Diary 過去ログ(2011年7月1日〜2011年7月10日)
| 1日 2日 3日 4日 5日 6日 7日 8日 9日 10日 | << | 過去ログ | >> | TOP |
■2011年7月2日 conflict
明日は”あの”聖地巡礼に行ってまいります。
まあ、私はリアルじんたんみたいな感じですので、見かけたら生温かい目で見守ってください。
            . -‐=ニ  ̄ ニ=‐- .
           /              \
.         /                      ,
         /                     ′
.       ,    /    '  ∧       ハ  '
       ′ 〃 /  / ,ィ/  ' .ト 、 ヽ. l | :   ,
       ;   :|i / /}/__     ∨__ヽ, ト l | :  ′
.      ′  i|/j/ '¨⌒´     `⌒¨` }ハ | :  i '
     :   |     _‐-       -‐_   `| i  |: i
     i :.  |   xfi坏ミ,     xfi坏ミ、 | l  |i |
     |    l  { {ヘ:爿l     {ヘ:爿l } | l  |i |
     | l  ハ   ぅ,_,ソ     ぅ,_,ソ ' | l  |i |
     | l  | h        { .        ; く : |
     | l  ! l l                 /!|ヽ,V |__
    厂じヘl, トヘ丶.    `   ´  __,.∠ノリ / 厂__ ,ハ
  _」 iレァl, ト`    ̄ ヽ. _  _ /乂_彡' / {ヽ,‐く
  ^マ/ {込, |\      f^艾i    _ ィ ′_〕 Vノ
.  { {     ; ト、  ̄ }   k芥l   {   j l ノ   }〕
   ]{    '. Vヘ   :   l/oト|    '  ,: 厂    ハ
   込.   '. Vヘ.,_ }   | l l|     V7 /     厶′
     ハ   \V⌒7   | |of|     V/     /川

雑記
僕の妹は漢字が読める ためし読み
巷で話題の「僕の妹は漢字が読める」をためし読みしてみました。

確かに、これはなかなか特徴的な小説ですね。
流石にこれを読んですぐに買おうとはなりませんでしたが、興味深い内容です。
ラノベの皮をかぶっていますが、けっこうな風刺小説っぽいですね。

あと、例のあれはアルジャーノンを想起させます。

GOSICK 最終話
大団円と言っていいでしょうか。
慎ましいながらも、幸せなエンディングだと思いますよ。

緋弾のアリア 第11話,最終話
最終話の予告がすべてかっさらって行ったような。

素材が悪いわけではないと思うのですが、
話があっちゃこっちゃ行って分かりづらいところもありました。

日常 第13話
今回の東雲家はよかったですね。
これからが本番といった所です。

あとがき
BGM:ヒャダインのカカカタ☆カタオモイ-C(ヒャダイン)
YouTube - [日常 OP]ヒャダインのカカカタ☆カタオモイ-Cをピアノで弾いてみた



それでは、また次の更新で。
■2011年7月3日 あの日みた花の名前を僕はもう知っている
あの花の聖地巡礼に行ってまいりました。

雑記
旅行記「あの日みた花の名前を僕はもう知っている〜あの花聖地巡礼〜」
書き上げました。
あの日みた花の名前を僕はもう知っている〜あの花聖地巡礼〜


ニュース
ジブリは決して続編を作らない有名ゲームスタジオのようなもの(ゴルゴ31)
興味深い話でした。


コミケ :地方自治体で初めて岡山県倉敷市が出展を決定(舞軌内雑筆店)
はじまったのか終わったのか。
スタッフ側に入ってコミケ誘致ってのも面白そうですが。

あとがき
BGM:双子座グラフィティ(キリンジ)




それでは、また次の更新で。
■2011年7月4日 降り止まない雨などここには
夏風邪が悪化しました。
…あれ? (H<はっくちゅん!)

とゆーわけで、全力で文なんか書けねーです。(こうかくとゲボ子っぽい。なのはもとらハもとらかぷも知らないけど)

雑記
只今迷走中
現在迷走中です。
色んなことに。

本当に、悩んでも悩んでも道も見えてこないし閃きもありません。
何の取り柄もなく、取り柄がある振りをしているワタクシ。
そんなもんです。


やりたいことができない世界は、嫌だ。
何でもかんでも横並びになればいいってもんじゃねえですよ。

あとがき
BGM:雫(スキマスイッチ)




それでは、また次の更新で。
■2011年7月5日 夏の餅
ポルノ(こんな略称がまかりとおってしまう時代って…)のmugenに
「限り無くはmugen 夢幻がmugen」という歌詞がありますが、
これって「無限」と「夢幻」のことなんですね。
ずいぶん昔の歌ですが、今日気づきました。

雑記
2011春アニメ総括
※「日常」は2クールアニメのため省いています。

あの日みた花の名前を僕達はまだ知らない。 評価:★★★★
「昔死んだ親友が10年経って目の前に現れる」というある意味王道なテーマを王道でやりきった作品。
途中にはイレギュラーな展開もありましたが、基本的には王道アニメなんですよね。
第1話の引きがあまりにもよかったために、中盤が中弛みするのは仕方ないところもありますが残念。
最後はうまくまとめました。

