Diary 過去ログ(2011年4月1日〜2011年4月10日)
| 1日 2日 3日 4日 5日 6日 7日 8日 9日 10日 | << | 過去ログ | >> | TOP |
■2011年4月2日 日本オーケストラ
更新する気力がなくなり、
エイプリルネタを忘れ、
サイトをやっていることすら一瞬忘れてました。
そんな年度末進行が解消になったので、久方ぶりの更新です。

まあ、それだけ電気を使っていないということで、ここはひとつ。

雑記
雑多な話
地震後のゴタゴタで、なかなか撮りためていた番組が見れていなかったり。
放浪息子とGOSICKがまだ消化できていません。

春クールの番組も開始が軒並み遅くなっているようです。

そういえば、既に見終わった相棒や外交官黒田康作も、感想とか書いてませんでしたね。
まあ、双方ともそれなりという感じだったので、特筆しなくてもいいかなとは思っていますが。


そして、災害関係ではJR西が間引き運転を開始。
九州では電力が足りなくなるという可能性もあるようで、災害の影響は全国に広がっているようですね。

募金したからえらいとか、募金しないから冷酷だとかはありません。
自分ができることで、何かすればいいのだと思います。

ニュース
エロゲブランド・チュアブルソフトが震災の影響で存続の危機 :にゅーあきばどっとこむ
タイミングが悪かったですね。
災害を扱っているあたり、かなり挑戦的なメーカーで嫌いじゃないタイプですけれども。

初めてエロゲをプレイしたときにありがちなこと あしたがみえない
65 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2011/03/26(土) 04:22:20.73 ID:UbPP2CG10
泣きゲーだとその作品が自分の中で美化される
これはありますね。
私もそのパターンでここまでSNOWを引きずっています。
物語を読むのが好きだったこともあり、エロゲを物語と見ることができたことはよかったなあと。

あとがき
「頑張れ」より、「大丈夫」がいい。




それでは、また次の更新で。
■2011年4月3日 たったひとつの冴えたやり方
「きっついなあ…」と思う時こそ、物語が救ってくれます。
犯罪の原因としてやり玉に挙げられることもありますけど、
それ以上に人の命を救っていると思いますよ、物語ってやつは。

雑記
読書評 「神様のメモ帳」杉井 光
もう、私には「いいタイミングでいい作品に出逢う程度の能力」があるとしか思えません。


今回の作品は、「神様のメモ帳」。

読もうと思ったきっかけは、2007年に書かれたこのレビュー。
 神様のメモ帳 評価 9/10 涙と勇気の物語::レビログ
当時、読みたいリストに入れたものの、結局読むことがなく。
それから何と4年が経ち、何かの縁があって読むことになりました。


読み始め、まさに1ページめで心を射抜かれました。
何故かというと、そこに引用されていたのが、”21世紀版アルジャーノン”と言われる「たったひとつの冴えたやり方」(私は未読)。
つい先日「アルジャーノンに花束を」を読破した私としてみれば、何かの因果を感じられずにはいられませんでした。
ちなみに、この「たったひとつの冴えたやり方(英語:It's the only NEAT thing to do.)」という言葉は、物語の重要な要素としてたびたび登場します。


あらすじを一言で言ってしまえば、高校で「ぼっち」状態に陥っていた主人公が、色々な縁があって”ニート探偵”の手伝いをする、という話ですが、
一言でいってはいけないんじゃないかと思うほど、様々な要素が盛り込まれています。
「探偵がヒキコモリ美少女」など、いかにもオタクが食いつきそうな要素はあるものの、それは言わばカモフラージュ。
なんというか、ラノベであってラノベではないんですよね。
ラノベという範疇にくくってしまうには、あまりにもったいない作品です。


特筆すべきは、話の構成力の高さとと驚くほどの現実的な描写。
主人公の内向的な面は、まるで私をどこかから観察して描かれているんじゃないかというくらい、「そのとおり」なんですね。
ヒロインに「人と話す時に壁を作っている」と指摘される場面では、心臓をぐっさり串刺しにされたような気分でした。
そんなダメダメな主人公にかなりシンクロして物語を読み進めました。

この物語は、中盤過ぎにある一つの真実にぶつかります。
悲しいけれども、私もそう思いました。
でも、それでも。

基本的に内向的な選択肢を取る主人公ですが、
終盤、まさに「窮鼠猫を噛む」といえる行動をとるのですが、これが実にいい。
勇気をもらいました。



ネット上で言われていたことですが、決して大衆受けする話ではないと思います。
ただ、ある一部の層には、見事なまでにクリティカルヒットする作品です。
また、環境によってもヒットするかもしれません。
特に社会人一年目を終えた、私のような状況に置かれている人とか。
学生の場合はニート化を奨励しそうでちとお勧めできませんが。


ちなみに、アニメ化が決定しているそうです。
下手すると劣化GOSICKになりかねないので、ていねいにゆっくり書いて欲しいですね。



生き様について考えるきっかけをくれる、いい作品でした。
さあ、皆も声高々に叫ぼう!
"It's the only NEET thing to do."

放浪息子[終] 放浪息子はどこまでも続いていく・・・
実にいい最終回でした。

地震の影響で、どうやら10話と11話がくっついたようで、
最後2話どうまとめるのかなと思っていたんですけれども、
非常に良い形でまとめられていました。

感情表現の振れ幅が高いわけではありません。
しかし、その描写力はずば抜けたものがあり、
淡い背景の中を、丁寧に、丁寧につくられた作品でありました。


この作品は、ゴルゴ31さんがプッシュしていたこともあり、名前だけは知ってたんですよね。
特に見る予定はなかったものの、何かまったりした作品が見たいと思って録画リストに放り込んだのがこのアニメ。
その選択、大正解でした。
本当に、今の時代では滅多に見ないくらい安定してみられるアニメでしたね。


確かに人を選ぶアニメではあるんですけれども、
この作品にハマった人は本当に幸せ者だと思います。

関連:『放浪息子』12話最終回感想 素晴らしいアニメだった:萌えオタニュース速報

あとがき
物語は日本を救う。




それでは、また次の更新で。
■2011年4月5日 beautiful flower
時間はないのですが、ある歌を聴いていて、今の日本に必要なワードだなあと思ったので、書いてみます。


挑むべき戦場のこの時代を
 可能な限り進んでみよう


   (美郷あき『beautiful flower』/D.C.U〜ダ・カーポU〜)




それでは、また次の更新で。
■2011年4月6日 上海紅茶館を聴きながら
週の途中ですが、こういう時こそリラーックスが必要ですよね。
肩の力を抜き、深呼吸をして。
さあ、新しい明日へ向かって、一歩前進。

雑記
公務員の道 第15回
私はとにかく突っ走る癖があります。
稟議制を取り、ハンコがなければ何もできないこの業種としては、いささかアブナイタイプですね。

なかなか自分の適性が何かよくわからないところですが、見極めていきたいですね。
どのレールの上を走りたいのかもふまえて。


まあ、道無きところにレールを勝手に敷いてしまいたいくらいですが。

あとがき
回復方法は人それぞれ。





それでは、また次の更新で。
©2006- kazahana all rights reserved.