Diary 過去ログ(2011年2月21日〜2011年2月28日)
| 21日 22日 23日 24日 25日 26日 27日 28日 | << | 過去ログ | >> | TOP |
■2011年2月22日 彩り
相変わらず毎日夜空を見上げ続けてます。
オリオン座の位置がいつの間に関わってました。
すっかり忘れていましたよ、星が動くことなんか。

小学校の理科レベルの話に感動する年頃になりました。

雑記
公務員の道 1
モチベーションを保つために、こんなコーナーを旗揚げしてみます。
なんかもう、こういうことをやらないと、持ちそうにありませんので。


働き始めて初めて分かる、仕事の大変さ。

自分だけで完結する仕事なら、問題ないんですよね。
そのための残業ならいつまでもできるわけで。

でも、自分だけで完結する仕事って、ほぼありません。
人に聞いたり、お願いしたりしないと、現実の仕事は進みません。

まさに、関係の上に成り立っているんですよね。
だから、コミュニケーション能力が大切だとか言われるわけです。

私は別に、コミュニケーションが「最も大切」だとは思いません。
やる気、真面目さ、真摯さのほうがよっぽど大切だと思います。
でも、関係を良好にすることも、多少なりとも必要なんだろうなあと思います。

しかし、そこが、私の最も弱い部分なんですよね。


毎日、覚えること、考えることばかりです。
三歩進んで二歩下がるの繰り返しでいいから、前に進みたいですね。


人生はワンツーパンチ
汗かきべそかき歩こうよ
あなたのつけた足跡にゃ
きれいな花が咲くでしょう



うたばなし(1) 愛は花、君はその種子
おもひでぽろぽろ「愛は花、君はその種子」より。

AIRの「青空」と、出だしがほぼ同じと言っていいでしょう。
おそらくオマージュだと思うのですが、
青空のアレンジが流れてきたなあと思ったら、この曲でした。


実はおもひでぽろぽろを見た記憶がないんですよね。
子どもの頃、冒頭の戦争の描写が嫌で嫌で、結局見ずじまいでした。

うたばなし(2) オンナのコ オトコのコ
スクールランブルのテーマだったこの曲。
歌:小倉優子。

電波曲といえばそうなのですが、
詩が正論なんですよ。

この世でいちばん 大切なコトは
ぜったいハズしちゃ いけないことはね
やっぱりタイミング だと思うでしょ


本当に、タイミングって大事な要素ですよね。

あとがき
昨日日記を書いていたら寝落ちしてしまったので、内容を今日の日記にスライド。
疲労には逆らわないようにします…



それでは、また次の更新で。
■2011年2月23日 モノクロな毎日
きつい時は馬鹿っ話がいいですね。

雑記
公務員の道 2
帰ろうと思いながら書類をパラパラめくっていたら、
至急やらなければいけない仕事に気付いて、必死こいて下準備をして帰ってきました。
いやあ、ヒヤリハットというわけではないですけど、たまにこういうことがあるから怖いですね。

それにしても、去年の6月くらいの仕事の精度が酷い。
働き始めで必死だったとはいえ、やっぱり青二才でしたね。

もうあのレベルになることはないと思うのですけれども、
今がそんなに出来るかといえば、そうではありません。
本当に、できるようになりたいですね。

いろんなもののキャッチコピーを考えよう
エセ糸井重里を目指そうということで。

SNOW … これは、白銀の世界が織りなす、はかなく温かい物語。

あとがき
新海誠の映画までには何とかしたいものですな。



それでは、また次の更新で。
■2011年2月24日 赤黄色緑
「子ども手当法案が審議入り」が「予算案が幻想入り」に見えました。
しゃれにならんですよ、ホントに。

雑記
公務員の道 第3回
なんかしっくりこないなと思っていたら、そういえば、過去のナンバーの付け方は「第○回」でした。
うん、これでしっくりきました。

とはいえ、何か書こうと思っていたものの、その内容を忘れました。
何やってるんだか…。


段取りって、やっぱり大事です。
私がここ最近まで苦しんでいたのも、その段取りが主な原因でした。

仕事に関してスケジュールを組みたがらなかったんですよね。
主な理由は2つ。
1 先の嫌なことを見たくない
2 先が見えてる仕事なんて面白くないじゃないか

・・・あほですね(cv榎津まお)。


実は、先を見ないふりをすることのほうがよっぽど大変になるわけで。
しかも先が見えない仕事よりも、先を見据えて、その上で改善するべきところはして、新たなことができそうだったら試してみることのほうが、よっぽど楽しいのです。


