Diary 過去ログ(2014年1月1日〜2014年1月10日)
| 1日 2日 3日 4日 5日 6日 7日 8日 9日 10日 | << | 過去ログ | >> | TOP |
■2014年1月1日 2014年元日
あけましておめでとうございます。
本年も儚雪の空をよろしくお願いいたします。



雑記
今年の抱負
・色んな考え方ができるよう精進する
・健康に過ごせるようにする
・体力つける
・様々な活動に本腰を入れる
・もっと本音出す


毎年同じような抱負が並びますが、今年はより実際に動くことに重きを置いて一年過ごしていきたいと思います。

ニューイヤー駅伝2014観戦記
柏原も飛松も、みんないない。
そんな上州路でしたが、引っ張ったのはやはり箱根路を経験したメンバーでした。


特に印象に残ったのは、7区でトヨタ自動車のコーチがランナーの熊本にかけた
「後ろから日大が追ってきてるぞ!」
という台詞でした。
後続の日大卒・富士通 佐藤選手を指しての一言だったのですが、彼らの中での箱根は、まだまだ終わってなんかいないんだなと思いました。

それもそのはず、この最終7区は箱根路を駆けたメンバーが勢ぞろいしていたのです。
上位だけ見ても
・コニカミノルタの菊地 賢人(明大)
・日清食品グループの小野 裕幸(順大)
・中国電力の出岐 雄大(青学大)
・旭化成の出口 和也(日体大)
・富士通の佐藤 佑輔(日大)※箱根路で”走る律っちゃん隊員”としてお馴染み
・Hondaの藤原 正和(中大)
・トヨタ自動車の熊本 剛(日体大)
この顔ぶれ。
実況も大学名を連呼するなど、まさに箱根路を髣髴させる展開でした。
その他の区でも、2区では旭化成の八木(早大)が日本人トップ、3区では旭化成の鎧坂(明大)が区間賞を取るなど、全体として箱根勢の活躍が目立ちました。


そしてもう一つ、これまでは開設でおなじみだった瀬古氏がDeNAを率いて初参戦。
SB食品の陸上部廃部に伴っての発足だったようですが、初参加で17位というまずまずの結果を出しました。
往年のSB全盛期が戻ってくるか、期待したいところです。

昨年の紅白を振り返る
うーん、あんまり振り返りたくもないのですが。
端的に言ってしまえば
「これが我が国の大晦日を飾る伝統的な番組なんだよ」と胸を張れるかというと、張れない。
そんな番組になり下がってしまったように感じました。

別に工夫するのはいいんですよ。
でも、我々が見たいのは見ている側がそう突っ込みを入れたくなるようなステージじゃないんですよね。
一年を穏やかな気持ちで終われるように、ゆったりと心を落ち着けて見れる番組なんだと思うんです。


文章にするのも面倒くさいので羅列しますと

・リンホラのRevo、案の定
・TMR+水樹奈々でヴヴヴ
・JAXAのシーンのBGMが宇宙兄弟
・良かったのはあまちゃんの潮騒のメモリーだけ
・AKBの卒業発表はどうでもいい
・紅白の私物化が目立つ

という感じでしょうか。

ニュース
ぴとそく : 【紅白歌合戦】リンホラ 進撃の巨人、案の定だだ滑り【動画あり】
歌自体初めて聞きましたけど、イントロが霜月はるか+Revo「霧の向こうに広がる世界」に似てるんですね…
ええ、紅白で歌う歌としてはボロボロでした。

新藤総務相が靖国参拝 (時事通信) - Yahoo!ニュース
主義思想は個人の自由ですし、それはどうでもいいですわ。
行くなら行くでいいし、行かないなら行かないでどちらでもいい。
でも、それをわざわざ公にする必要はないですよね。
それこそナショナリズム煽ってると言われても仕方ないですよ。
一国の運営を担っている人間のひとりなんですから、立場をもっと考えたほうがよろしいんじゃないでしょうか。

AKB大島の紅白での卒業発表に賛否分かれネット騒然 (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース
ますます紅白を見る人減るんじゃないんですかね。

鉄拳、紅白で悲運…時間都合でネタ飛ばされる (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース
そういうネタだったんだと思います、最後にニュースの絵書いてあったし。

