Diary 過去ログ(2011年5月1日〜2011年5月10日)
| 1日 2日 3日 4日 5日 6日 7日 8日 9日 10日 | << | 過去ログ | >> | TOP |
■2011年5月4日 素晴らしき旅に感謝
旅から戻ってまいりました。
今日は旅行記のみならず、読書評、あの花の感想と豪勢なラインナップですよ。

雑記
旅行記「三度、西へ。〜本州大脱出〜」
旅行記「三度、西へ。〜本州大脱出〜」

書きました。
山口をメインに、福岡・島根と回りましたが、どこもいいところでしたよ。

ちなみに、この旅によって、経県値が86点から96点になりました。
まずはめざせ100点オーバー。

読書評 スワロウテイル人工少女販売処-藤馬千歳
タイトルと表紙絵…ぶっちゃけミクですよね。
そのインパクトは十分でしたが、内容がやや伴わなかったかなあというのが正直なところ。
ミステリーだと思って読み進めると、あれ?となると思います。
推理するのではなく、さらに上の「読めるか!」を味わう作品かなと。

世界設定は非常に独創的で特徴的です。
ここに関しては素晴らしいのですが、それゆえ難解な単語をちりばめすぎ、読みにくく感じることも多々ありました。
タイトルの真意を最後まで気づかせなかったことはすごいですが、この世界観の風呂敷を広げ過ぎて、畳めなくなってしまった感があります。
主人公であるかと思われた人物が、あまり出てこなかったり、
2章の逃避行が無駄に長く人物の掘り下げに甘さがみられたり。
物語の鍵となる”傘持ち”についても「なるほど」と思えるような理由付けが欲しかった所です。
3章は超展開過ぎでしたね。
本の中の登場人物が知っていてもこっちゃ知らないよ、という感じでした。

この話、ラノベでいえば3巻にすればよかったと思うんですよ。
ただ、1冊になってしまったので、ややこしくなったのかなと。
3章それぞれが独立した話ですからね。
世界設定はなかなか興味を引かれるところで、よく出来ていたので、
筆が追いついていっていなかったのが惜しかったです。


ここまでは思ったことを率直に書いたのですが、ネット上の読書メーターの感想がなかなかいいところを捉えていたので、まとめてみます。

・設定は凄く凝っているが、物語や心情に絡んでいない
・解決していない設定など、話が散らばっている
・主張が多すぎて読み疲れる

 参考:スワロウテイル人工少女販売処 (ハヤカワ文庫JA) 籘真 千歳 感想 - 読書メーター

設定と物語がチグハグだという意見が多かったですね。
本当に惜しいところです。

あの花 3話までの感想
まさか1話から泣くとは思いませんでした。
これって完全に私がとことん弱い鍵系の話じゃないですか。
リトバスっぽいし、なんかこんな話はあったような気がしないでもないですが、気になりません。

説明はほとんどありません。
しかし、そんな1話の中で、これだけのストーリーが始まった。
素晴らしすぎです。

そして2話でも前半の時点でボロ泣き。
3話も気付いたら泣いてました。

圧倒的なノスタルジック。
おおむねの評判通り、今期ナンバーワンは間違いなさそうです。

あとがき
やはり旅はいいですね。
心が充実します。



それでは、また次の更新で。
■2011年5月5日 耳を傾けるということ
休みボケの様相を呈していますが、だいぶリフレッシュにはなりました。
私の強みは無駄に知識を吸収したがるスポンジみたいな所だと思いますので、
色々周りから言われようとも、弱みの補強で頭を悩ませて呼吸を苦しくするのではなく、
最低限一個下くらいまでに持っていくと同時に、強みを伸ばして行くのがあってると思います。

雑記
白い戯言ニュースサイト終了に寄せて
更新終了のお知らせ。 - 白い戯言

2007年の十大ニュースくらいしか直接の関わりはありませんでしたが、
お疲れさまでした。

社会に出てみると、サイトを維持するのって大変ですよね。
毎日基本的に仕事しかしていない、学生時代のようにネタがポンポン出てくるわけもなく、
職場内での付き合いとかもありますし、どうしても今までどおりとはいきません。

サイトの更新をやめること自体がニュースになるだけ、幸せなことなんだろうなあと思います。
終わりがあれば始まりがあります。
どうぞ、次のスタートを。

ニュース
アニメオタクたちは50歳とか60歳になってもアニメオタクなのかしら
記事自体かなり恣意的に書かれていますが、
青春と言われる10代にも、遊び盛りと言われる20代でもオタクの道を歩んでいるわけですから、
50,60になっても変わらないと思いますよ。
愉しみ方は多少変わるでしょうが。

あとがき
思い通りに生きるということは、とても難しい。





それでは、また次の更新で。
■2011年5月6日 178円の春
まるで新入社員のような晴れやかな顔で出て行ったのに、
帰ってきたら疲れたおっさんがそこにいました。