まあ、私はまだまだ全然仕事できないんですけどね。
ほんの少しだけ成長はしたのかなと思います。

名塚佳織が結婚
名塚佳織が結婚だそうで、おめでとうございます。
この人はどのアニメであっても名塚さんだとわかる特徴的な声をしていて、結構好きでした。

K's StationのKomaさんが書いてましたけど、デビューがだぁ!だぁ!だぁ!だったのですね。
当時はそれほど印象がなかったので、努力の人ということでしょうか。

印象があるのはやはり「エウレカ」や「ギャグ日和」あたり。

【声優】名塚佳織さんが公式ブログで結婚を報告!(舞軌内雑筆店)
おおむね温かい反応なのでよかったなあと。


というか、まだ25歳とは・・・
世間的にもかなり早い方だと思います。

焦りますね、相手すらいないけど

黄昏のシンセミアがきになる
何だこのピンポイントで突いてくるようなゲームは。
というわけで、ネットをサーフィンしてましたら、黄昏のシンセミアにぶつかったわけで。
いや、この歳になるとなんか田舎っぽくてミステリアスなゲームっていいなあと思うわけですよ。
ただしドロドロねちねちしたのはお断りしますが。

ニュース
『侵略!イカ娘』2期きたー!?もう何がなんだか分からない:萌えオタニュース速報
これは夏まで生きられそうです。

よつばと!みたいな感じに見えます。

あとがき
:.ゝ,く:.Y   ヽ|.:.:.:. :  l:.:.:.l/:.:.:.:.:.:/ //ヽ }: :.:.:./ヽ: .:.:.:.:.l |:.|
:.:.ハ:.:.{ Y⌒ l:.:.:.:. .:.  !:.:.l:.:.:.:.:  ´ /´   〉:.:./:.:.:.i: .:.:.:.:l  !:l
:/ ハ八乂_.  !:.:.:.:. :.:  l:.l ´  ≧x.._   /:/:.:.:ハ:l!:.:.:.:.リ  l:!
l l:.:.Zヽ  ヽ.l.:.:.:.:.:.:.:. i!       `ヾミ / ' ハ: :/  !}.!:.:.:/  リ
l l:.:.:X:.:.ゝ-、 l.:.:.:.:.:.:.:. l               {/  /' ! /  /
ヽ′:.:.X:.:i:.:i:l !:.:.:.:.:.:.:.:.ム           丶    }/
:.:.:.:.:.:.: :ヾ:.:l:.l:l  !:.:.:.:.:.:.:.:.ム                 >  /'
:.:.:.:.:.:.: :.:. :l:l:!   !:.:.:.:.:.:.:.:.ム       _    .イ        背骨が折れた時…?
:.:.:.:.:.:.:  :.:.:.:l!   !:. :.:.:.:.:.:. ハ       /:.ヽ>-'
、.:.:.:.:.:.:.  :.:.∧   !.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ     (::}:.:ヘ
: 、:.:.:.:.:.:.  : ∧   !:.:.:.:.:.:.:i:.:i       } ヾ:ヘ            考えたくもないわ!!
: :.\ :.:.:.:.   :∧  l: : :.:.:.:|i l     /´: .:ハ:.ム
、:.:.:.:.\: .:.:.   ム  l:i:.:.:.:.:| !l:.   _ハ: : :.:.l i:i
-\:.:.:.:.\.:.:.   ム 从i:.:.:.:! |!:.:ハ  ハ:.:.:.:.l |:!
:.:. : \:.:.:.:.\:.:.   ム } | : / :|! i:.:!  ∧: : l |!
: : : : : :\: .:.:ヽ .:.  ハ ト.! /:.:ノ' ハ |    ',:.リ/
:. :. : : : : : : 丶: ヘ`ヽ ハ: }'≧x:/ }!    }'
: : : : : : : : : : : : `\:ヾ:!: : \ \ノ      !