【新年の挨拶】「にゃんぱすー」vs「やっはろー」最後の戦い! → 結果:どう見てもにゃんぱすーの大勝利(変人窟 (HJK))
やっはろー。

2013年 VIPスレタイ大賞 決勝(My wish)
いろいろあるなあ。

コミケ85 3日目 実況 まとめ:【2ch】ニュー速VIPブログ(`・ω・´)
大井町・・・

あとがき
今年も書き連ねます。
よろしゅうたのみまんがな。
■2014年1月2日 華やかな街を通り抜け路地裏の片隅でしたたかに産まれ生きてく子猫の様に
この時期はどうも食べ過ぎてしまいます。
最近は体重計に年2回乗ればいい方で、体重については全く気にしていません。
ただ、満腹になっても”目が食べたい”状態になり食べ過ぎて動けなくなるってことがままあるので、本当にそこは気をつけなきゃいけないなあと思ってます。

幸い、今年は年末感もなければ年始感も全くないので、いつもどおりに体を動かせてるってのは大きいですが…

雑記
箱根駅伝 往路
1区に有力選手が投入され、スピードレースが想定された往路。
1区からかなりバラけ、順位の変動も結構あったりと、見どころはあったはずなのですが、意外と印象に残った部分がなく、レース自体より
「上重アナのバイクリポートがボロボロ」
「東洋と駒沢の監督の選手叱咤合戦」
のほうが印象に残りました。

選手としては、あまり映りませんでしたが、やはり4年生を迎えた國學院の寺田でしょう。
そう、3年前、あの大手町ゴール前でコースを間違え「あぶねー!」で一躍時の人になった彼です。
途中のチェックポイントを過ぎる際に、解説の碓井さんとかも「ゴール前で…」と話題にしてました。

恐るべきラストスパートでシード権確保・そしてお茶の間の人気を博した彼。
2年生ではなんと山登りの5区にエントリし区間5位の快走。
3年生ではエースに成長し花の2区を任されました。

4年生となった彼は、名実ともに國學院のエースとして再び2区を走り、なんと区間7位、4人抜きの快走。
18位で受けた襷を14位まで押し上げる力走を見せました。

一つのエピソードから少なくないファンが付いた彼ですが、ただのネタで終わらずチームの大黒柱として立派に成長した姿を見ると、感慨深いものがありました。
なお、寺田選手は実業団(JR東日本)に進み陸上を続けるようですので、今度は上州路でその快走を見たいと思います。
飛松がいない今、ニューイヤー駅伝は新たなヒーローを欲しています。


そんな中、箱根・芦ノ湖ゴールの実況はなかなかよかったです。
昨年、箱根の山中でリタイアした中央大と城西大。
「365日ぶりに襷を芦ノ湖に持ってまいりました」とか、ちょっと泣きそうになりましたよ。
やっぱり駅伝は、タイム云々よりもまず繋ぐことですよね。
山梨学院の棄権とか、国士館が3区でタスキが途絶えるとか、そういったのもありましたけれども、次はぜひ”繋いで”ほしいです。
順位とか、優勝とか、そんなのは些細なこと。
あの箱根の険を走りきること、それが一番大事なのです。


さて、復路は事実上東洋と駒澤に絞られたような感じ、もしかしたら早稲田も絡むかもしれませんがやや厳しい感じもします。
まあ正直上位はどっちが勝ってもいいので、一つでも多くいい走りが見られればいいかなと思います。

聖なる怠け者の冒険 - 森見登美彦
いつもの森見登美彦でした。
もりみーワールドは健在ですね。

ただ、いつもに増して世界観のわかりやすさに欠けるので、別の作品を読んでから読むのがいいかと思います。
いきなりこの作品だと、ちょっと頭が混乱するかと思います。
世界観的には「宵山万華鏡」「有頂天家族」ともつながっていたりします。


森見登美彦作品って、合うか合わないかがはっきりすると思うんですよ。
わからない人はとことんわからないと思います。
意外ですが、万城目学のほうが大衆受けすると思います。

ただ、あの独特でふはふはしてつかみどころのない世界観や、京都という独自の文化、とらえどころのないぶっとんだ登場人物…
そういったものが「わかる」人には、とてつもなく飽きない作品になってます。
「ぽんぽこ仮面」とか「将来お嫁さんを持ったら実現したいことリスト」とか、ああいう言葉遊びのセンスは卓越してますね。
クロチャン時代の田中ロミオをちょっと思い出しました。


ちなみに、「史上こんなに動かない主人公はいない」と煽りはありますが、ちゃんと動いてます。
もっと動かない主人公山ほどいるわ。

相棒12 #10(元日スペシャル)
内容としてはまずまずよかったかなと思います。
内村刑事部長がドロップアウトするんじゃないかとひやひやしてましたが、そんなことはなかったぜ。
ただ、展開が展開なだけにどうしても亀ちゃん思い出しちゃいますよ…
人質は彼の専売特許でしたから…

