわざと冷たくしてしまうんだ
「君のいる町」で主題歌歌ってたみみめめMIMIがFMラジオに出演して驚きました。
「センチメンタル・ラブ」は名曲です。

雑記
忙しい人たちに
なんだかんだいって、やることなすこと面倒くさくて忙しくなってきてる気がします。
色々な制度がありますけれども、それもどんどん難解になってきているような感じがして。
色々、節約とかが叫ばれて、”こうすれば安くなる”という抜け道的な方法が紹介されたりしていますけれども、実はそんなところに頭を使う時間を、別のことに使ったほうがよっぽど時間というお金以上に大切なものの節約になるんじゃないかな、ともちょっと思ったりするんです。

まあ、そんなこと言ってもやっぱり1円でも安いものを探しちゃうのが性ですががが…

ニュース
出川哲郎、神宮で発見される(舞軌内雑筆店)
いい絵ですね。

広島−西武戦、濃霧に包まれ試合中断(舞軌内雑筆店)
アイドントライクノウムサン

あとがき
平日って、仕事のことも含め、いろいろな人と関わって色々な考えを無意識に取り込むので、オフの時間ってそれを整理しているんじゃないかと思うんですよね。
平日にいろいろな身の回りのことを整理できる能力がほしいです。
■2014年5月28日 端境
今日を三文字で表すと?

A:あ つ い

雑記
Talk myself
このサイトは、特に”日常に役立つ方法や情報を扱うサイト”ではありません。
基本的には自分語りです。
でも日記なんだから、それでいいと思ってます。


自分語りが出来てる人って、少ないと思います。
自分ってのが何かって言うのは、哲学の難しい話になるので、定義すら難解なのですが…
なんて言うんでしょうか、どんなに個性が生きる世界でも、人間は保身として”人に合わせる”というのを無意識下かもしれませんがやっていて、個性の原点みたいなものを少し薄めてしまっているような気がします。
個性をどんどん分けていって、多様性を持って生き残るのが生物だとすると、人間というのは不思議な進化をしているなあ、という感じがします。
後の世から見たら、今の人間は、少し不思議に見えるかもしれません。


せめて、現実と繋がっていないネットの場で、盛大に自分語りはしてほしいなと思います。
悪いことじゃありません。
自分は本当はこう思ってるんだって。
自分がここにいる証明を、記してほしいのです。

ニュース
『艦これ』とうまい棒がコラボ!島風や加賀など8キャラがうまい棒デザインに(My wish)
ヲ級が一番ダメージなさそう。

婚活パーティーへ行って来たのでジャニヲタらしくコンレポを書いた - それは恋とか愛とかの類ではなくて
なんというか、ルールで縛られすぎな気がしますね、この界隈も。
ルールをうまく使ったものが勝つ世の中になってるというか。
ただ、それがいいことかと言われると、判断が難しいです…

あとがき
気が散る要素を全部潰していったら、めちゃくちゃ能率が上がると思うのに、なかなか難しいですね。
■2014年5月29日 I try it once more
どん底に突き落とされて、全然全然駄目な日もあります。
いつ這いあがれるか先の見えない暗黒に落とされることもあります。

本当に、音楽に救われるって、ありますよ。

雑記
自信
いつも、テキストを書くときは自信満々で書いてる様な気がします。
迷ってる時も、それは全力で迷った結果なんです。

ただ、それが本当に自信を失うことってのも、あるんです。
本当は大声で言えるようなすごいことなんてやってないんですから。
ちょっとつまづいただけで、エネルギーメーターは大きくマイナスに振れます。
そのくらい、脆く儚く、実態のない幻のようなものです。


いいです。
もういいです。
持たざる人間だってのは、わかってます。

でも、足掻かざるを得ないんです。



人として欠落しまくってるのが、ここまで”戦えてる”のは、ちょっとした奇跡なのかも知れません。
取るに足らない人間なのですから。
でも、折角、そのステージにいるんだから、足掻きたい。
足掻かないと、納得できないんです。

ニュース
性的指向に関する少年写真新聞社の説明がすばらしいと話題に!!(舞軌内雑筆店)
愛って難しいなあ…

小中高が舞台のアニメに比べて大学が舞台のアニメはなぜつまらないのか |やらおん!(まなめはうす)
げんしけんやハチミツとクローバーもありますけどね。
小説だと万城目学の「鴨川ホルモー」や森見登美彦の「四畳半神話体系」とかありますけど…京大ものになっちゃうんでしょうか。

トワイライトエクスプレス、引退へ 老朽化で存続断念 (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース
もう夜行はこういう運命になるってのはわっちゃってますけど……それでも寂しいです。
とりあえずこういう時だけは石破さん全力で反対してくれないかなあ…

あとがき
時の流れに身をまかせ。
■2014年5月31日 ホリデイ
「あまロス」という言葉が流行って、その当時はなんだそりゃと思っていたわけですが…
今は「凪ロス」という言葉がものすごく納得できます。


5月がもう終わりということですが、今年度は時間の流れがものすごく遅いですね。

雑記
作品
小説、アニメ、マンガ、音楽、ゲームもそうですね。
色々な作品が、今の世の中にはあふれています。
作品というのは、少なからずも人工的に創造されたもの、”つくりもの”と言えるかなと思います。


つくりもの、と言ってしまえば非常に簡単なんです。
つくりものよりも、何の恣意もない現実のほうが上だよ、という話もあるかもしれません。

でも、そのつくりものであるところの”作品”に、私たちはものすごく影響されてるなあと、今振り返ってみてそう思いました。

好きな作品について、本音で語り合ったり。
これは如何か、と思ったものについては、批判と言う形ではあれど議論を交わしたり。
何かに取り組む意識づけになったり。
その作品があったから救われた、なんてものも数知れません。


本にしても、アニメや漫画にしても、音楽や映画にしても、なくても生きている上では全く問題ないんですよね。
衣食住や、三大欲求とは全く関係のないところにある重要であり欲求なんだと思います。
でも、今はそういった“作品”が世の中にあふれている。
これはやはり、それを求めている人がそれだけ多いってことなんだと思います。


物を作ることは、決して無駄ではありません。
自信持って、胸張って、つくってほしいです。

ニュース
30歳「20代なんてあっという間に終わるで」 (My wish)
20代に無駄な日など一日たりともない。

Infinityシリーズ、販売開始しました。(まなめはうす)
EVER17が猛烈に支持された時代があったんですよ。
私も結局やらずじまいでしたが。

あとがき
本音と本音のぶつかり合いって、やっぱり楽しいですね。
©2006- kazahana all rights reserved.