それでは、また次の更新で。
■2011年2月26日 彼岸帰航
久しぶりに自転車に乗りました。
やっぱりいいですね。
私の性格に実に合っている乗り物です。


―自転車(チャリ)は走る
ぼくらと想いをのせて
歯車を回すその力は、どこからあふれ出てくるのだろう―

雑記
死にゆく妻との旅路
映画化する話だそうで。

あらすじをちょっと調べてみたところ、私のバイブルと流れが同じところがありまして。
高橋先生、この話知ってたのかもしれないなあ…

法律的な所を無視すれば、個人的にはすごく羨ましいです。

放浪息子 第6話
放浪息子は僕らを何処へ放浪させるのか。
今回も放浪息子は安定でした。
あの雰囲気が大好きでたまりません。


今回はかねてから懸案事項となっていた文化祭の回。
ものすごくいい話になってましたね。
青春だなあ、とため息が出るほどでした。
千葉さんのツンデレっぷりも大好きです。


そして、どこにでもあるような感じの曲ではありますが、OP曲が好きだったりします。

相棒Season9 第16話「監察対象 杉下右京」
設定がいろいろごちゃ混ぜの回。

警察内の陰謀で終わっていればまだよかったんですけれども、
一介の監察官が、神戸の過去まで調べ上げてやる話じゃなかったような気がします。


色々評価はございましょうが、お世辞にも「まとまっている」と言える話ではありませんでした。
捉え方としては”ネタ回”でよろしいのでしょうか。


さて、来週は陣川警部補が再登場。
最近出過ぎです。
下手すると神戸の後の相棒になるんじゃないだろうか。

ニュース
よっちゃん食品工業から、イカ娘のコラボ商品を提案した方のもとへお礼のメールが届く(舞軌内雑筆店)
いつの間にかとんでもないコラボが発生していたでゲソ。
そして第二期おめでとうございます。

<プロ野球>日ハム斎藤、オープン戦初登板 ピンチ切り抜ける (毎日新聞) - Yahoo!ニュース
そこはかとなく悪い予感が。
三振なしで皆打ち上げられているようで。

村沢4位、柏原は14位=女子は新谷が初優勝−福岡国際クロカン (時事通信) - Yahoo!ニュース
クロスカントリーよりも「海の中道」のほうが琴線に触れてしまったようです。

あとがき
:.ゝ,く:.Y   ヽ|.:.:.:. :  l:.:.:.l/:.:.:.:.:.:/ //ヽ }: :.:.:./ヽ: .:.:.:.:.l |:.|
:.:.ハ:.:.{ Y⌒ l:.:.:.:. .:.  !:.:.l:.:.:.:.:  ´ /´   〉:.:./:.:.:.i: .:.:.:.:l  !:l
:/ ハ八乂_.  !:.:.:.:. :.:  l:.l ´  ≧x.._   /:/:.:.:ハ:l!:.:.:.:.リ  l:!
l l:.:.Zヽ  ヽ.l.:.:.:.:.:.:.:. i!       `ヾミ / ' ハ: :/  !}.!:.:.:/  リ
l l:.:.:X:.:.ゝ-、 l.:.:.:.:.:.:.:. l               {/  /' ! /  /
ヽ′:.:.X:.:i:.:i:l !:.:.:.:.:.:.:.:.ム           丶    }/
:.:.:.:.:.:.: :ヾ:.:l:.l:l  !:.:.:.:.:.:.:.:.ム                 >  /'
:.:.:.:.:.:.: :.:. :l:l:!   !:.:.:.:.:.:.:.:.ム       _    .イ        背骨が折れた時…?
:.:.:.:.:.:.:  :.:.:.:l!   !:. :.:.:.:.:.:. ハ       /:.ヽ>-'
、.:.:.:.:.:.:.  :.:.∧   !.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ     (::}:.:ヘ
: 、:.:.:.:.:.:.  : ∧   !:.:.:.:.:.:.:i:.:i       } ヾ:ヘ            考えたくもないわ!!
: :.\ :.:.:.:.   :∧  l: : :.:.:.:|i l     /´: .:ハ:.ム
、:.:.:.:.\: .:.:.   ム  l:i:.:.:.:.:| !l:.   _ハ: : :.:.l i:i
-\:.:.:.:.\.:.:.   ム 从i:.:.:.:! |!:.:ハ  ハ:.:.:.:.l |:!
:.:. : \:.:.:.:.\:.:.   ム } | : / :|! i:.:!  ∧: : l |!
: : : : : :\: .:.:ヽ .:.  ハ ト.! /:.:ノ' ハ |    ',:.リ/
:. :. : : : : : : 丶: ヘ`ヽ ハ: }'≧x:/ }!    }'
: : : : : : : : : : : : `\:ヾ:!: : \ \ノ      !