そして映画ですが、怖いですね…殉職者出そうで。

ニュース
【2次元】一番「これ何のアニメ?」ってなる画像貼った奴優勝(My wish)
>>7に見覚えがありすぎて笑ったwww

「呉の空」/「日高こーよー」のイラスト [pixiv]
「昭和二十年八月六日」/「HappySwan」のイラスト [pixiv]
正月から涙腺を刺激させていただきます。

「【トレス】赤城(艦これ)」/「文月むきゅう」のイラスト [pixiv]
慢心、ダメ、ゼッタイ。

あとがき
色々なことをやろうと思っても先が見えてしまって結果的に何もやらないってことがデフォルトなんですけど、今になってみるとわかっていてもやることも大切だなあと思ったりしてます。
いい意味で動く一年にしたいですね。
■2014年1月3日 文打ちシンギングバード
”時間が余ってゆとりが出るととにかく文章が書きたくなる病”に襲われてます。
今年もガンガン書き散らかしていきたいと思います。

昨年末から再三書いているように、正月という感じがしないので”正月ボケ”ではないのですが、変な感じで休みボケしてますね。
いい感じで現実から離れて、一回り大きくなった姿でスタートを切りたいと思います。

雑記
箱根駅伝 復路
東洋が独走して駒澤が失速すること、早稲田がダラダラ尻下がりになって3位から転落すること、繰り上げスタート続出まで大体予想どおりの復路でした。
あまりに予想通りすぎて怖いくらいですが、それだけ東洋が本当に”計算通り”だったということでしょうか。
シード権争いも熾烈を極めましたが、被災した伊豆大島でいつもどおり合宿をした帝京大がシード権を確保したのは、よかったです。

そんな感じで、面白かったと言えば面白かったですが、なかなか特筆するところもなく。

今年は、駅伝の中にマラソンの話が出てきたりと、選手が駅伝だけやっているわけではないんだなあというのがわかってきたというのがありました。
競技として、駅伝というのは確かにあまり数はありません。
トラック競技、マラソン…
やはり、オリンピックでも世界陸上でも、競技となるのはそういったところです。
リレーはあるものの、駅伝とはまた違った要素が必要になってくるのかなと思います。

肯定も否定もしませんが、箱根駅伝があるから日本の長距離は駄目になった、という意見も見たことがありました。


ただ、駅伝って、やっぱり日本人に合っていると思うんです。
勝って金メダルがもらえるわけでもないですし、賞金が出るわけでもない。
本当は、結果なんかどうでもいいんです。
でも、ただ走る。
仲間のため、自分のため、みんなに元気を与えるため。

お正月の化け物番組になっているのは、やっぱり日本人に通じる、そういった思いがあるからではないでしょうか。

暴筆
昨日ふと思いたって、「ねとらじと本音」というテーマでかるーく文章を書こうかなと思っていたのですが、
あまりにも話が膨らんで、この話をまとめるにはこの時間では短すぎる…となってしまったので、後にします。
いつまとめられるかわかりませんが…お蔵入りになるかもしれません。

ニュース
ブロガーとして、もっと前に出たい。 - K’s Station HATENA ver.
旧友と会った際に「SOWが大事」という話を聞いて、なるほどなあと思いました。
そういった部分をしっかり定義して、初めて動けるんじゃないかな、と思います。

地域をどうしたいのか。
そのために自分は何ができるのか。
そもそも、自分がやろうとしていることはその地域に必要あるのか。

必要性がなければただのお節介です。
地域づくりって、我々なんかが思っているほど感情で進むことではないんですよね。
色々議論を深めて、ときには理論的に考えて…その積み重ねです。

「キャラを使ってのイベント」「地域キャラのコスプレ」「アニメ主題歌の作曲」とか、正直そんな箔はどうでもいいのです。
前に出ることは自己顕示であって地域のためではありません。
”地域のために何ができるか”なんですよね。
表に出る方は表に出ればいいです。
本当に大事なのは、裏方の見えない部分で東奔西走フル回転できる人だと思います。

<鳥羽水族館>深海生物ダイオウグソクムシ絶食6年目に突入 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース
この忍耐力、見習いたいですね。