そんなもんです。
それでもこの休みはリフレッシュできました。

雑記
星を追う子ども
「ほしのこえ」
「空の向こう、約束の場所」
「秒速5センチメートル」
傑作を世に出し続けてきた新海誠の最新作「星を追う子ども」が明日公開です。
ものすごく見たい作品ではありますが、地元でもやるようなので、映画遠征は中止してじっくり待とうかなと思います。

それにしても、新海誠も有名になりましたね。
前なんか、わざわざ渋谷まで出て行ってみたくらいでしたから。
今回はなんと、現時点で相当数の映画館で公開決定。

やはり秒速5センチショックがすごかったようです。

公務員もの
以前「エロゲに公務員ものはなかなかない」と書きましたが、
サブカルに影響力のある有川浩がおもてなし課を書いたことで、これから出て来るやもしれませんね。
真保裕一なんかも地味に公務員ものを書いてますし、あまり少ないジャンルというわけではないのでしょうか。

あとがき
何とか日付が変わる前に更新できました。




それでは、また次の更新で。
■2011年5月7日 頭の体操
今年は野球がなかなか面白いです。
ソフトバンクの森福の投球がすげえなあと思ったり、
セでは横浜が芽が出始めてきているのと、順位が予想だにしなかったことになっている
ファン球団の中日は非常に状況が悪いですが、あまり気になっていません。
最近は、特にどの球団も分け隔てなく見ることができるようになったので、純粋に楽しいんですよね。

今日NHKで中継があった阪神-横浜戦も、コバヒロが崩れて横浜がまさかの逆転勝利でまさかの連勝だったのですが、面白い試合でした。

雑記
観光サイト
旅行の度に思うのですが、観光関係のサイトって、「え、なんで?」という感じに、見事なまでに行政区別にサイトが分かれていたりしますよね。

この種明かしとしては、行政が観光協会を名乗ってサイトを運営しているということがあります。
「行政区内のことは網羅するけど、よそは知らない」スタンスなんですよね。
せめて、同じ県内にあるのであれば、市町村で連携が無理ならその上の県がやるとか、色々考えて欲しいものです。

県庁おもてなし課でも観光地のホームページについては言及されていたので、これがきっかけで少しでも改善するところが出てくれば…
そんな期待を胸に。

もしドラ 〜最終回
最後まで見てみると、小説版よりはアクがなくなっていました。
原作は、本を読みながらいきなりボロボロ泣きだしますからね。

とはいえ、やはりドラッカー信奉が酷過ぎる感が目立ちます。
野球を知っていれば知っている程首を傾げるところは多いアニメだったかなと。

あの花 第4話
さんざん指摘されていた内容が具現化した回でした。
ノスタルジーはどっかに吹っ飛んでしまいましたが、別の意味で面白かった回でした。

しかし、今後このノリがずっと続くのはちょっと勘弁です。
1話のような需要が相当あるでしょうから、ノスタルジー路線で。

C 第1話〜第5話
時間が取れず見れていなかったのですが、これがなかなか面白い。
流石タツノコとでも言うべきでしょうか。。
言われているように、確かにバトルシーンは説明不足なのですが、それを補って余りあるほどの「次はどうなるんだろう」と思わされる展開。

「経済学をかじったらわかるのか?」と言う話ですが、実際のところは単語の意味がわかるくらいでしかないです。
「アントレプレナー」とか「バランスシート」とか、そういった単語が飛び交っているだけなので。
実際のところは、”株取引バトル”というのが分かりやすいでしょうか。
主人公=B・N・F(ジェイコム男)みたいな。

「破産の影響」など、ダークな部分も絡めて描かれており、今後も目が離せないアニメです。

あとがき
特に評価されなくても、注目されなくても、
できるだけのことをやろう。



それでは、また次の更新で。
■2011年5月8日 Come Again
          ________________________________
        ./ー ,,_,,____________________________
       ./    /     /: : : : : : : : :/: : :./: : : : : ::/: : : : : : : : : : : : : :イ: : : :|: : : : : :ヾ  
     /    /     ./: : : : : : : : : :ハ: : :/::/: : : : :/: : : : : : : : : : :ミ/ .|::|: : :i: : : : : : : i
  . /    /      ./: : : : : : : : : : / i: :/::/: : ::__/ \: : : : : :_;;ノ.  . |::|: : :|: : : : : : :ハ
  ./    /    ,, _/: :_: : : : : : ::/  .ヽi|i^|: : : 〃ん.ミ\>''       |/: : ::|: : : : : : :|::i
/    / __/   ~~   ヽ<ー-ム____>ヽ|/|: :i .{iin示ヾ.\ノ ,,≦ ̄_ |: : : ::|: : : : : ::/:::i
. ,,ニニニ--―'' ___ \ ̄ ̄''― ,,_ \.  \--ミ. | i: :| 弋;;ソ      ん示ソ : : :/: : : : : :/: : :|
/ (##ヽ   /   ヽ ||       ヽ== __\_  |:::|         .{iin/ ./: : :/: : :/i: :/: : : ::|
ヽ_ ノ   ii   .//.‖       i   }}--}コ \ .V.|ヾ      l   .// /.i: : :/./Λ : : : ::|
   >   .ヽニニ./.〃       ノ   ノ ./ノ  .} 〉い}   /⌒i   彡 / / /:/.// .Λ: : : ::|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          こ の 跳 び 箱 が 防 弾 じ ゃ な か っ た ら