C(シー) 評価:★★★
経済アニメという触れ込みで、実際も"経済バトル"ではありましたが、実のところは「社会アニメ」だと思います。
中盤から話が盛り上がっていった作品だけに、最後のまとまりがよくなかった所は残念。
再三指摘されているように、時間が足りなかったというのが最大の原因だと思います。
好きな作品なので星3つ半をあげてもいいくらいなのですが、あえて3つにとどめます。

ゴシック 評価:★★★
前半は本当に「ヴィクトリカちゃん可愛い」だけのアニメでしたが、後半になって話がものすごくよくなり、まるで別の話になったようでした。
こちらも時間の関係があるかと思います。
というわけで、前半だけなら星2つ、後半が星4つ、平均して星3つに落ち着きました。

緋弾のアリア 評価:★★
フルメタのようなものを想定していたのですが、全然違いました。
キャラクターの作り方はうまいのですが、ギャグもネットネタが多く、テンポも回によってばらつきがあるなど、まとまりが悪い部分が見え隠れしました。

もしドラ 評価:★★
実はこれも春アニメなんですよね。
原作の宗教臭さは薄まっていたものの、やはりもしドラはもしドラでした。

(未視聴:DOG DAYS)
ドリームライダー
「オート三輪をパタパタと呼ぶ」という豆知識を披露して驚かれましたけど、

実はこれ、赤線街路ネタなのよね。

サブカルの力
震災の激震地である女川町で始まった「おながわさいがいエフエム」の放送室に、けいおん!のうちわがずらりと並んでました。
意外とサブカルチャーはこういうとき力をくれるのかもしれない。

ニュース
「疲れた」3秒に1回つぶやかれている! (産経新聞) - Yahoo!ニュース
そんな時代に誰がした!
そんな時代を変えなきゃいけないのは誰だ!
俺らだ!

あとがき
BGM:僕の背中には羽根がある(Kinki Kids)




それでは、また次の更新で。
■2011年7月6日 夏はマシンガン
口を開けば延髄チョップ、
一体あたしの何がいけないというの?

風花です。

雑記
公僕のメモ帳8
傍から見たら、空回りしているようにみえるでしょう。
実際、そうなんですよね。
ワークもボロボロ、ライフもボロボロ。

でも、悪いかどうかは別にして、結局原因は自分にあるはずなんですよね。

大輪を咲かせられるわけでも、世渡りがうまいわけでもない。
「まっすぐ」が取り柄、信じた道を進むしかないのです。
そうすれば誰か見てくれてるはずだよと、言われたことを思い出しました。

とりあえずはがんばろう。

ニュース
唯「あずにゃんが横浜のドラフト1位!?」(舞軌内雑筆店)
キャラクターが全員けいおんな以外はだいたいあってる。
プロ野球好きとしては、収支に奴きながら楽しく読ませてもらいました。
けいおんのキャラクターを借りた、見事なプロ野球ものですね。

イメージとしてあずにゃんは加賀だな・・・

あとがき
BGM:SAMURAI DRIVE(hitomi)



それでは、また次の更新で。
■2011年7月7日 コントロール無視のカーブ
在りたいように在る、ということはとても難しい(こなたよりかなたまで、遥彼方)ですが、
思い通り生きてみようと思いました。

今は、国とか行政とか細々したところを見てしまえばどん底なのかもしれませんが、
昔に比べたら格段と自由に生きられるようになっているし、それを、許されてる。

それでも、生きていく
チラ見した「それでも、生きていく」ですが、
満島ひかり、なかなか嫌いじゃないです。

というか、なんだこのドラマ。

ニュース
<石見銀山>「新たな坑道」計20カ所発見 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース
これはますます行き甲斐が出てくるところですね!

“嫌いな芸人”江頭が遂に陥落、V10阻みトップに立ったのは島田紳助。 - ネタりか
本人にとっては残念なんでしょうな。

あとがき
BGM:懐かしき東方の血(ZUN/東方永夜抄)




それでは、また次の更新で。
■2011年7月9日 接続待ち
土日にまとめてアニメを見るのがここのところの習慣になっていますが、
こんな朗報が飛び込んできました。
神様のメモ帳速報(メモ速):アニメ神様のメモ帳は、ニコニコ動画でも配信するみたい
いやっほーぅ!
最遅とはいえ、これは大変ありがたいですよ。

雑記
ゆるゆり 第1話
「何も考えずに見れるかなあ」という意図で選択したアニメ。
これは人気が出るやもしれませんね。
絵柄や設定は決して古くはないんだけれども、なんというか古き良き時代をどことなく感じます。
これは人気が出る。

あかり→一話の時点で目立たないことをネタにされていましたが、確かに印象は薄いです。
京子→完全に宮子タイプなので、これまで出てきた中ではやはり一番好きかなと。
結衣→ツッコミ。
ちなつ→作中では「ミラクるん」と同一視されていますが、風貌はちびうさというかルリルリというか。