あとがき
アンガールズ田中が「地元で100万使いきる」という番組やってて、なかなか面白いなあと思って途中まで見てました。
100万をぼっと貰うより、小額を貰った方が消費はしやすいってのがよくわかりました。
■2014年1月4日 取り急ぎ
千葉の犬吠埼までぶらり旅してきました。
たった今帰ってきたので、旅行記は明日上げます。

本日はこれにて。
■2014年1月5日 儚雪の空も皆様の温かい応援を動力にして運営されています
銚子・犬吠埼に行ってきました。
今日は旅行記メインです。

雑記
旅行記「銚子・犬吠埼醤油紀行〜銚子電鉄に乗って〜」
2014年一発目の旅は、とても印象深いものとなりました。
2013年は後半の旅行を体調不良でポシャっているので、久しぶりの旅行記になりますね。
今回は半分コラムっぽくなっているので、普段は旅行記を見ない方も、見ていただければと思います。
さて、旅行記は次のとおりです。

銚子・犬吠埼醤油紀行〜銚子電鉄に乗って〜



ニュース
被災地高台移転 進む遺跡の発掘 空白の戦国時代に豪族、奥州藤原氏めぐり新説 (産経新聞) - Yahoo!ニュース
そこには歴史があるわけで、何も見つからないほうがおかしいのかもしれません。
何かわかるといいですね。

「薬物依存の悪循環」のコラが話題に - さまざまなめりっと
個人サイト毎日更新の悪循環で誰か作ってください。

冷静に考えて消費税8%ってやばくね?:哲学ニュースnwk
やばいですね。

武井 壮 - 箱根駅伝が終わった。。陸上界には箱根駅伝に否定的な発言をする選手やOBや指導者がいる。。... | Facebook
なかなか興味深い文章でした。
この人お笑いじゃなくて陸上関係で行けるでしょ…

あとがき
私ができることは、旅行記を書いて、一人でも多くの人に銚子に興味を持ってもらうことです。
そこまででいいんです。
行けばきっと、ファンになります。
■2014年1月6日 エクスペクト・パトローナム
書こうと思っていたことをド忘れするのって、とても嫌なんですよ。
思い出す力なんか皆無なので、少し考えたら思い出す、ってこともありません。
そしてそこまでポンポン別の題材が出てくるわけでもありません。
もしも風呂場なら、そのくらいは思いつくかもしれませんが、ここは自室。
悲しいかな、これが人間の限界です。

運よく思い出せたとしても、それはきまって更新後。
明日の話の肴にしようとしても、不思議なものでその時点では鮮度が落ちているんですね。
言葉の鮮度って、あると思います。

色々な葛藤を孕みながら、このサイトは続いていっています。
いいんだか悪いんだか。

雑記
凪のあすから #13
なんだこれ。
いきなりの超展開に、そんな言葉しか頭に浮かびませんでした。
伏線が張られてなかったわけじゃないですけど、あまりにも大きな展開をあっさりやってのけたので…


各所で話題になっていますが、一番衝撃的だったのは第2クールに入ってキービジュアルが変わった公式サイト。
一気に時代が飛んで、それぞれの関係性も変わってくるようです。
そしてあの、メインだったはずの登場人物はいずこに…

こういった”引き”は商業としては成功でしょうけど、後からまとめて見たときにどう評価されるんでしょうか。
この海はいったいどこに向かってるんだろう。

ニュース
【ヤクルト】由規復活へ2・1ブルペン視野 (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース
由規は生でピッチングを見たことがあるんです。
2011年9月の台風が来てるなかの神宮での巨人戦で、確か青木がデッドボールを受けて三輪に交代した試合でした。
えらく速い球を連投して、巨人打線を寄せ付けなかったのを覚えています。
ゆっくりでもいいので復活してほしいですね。

ヒロインがロング→ショートカットになる作品あるじゃんあれって…(My wish)
母親になってポニテにするのは地味に強いですよ。
私の嫁もそうでしたね。

マンガがあればいーのだ。 断腸の思いでマンガ約850冊+αを大放出します!!
うちにも置ける量じゃない!
それにしても、久しぶりにマンガがあればいーのだ。さんの更新を見た気がします。

あとがき
夜道で蛍光ベルトをたすきのようにして書けて、駅伝ごっこをやっている中学生に遭遇しました。
なんかこれだけで、駅伝っていいなあって思うんですよね。
ホント、日本に合ってるスポーツだと思います。
■2014年1月7日 日溜りの街
今日はたいやきを食べる日だったのか…
そんな話を聞いて、居てもたってもいられなくなって。


…とりあえず日ハムの鵜久森には今年こそ活躍してほしいです。(とばっちり)