                      __
                   .  ´     `丶、ー-  、
                      /            \   \
.            / 〉'〉'}/ .  -―――-  、   ヽ     \
              / / / /〉/: : : : : : : : : : : : : : \   }  .//
            /    /'7: : : : : : : /\:_}_: : : : : \  //
          /    / /: : : 、 : : : :!/´ヽハ`: : : : : : \/|
        _,{  } /´ / : : ,:斗\ :|  ,x≠ミ、 : : : : }: : i:ヽ!
       /: :廴_/、: :/: : |,x=ミ、|    fしハY:, : :∧: :| : |
.       { : : : : : : : : } : : : :〃 f_,ハ     弋tり |∨ |r∨ : |
       \:__;/\ : :从 弋り          | : : |ノ:| : : .
         |   {    \{ヽ      '  ヘ  | : : |: : :,: : : : 、
         |    ,      :! : :'.    く  .ノ  ,| : : | : : : 、: : : :\  背骨なんかなくたって大丈夫でゲソ!
         |   }      | : : :丶. ___ / | : : |___ : \: : : :\
         l   /丶.    | : : :|  |: : :i : : : :}  | : : |〃⌒ヽ: : \: : :
        ヽ.     `  | : : :|_|_:|:_,x=ノ |: : !′    ': : : :\
          丶、    / : : /    〃:||   /| : : |       :,、: : :
                `丶/ : : /  \ {{ |l /  :| : : | ヽ     '.\:
              / : : /`   ;-/  |l/   :| : : |   :,     :,
             / : : /    //          | : : |:   ハ     '.
          __,/ : :/    /: {     |   /: : / ヾ=' ,ハ
       /: : : : : :/    ./ : : }    __!__/: : /     } : i'.
      _,/: : :/ ̄     /: : : /     /: : : : : /      ,': : | ∨
    |: : : : :/        :| : : : /   _/: : :/ ̄      /j: : :|/
    |: : : : |        _|: : :/   |: : : : :|   |   / /: :, '
       ̄ ̄        | : : /   _|: : : : :|   |  / /: , '     //
<´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ      ̄ ̄,.――x: ⌒ン'     / 〈:
  \                      ̄ ̄/ニ´  {: : : :{   /|_,/:
( O ) ヽ                     とニニ .  '、 : : `ー':}: /| : : : : /
\    ',                        ` ー\:__;ノ :i :|: : : : :|
ヽ ヽ    i                  ,. -―      }――┘  ̄ ̄
 i  |    |              /           / ̄` ー- 、
 |  |    、            /                     \
  、 、   \
  ヽ \ ( O )` ー―一  ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶、










それでは、また次の更新で。
■2011年2月27日 けえかほおこく
タイトルでビビっと来たあなたは同志。
ごきげんよう。

雑記
読書評 アルジャーノンに花束を - ダニエル・キイス
名前だけはそれこそ小学生のころからよく聞いていたし、図書館通信のような媒体でもよく名前を見た本でした。
でも、読む機会がありませんでした。
いわゆる『愛をこめて花束を』のような話だと思っていたんですね。
そうしたら全然違いました。

基本的に私は海外文学を読みません。
おそらく、H.G.ウェルズの「タイム・マシン」以降、10年ぶりくらいじゃないかと思います。
そして内容的にも、何となく近いものがあるような感じでした。
全然違うんですけどね。