日常 第14話
遂に本編が始まったか!!というくらいの盛り上がりでした。
冒頭のなのの一人芝居とかにやけてしまいましよ。
小ネタのキレもさることながら、やはりこうやって筋の通った柱があるといいですね。

OPがさらにわけわからなくなってましたね。
EDはベタ出し狙いすぎではありますが、アニメーションもものすごくなんというか子ども心をくすぐるという感じになっていて、浄化EDでした。

ニュース
【手描き】神様のメモ帳でコンビニ。【ブリトラ】 ‐ ニコニコ動画(原宿)
思わずクリックしてしまったMAD。
神メモ好きにはたまらない逸品のはずです。

ガリガリ君にだしてほしい味 - 勝つる2chまとめブログ
ドクターペッパー

あとがき
BGM:星想夜曲(Suara)




それでは、また次の更新で。
■2011年7月10日 悩みの中
ランダム再生していて流れる「コッペリアの柩」のイントロの怖さは異常。
ロッテリアの柩 ‐ ニコニコ動画(原宿)

雑記
読書評 神様のメモ帳7-杉井光(どこよりも早い)
本日は「神様のメモ帳7」の発売日でしたが、
早速買ってきてすぐ読破しました。

今回は少佐メインのホームレスに絡んだ話。
ホームレスとはどういう存在なのか、考えさせられました。
「あの子供たちもホームレス」というのは、ハッとさせられました。

あっという間に読んでしまったので、まとまった感想を得られていませんが、
全体を通してやや暗めで、終始やるせなさが付きまといました。
終わり方も、決してハッピーエンドではないと私は感じましたが、
1巻から引用されている”たったひとつの冴えたやりかた”が最もしっくりきたのがこの巻なのかなと感じました。

今回が少佐メインだったので、まだ語られていないのは彩夏True(兄)、アリス、そしてひょっとしたら鳴海自身でしょうか。
その他に短編集が出るフラグも今回垣間見えましたが。

そして前回17歳になった鳴海は今回高校2年生のクリスマスを迎えました。
おそらく、彼が高校を卒業した時点でこの話ってひとまずは終わりになってしまうんだと思うんです。
着実に、終わりへと進んでいるんですね。
残念ですが、それもただひとつの現実。

神様のメモ帳Presents アリスのこちらニート探偵事務所!
第1話と2話が放送中です。
パーソナリティはアリス役の小倉唯(15)。
何と高校生ですよ。
Web radio -TVアニメ 神様のメモ帳 公式サイト-

おそらくラジオは苦手というか不慣れなためか、いっぱいいっぱい感がよく伝わってきますが、
まあ、たまにはこういうラジオもいいのではないでしょうか、初々しくて。
…数年後にアニたま枠でメインを持ってそうでそれはそれで怖いですが。


アリス局長のお悩み相談コーナー
Q:仕事が忙しいんですけどどうしたらいいんですかね?
A:大変な時もありますけど、それを乗り越えたらきっといいことが待っているので、頑張りましょう。


それにしてもプロデューサーさん(若干スパイシー似?)大変そうだなあ。
この2人のトークを聴いているとアイマスっぽいですね。

うさぎドロップ 第1話
ボロ泣きしてしまった
本当に、いつからこんなに涙腺が緩くなってしまったんでしょ。

他のアニメとは一線を画しています。
正直、最初の3分くらいはアニメ―ションの「今っぽくなさ」に不安を覚えたりしました。
2011年にやるアニメではないのかもしれません。
けれども、いいんだよこれで。

じいちゃんの隠し子・りん(?)が一人暮らしの大吉のところで暮らすことになるという話。
じいちゃんの葬式の場面から話が始まるのですが、これが実にリアル。
実際の田舎の葬式ってこうだなあと思いながら、みてました。
そして、りんどうの場面で涙腺がプシっと

俺結婚しなくてもりんちゃんがいればいいや…


なんで大人になっちまったんだろうなあ…と思いながら毎週見ることになりそうです。

ドラマ ドン★キホーテ 第1話の感想
見ました。
一応これでも「行政機関」の人間ではありますんで、ちょっと気になっていたのですが。

コメディタッチで描かれる「入れ替わり」物に外れはないんですけれども、これもその例に漏れずなかなか面白いです。
ちょっと矛盾しているところもありますが、まあコメディですから。

設定はぶっ飛んでいますが、実は行政の描き方は上手いです。
本当に、行政って誰のために仕事してるんですかね。
基本的に、日本の行政はこのままいけばどこかで破綻しますから、どこかで考え方をガラッと変えないといけないんですけどね。
それが私の世代なのか、それとも踏み台なのかは分かりませんが。

それにしても、鳴海璃子はヨゴレ役が多くなってしまいましたな。

あとがき
BGM:ロージー(aiko)



それでは、また次の更新で。
©2006- kazahana all rights reserved.