雑記
Kanonという序曲
Kanonは1999年の作品ですから、もう15年近く経つんですね。

かつて、エロゲと言えばまずKanonが挙がる時代がありましたが、それ以降も様々な作品が出てきて、Kanonを知らない人もだいぶ増えてきました。
それでも、「エロゲはシナリオだぜ!」という流れを決定づけたKanonという作品の価値は、計り知れません。

Kanonのすごいところは、とりとめもない数の二次創作だと思います。
ネットでは何処に行ってもKanonのSSやイラストであふれていたあの頃。
その勢いは、東方とか艦これを軽く凌駕するくらいの派生力でした。
難しいこと考えず、とにかく楽しかったですよね。


KanonのBGMって、今でも聞くと泣きそうになるんですよ。
キツいのは、どの曲を聴いてもそういう状態になるということ。

「2 steps toward」「木々の声と日々のざわめき」「彼女たちの見解」
「笑顔の向こう側に」「the fox and the grapes」「日溜りの街」
「少女の檻」「雪の少女」「約束」「pure snows」「霧海」
「朝影」「冬の花火」「生まれたての風」「残光」「凍土高原」
「夢の跡」「風を待った日」「兆し」「Last regrets」
「風の辿り着く場所」「Little fragments」

フルコースでいったら死にそうです。


あれから15年。
我々はちゃんと捜し物を見つけられたのでしょうか。
忘れられたでしょうか。



Kanonは、道標です。

ニュース
城を美少女化「城姫クエスト」がスタート!「開城」で城姫があられもない姿に −YATTAR NEWS(K’s Station HATENA ver.)
城物って難しいと思いますよ…
動くもんじゃないですし、基本的に受け身の作戦しかとれませんし。
TowerDefenceっぽいほうが受けるかもしれません。

ニコニコ動画衰退最大の戦犯wwwwwwwwww(My wish)
何事も制約がない時代が一番楽しいのです。

一度も姿を見せたことのない「ClariS」初のイベントまとめ(まいざつ)
ClariS、初の自主イベントに本人登場 「reunion」を生披露(※ただしシルエット) - はぅあぅにゅ〜す -声優まとめブログ-
なあに、芳賀ゆいの再来だ。

【悲報】新セーラームーンのキャラクター設定wwwwwwwwwww
そういえば新セラムン始まるんでしたっけ。

あとがき
物がなくても。
自由じゃなくても。
楽しさは、作り出していけばいい。
赴くままに、気のままに。
■2014年1月8日 夜明けの朱い空に虹を描いて
森進一の襟裳岬よろしく「地方は何もない」と言われたりしますが、そんなことなんかありません。
趣味柄いろんな所に行きますが、面白いことって必ずあるものです。
しかもそれは、あとから作り出されたものじゃなくて、その土地に昔から根付いていて、当事者が「近すぎて」わかっていないだけ。

だから、観光とかって、新たに何かやる必要はないんです。
既にあるものから、「光」を掬いとって紹介する、それだけでだいぶ違うのです。

そもそも、地方に何も面白いことがなければ、きっともっと東京一極集中が進んでいると思います。

雑記
琴線
知らないモノゴトに触れたときに、響くものがある。
それがいわゆる“琴線に触れる”ということだと思います。

この表現がうまいなあと思ったのは、琴の弦(糸)に例えたこと。
弦はピンと張ってないといい音が出ませんが、琴線が張っていれば、打てば響く。
いい緊張感を持っているからこそ、色々な発見があるのかもしれません。


色々なことを取り込むポイントは、まずゆとりを持つことと、変化を嫌わないことです。

新たな要素は変革を生みます。
ゆえに、自身のなかにある“哲学”を変えなきゃいけない場合もあって、変化に二の足を踏む感情もあるのが当たり前です。
ただ、私なんかかなり頑固な部類に入ると思いますが、そこまで変化を嫌ってはいません。
未来永劫変わらないものなんてありませんし、そのときに応じて変わってしかるべき。
ただ、最後の最後に残った柱というか方向性、それだけは残ってます。
それさえ変わらなければ、きっと大丈夫です。

長いこと日記を書いてきて、「一貫してる」というご意見をいただくことも、幸いなことに多いのですが、実際は相当ぶれているんです。
手段や意見もだいぶ変動してると思います。
ただ、地元をよりよくとか、みんなのためにとか、倫理的にどうかとか、そういった根本は幼少の頃から全く変わってません。
だから、一貫しているように見えるんだと思うんです。
私は私的な利益を追求できない人間なので、公益を追求できる場に居れて、本当によかったなと思ってます。