最初から最後までが見事な演出なので、内容についてはあえて書きません。
好きだったシーンは、逃避行を始めるあのシーン。
開放感に心が躍りました。
そして、最後の一文で、見事に大泣き。

ちなみに、邦題は「まごころを君に」というのですが(エヴァンゲリオンのタイトルもここからきている)、
この題名の付け方も秀逸ですよね。
この”君”というのが誰なのか、
自分なりの答えにたどり着いた時、ハッとさせられました。
動きに動いたこの物語の結末は、そこにあったんだと。


特筆すべきは、この話は1966年の作品なのですが、この一連の流れがいろいろな物語に生きているということ。
個展を調べてみれば、同じような題材を扱った話はあるのかもしれませんが、
最も有名なのがこの作品ではないでしょうか。
本当にいろいろな話で、この流れはありますよね。


色々考えさせられた本でした。

GOSICK 第7話
長引くかと思ったこの話も、いきなり終わってしまいました。
後半はなかなか良かったです。
というか、なんで警部とかはあそこで助けなかったんでしょ。

やっぱり、アニメでぎゅうぎゅうに押し込めている関係もあって、進行が早いという感は否めませんね。
桜庭一樹作品なので、たぶん、人物の設定ももっと複雑なはずなのですが、
ヴィクトリカのキャラクター設定なども、パターン的なものになってしまっている感じがあります。

外交官 黒田康作 第7話
さぁ、面白くなってまいりました。
話が繋がり始めたためか、話のテンポが断然違いますね。
最初のゆったりペースが嘘のよう。

織田裕二と柴崎コウがメイン。
これはその通りなのですが、実際ドラマを見ていて目立つのは、その他の役者だったりします。

とはいえ、甘いなあと感じるところもあります。
せっかくの織田ドラマなので、もう少しだけわかりやすく、しっかりした構成をして欲しかったなあと。

冬のサクラ 第6話
流れが一気に反転しましたね。
この反転は小気味よかったです。

最初思っていた話とは、だいぶ違いましたね。
メインで描かれるのは、どんどん記憶がなくなっていくことや、祐と萌奈美の恋路だと思っていたのですが、
結局萌奈美が一番大切なのは娘で、病気に関しても頭痛が主なもの。
草gは、大変な人のもとに現れた、「デウス・エクス・マキナ(=機械仕掛けの神)」的な人と言った方がしっくりきますね。

この作品は、場面転換が急ですね。
そこでわかりづらさが増しているような感じがします。

この話は、どこへ向かうのでしょう。
結末は予想できますが、そのプロセスがわかりません。

ニュース
毛の再生、マウスで成功=脱毛症の自己移植治療に応用へ―東京理科大 (時事通信) - Yahoo!ニュース
アルジャーノンを読んだ後だときついニュースです。

カトゆー家断絶、リニューアル間近! - さまざまなめりっと(明日は明日の風が吹く)
ブログ化でしょうか。
遂に時代の波が押し寄せてきましたね。
カトゆーさん効果で、多くの個人サイトがブログ化するかも。

そういえば、カトゆー家断絶の元ネタって「カロリング家断絶」じゃないかなあと思ったり。

あとがき
がんばろう。




それでは、また次の更新で。
■2011年2月28日 WORKerXXXHOLiC
体調崩し気味ですが、張り切っていきましょう。

雑記
公務員の道 第4回
びっくり市民ランナー!公務員の川内 3位で世界切符 (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース
いやー、公務員の誇りですね。

意外と公務員には多彩な人が多かったりします。
公務員から転職した人では、
「ダイワマン」でおなじみ俳優の役所広司、
(役所に勤めていたから芸名が役所広司になった)
「ひぐらしのなく頃に」でおなじみ作家の竜騎士07、
(本人談「『ひぐらし』での沙都子への虐待における児童相談所の対応は、職員研修に使ってもいいんじゃないかというくらい、リアルにできている」)
公務員からお笑いに転身し、今度は議員となって戻ってきたとプリティ長嶋など。

本当に、いろんな人が集まりますからねえ。
驚くような人ばかりですよ。
ある意味社会のるつぼなのかもしれません。

あとがき
歌で復活しました。




それでは、また次の更新で。
©2006- kazahana all rights reserved.