                と っ く に あ の 世 行 き よ


何と秘封倶楽部復活ということで。
シングルですが、明日ハレの日、ケの昨日のアレンジがあるそうです。
この曲は原曲の時点でも相当いい曲ですからね。
物販で流れるかどうかわかりませんが、もし流れるようであれば吶喊しようかなと考えています。

雑記
緋弾のアリア 第1話〜第4話
見始めました。
全体的に王道アニメですが、主人公豹変など色々なギミックがあって面白いですね。
キャラクター原案がこぶいちということで、女の子は皆可愛いです。

・この跳び箱が防弾じゃなかったらとっくにあの世行きよ
・私、絶対に犯人を八つ裂きにしてコンクリ…じゃなくて、逮捕するよぉ〜〜〜!
・中に誰もいませんよぉ!
など、とんでもない台詞やパロディをやってくれています。

第4話で武偵殺しと絡んで物語が大きく動き始め、今後の展開にも期待です。

原作改変があるようですが、そう考えると未読でよかったなと。
そこら辺を気にしてると、楽しめるものも楽しめなくなってしまいますね。

ここまでの今クールアニメ評価(満点:5、中央値2.5)
あの花 4.75
強烈にノスタルジックを誘うアニメ。
1話完結でもよかったくらいの出来のため、中弛みで転ぶ可能性も。

C(シー) 4
タツノコプロ製作の、金融街(裏世界)での経済をモチーフにした戦いを描くアニメ。
これからさらに面白くなりそう。

日常 3
あずまんがやぱにぽに等の感じでありながらシュールさを追求したアニメ。
2クールのためかなかなか話が進展せず、なの登校後が本領発揮か。

緋弾のアリア 2.5
王道系釘宮アニメだが、なかなか面白いギミックがあり楽しんで見られる。
4話で大転換があり、今後が期待される。

もしドラ 1.75
同名の小説のアニメ化。
アクは若干弱くなってはいたものの、テンポが悪い部分あり。

DOG DAYS -
(未視聴)

GOSICK -
(ヴィクトリカちゃん可愛いで終わってしまうため、視聴一時停止)

あとがき
原則として、哲学書は神様のメモ帳より読みやすいらしいということで。
本当は今日神メモの続刊を読もうと思ったんですけどね。


それでは、また次の更新で。
■2011年5月10日 ボーイズグラブザフューチャー
今日のおすすめ:森永れん乳モナカ濃厚
懐かしの甘さをあなたに。

雑記
野球談
まさかの「横浜同一カード3連勝」で湧くプロ野球。
舞軌内さんとこのタイガーマスクネタ(その60)が現実のものとなってしまいましたが、今年は本当に面白いですね。
周りでも、例年以上に野球の話が聞こえてきます。

気づけば、野球に関しての知識が膨大になっていました。
昔は知ったかぶりの知識でしかなかったんですけどね。
今や、解説みたいなこと言ってると言われる域に。

ただ単に、野球の人生観が好きで、そういったものをよく見ていただけなんですけどね。
その意識は、いまだに生きてます。

どのチームが勝てばいいとか、あまり気になりません。
どんどん個性的で面白い選手がで、面白い試合が増えればいいなと。
最近の関心は、そこにあります。

Twitter化とついていけない人(わたし)
いろいろなサイトがTwitter化していることに気付きました。

それによって、普通の更新が止まったサイトも少なくなく、
サイトを放置していると思い込んでいたら、実はTwitterという蟻地獄に引きずり込まれていた、というのが本当に2、3人どころじゃないんですよね。
この感覚は、ブログ化の時に感じたそれと実に似ています。

個人的には、まあリアルじんたんの類いですから、ネット上でも即時に人と繋がることが不得手で、そういったものに手は出せていません。
ただ、このつぶやき大流行の中で、情報が一つ一つが軽くなってしまっているような、不思議な感覚に囚われます。
一日一回限りの、魂を持った日記が各所で更新されていた頃とは、やはり時代が変わったんだなあ思います。

変わらないことが特長にもなりうる世の中で、サイトのデザインは変えてもフォーマットを変えるつもりは全くないので、このまま「ブログ以前に縛られたタグ打ちサイト」でいいやと。

ニュース
NHKで「エロゲ」特集wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww:【2ch】ニュー速VIPブログ(`・ω・´)
いやあ、とんでもない特集をやりやがったもんで。

あとがき
BGM:Alchemy



それでは、また次の更新で。
©2006- kazahana all rights reserved.