変わってもいいんです。
その余地、“あそび”を持ちながら、やりたいコトやって、色々なコト取り込んでいきましょう。


じっくり、琴琴。

ニュース
「ふるさと納税」、特典で広がる 寄付の御礼に「地元特産品」、やりすぎの声も (J-CASTニュース) - Yahoo!ニュース
私もやりすぎだと思います。

発明家の中松氏が出馬表明=都知事選 (時事通信) - Yahoo!ニュース
想定の範囲内です。

「このあと滅茶苦茶セ●クスした」ってやつエロすぎわろた(My wish)
秒速5センチはやめてあげて!!

【画像】2014春アニメの充実度が凄いwwww(My wish)
注文うさぎは気になってます。
チャイカは制作がボンズなので少し期待。

あとがき
時間は進んでるようで、変わってるようで、意外と変わってない。
そんなもんですよ、人が生きてる時間なんて。
でも、それでも足掻く。
それが人間なんだろうと思います。
■2014年1月9日 テンション&ミッション
今は仕事にとにかく打ち込んでる時期です。
仕事が多いわけではないんですけど、今しっかりやっておかないと、あとから見てきっとマイナスになるという内容なんですね。
やらなくてもいいのかもしれませんが、
「いつやるか、今でしょ」
という昨年の流行語を引用して、煙に巻いておきます。


雑記
こだわりハチマキを繙けば
流行を追ったり、一纏まりになっているものをコンプリートしようという思いがなくなってきました。

実は「隠れ完璧主義」みたいなところがありまして。
人として全然できてなくて全く管理できないのに、何事も完璧を目指したがる(しかしできない)という非常に厄介な性質を持ち合わせていたのですが、いつの間にかそんなこだわりは薄れてきました。

完璧なんかないですし、無尽蔵に周りに流されるより、自分が本当に好きなものに触れることの方がよっぽど大事なんですよね。

なかなかそれができない環境ってのもありますが、できれば自分に正直に生きていたい。
人から評価されなければ悦に入れないのであれば、それまでです。
趣味というのは、自身がいいと思ったからやるものではないかと、そう思います。

ニュース
「Yahoo!メッセンジャー」終了 「利用者減が著しく維持困難」 (変人窟 (HJK))
昔はとてもお世話になったものですが。
まだIRCのほうが生き残ってるんじゃないですかね。

【朗報】ついに「墾田永年私財法」より語呂のいい言葉見つけた (変人窟 (HJK))
何と言う素晴らしい社会スレ。
北大西洋条約機構は”NATO北大西洋条約機構”と繋げて初めて候補。

プロテクトリスト漏洩疑惑の阪神にDeNA激怒
それにしても、今は30代が全盛期なんですかねえ。

あとがき
杞憂してることは大概うまく行くものです。
ねだるな、勝ち取れ、さすればヴィダルサスーン。
■2014年1月10日 答えはいつも私の胸に
一気に寒くなりましたが、たぶんいつもの冬に比べてまだマシですよね。
SNOW好きとしては、早く雪が降ってほしいものです。

今日のぐんまちゃん
「謹賀新年であります♪」/「神原みずき」のイラスト [pixiv]

雑記
ANSWER
大なり小なり、悩みがなくなることはないと思います。
些細なことでもうんううん悩み続けることも、あると思います。
その解決方法って、意外と頭のすぐ上にあったりするんですよね。
ホント不思議なことに。

昔から「灯台もと暗し」と言いますが、近すぎて物事が見えなくなることって本当にあるんです。
でも、ちょっと時間をおいて頭を冷却して、すっきりした気持ちで見ると、意外と簡単なことだったりします。

どんな悩みも、とてつもなく広がる宇宙から見たら些細なこと。
色々なことに縛られている私たちですが、そんなルールを振りほどいていいこともあるのかもしれません。

ニュース
【艦これ】岸田メル先生の島風が可愛い(まいざつ)
完成度高くて素直に感心しました。

メガネっ娘好きに朗報! メガネかけた嫁を眺めるスタンドが登場、アレンジも簡単(まいざつ)
なんでサンプルがTH2なんだ…

「もう疲れたよ」引退の二岡 斉藤和巳氏に心境吐露 (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース
お疲れさまでした。

あとがき
我武者羅にやってきたので、休みが三日続くという印象がありません。
とりあえず、無駄にしないようにしたいです。
©2006- kazahana all rights reserved.