Diary 過去ログ(2011年2月1日〜2011年2月10日)
| 1日 2日 3日 4日 5日 6日 7日 8日 9日 10日 | << | 過去ログ | >> | TOP |
■2011年2月2日 哀悼式
今日、マグカップを割りました。

ただのマグカップだったらよかったものの、このマグカップ、10年以上使っているものだったんですよね。
最初はデザインが気に入りませんでしたが、使い続けるうちにあれよあれよとここまでの人生の半分以上を共に過ごしてきました。

ここのところ、へとへとで帰ってきている状態だったので、いつかやらかすかなあと思っていたのですが、
幾度となく落とし、これまでは何とノーダメージで乗り切ってきたもんですから、
まさかこの”皿”を最初に割るとは思ってもみませんでした。

それが最後は見事に真っ二つ。
ショックはありますが、すがすがしい最期でした。


物持ちの悪い私にしてみれば、ここまで長く使ったものも数えるほどです。
まあ、壊れた後にむしろ長く使うことがあるという変な持ち主ですが。

皿が割れたら仕方ない。
新鮮な気持ちで明日からリスタートしましょうか。


お疲れさまでした。

あとがき
みさか祭りをやっている方もいますが、
ということはそろそろ「あんまん祭り」の季節です。



それでは、また次の更新で。
■2011年2月3日 着信ナシ
今日一日携帯電話を家に忘れたままだったのですが、
帰ってきて着信を確認したら、親しい友人からのメール一通のみでした。

そのメールがいい内容だったので、特に気にはしませんでしたけれども、
いかに私の交友関係のつながりが希薄かがよくわかります。

雑記
ネットの日々
いつのまにかサイト巡回がぱったりと止まりました。
去年の10月くらいまでは、土曜あたりにまとめて見ていた記憶はあるんですけどね。
流石にニュースも一週間となると、相当の分量があるわけで。
12月に立て続けに旅行に行ったあたりから、めっきりチェックしていません。

そんなこんなで、いつの間にかネットに疎くなってしまいました。


ちょっと前に宣言したような気もしますが、もはやこのサイトにニュースサイトとしての価値はなくなりました。
特に文章がうまいわけでも求心力があるわけでもない。
ただの日記です。

でも、それでいいような気もします。
このご時世、「アクセス」なんてものに価値はなくなり、普通の人ですらミクシィや携帯サイトで日記を更新しまくっているのが現状です。
私の場合、それがかつてちょっとはにぎわった所にある。
それでいいんだと思います。



こういった話は、前から書きたかったんですけれども、
「更新できないはいいわけ」という趣旨の記事が出てからどうにも書きにくく、時間がかかりました。
いろいろ意見はございましょうが、今回はそういった視点は取っ払って欲しいです。

ニュース
組曲「懐古」 FLASH、電波、たまにアニソン ‐ ニコニコ動画(原宿)
この更新にぴったりなメドレーです。

詳しいセットリストは組曲「懐古」 FLASH、電波、たまにアニソン (sm2587500) - ニコニコ大百科を参照。
懐かしいものばかりが並んでいますね。
だいたいリアルタイム直撃。

あとがき
当時はずいぶん無駄な時間でも、後になって有益になることもあるんだなあ。



それでは、また次の更新で。
■2011年2月4日 特に長けたところ
リアルで「外交官 黒田康作」における柴崎コウみたいなポジションにいる風花です。

雑記
メールの返しとか
とある人が「メールをすぐに返さないのは学生だなあと思う。社会人ならすぐに返す」と言っていましたが、
別にプライベートならどうでもいいと思うんですけれども。
現代は何もかも気っちりを求めすぎじゃないかなあと。
きっちりだらけはどこかで破綻を生みますよ。

まあ、メールがこない人にはあまり関係のない話です。

4320ミニッツの青い海
今年のゴールデンウイークは、5月の3,4,5日が火曜から木曜なので3連休なのですが、
月曜と金曜に有給を取れば、4月29日の昭和の日から5月8日までが休みとなるので、
ある意味超大型連休だ、と言われています。

しかし、それは有給が取れる人の理論。
おそらく下っ端はそんなの取れないのです。

というわけで私のゴールデンウイークはおそらく3連休。
この限りある休みをうまく使ってどうにか旅行へ行けないかと画策しております。
こういうときに、やっぱり地理的な不利が明るみに出るんですよね、むぅ。

ニュース
フルボイスを切った勇気(舞軌内雑筆店)
声優云々言っている輩としては不謹慎ですが、ゲームに声がない時代のほうが頭の中で声が作れてよかった、というのはありますね。

あとがき
前向きが一番です。



それでは、また次の更新で。
■2011年2月5日 書きたがり(サヴァン)症候群
こなたよりかなたまででも「思いどおりに生きるのは難しい」という独白がありましたが、
人生はおろか、今日一日を思いどおりに過ごすのだってとても難しいですよね。

平日は辛い辛い言いながら、あんなに週末が待ち遠しいのに、
実際になってみれば、何の気なしに終わってしまいます。
まあ、仕事自体が嫌なわけじゃありませんけどね。
むしろ人間関係。


久しぶりに何か「発明」したいなあと思ったり。
基本的に私の気質は「発明者」のような気がしています。
”オレ流”に近いところがありますね。
仕事でも、普通の人はしないような手法を用いたりしているものですから、
トリッキーさは、あまりよく思われていないでしょうね。

まあ、いいんです。
そんなのも行政の中にいないと。

雑記
野球に見るバランスの良さ
最近、プロ野球に対する興味が若干薄れてきたのかなあという感があります。


とは言いながら、実は去年プロ野球観戦デビューしたりしています。
舞軌内さんには申し訳ないものの、なんと横浜が勝った試合。

その試合を見て思ったことに、
野球って、どちらかのチームに肩入れして応援することが原則なんだけど、
どちらの立場でもなく中立で見るのが一番面白いんじゃないか、
というのがあります。

私はファン球団は中日なんですけれども、その試合を見てからですよね、あまりそういったことを意識しなくなりました。


高校野球が面白いのは、もちろん負けたら終わりの真剣勝負だということもありますけれども、
普通に見る分については、特にどちらにも思い入れがないからなのかもしれません。

うっちゃらないように
春場所が中止されるかもしれない時代となり、大揺れの相撲ですが、
個人的には中止でいいんじゃないかと思います。

高校野球だって、不祥事があったらそれは出場停止になるわけですし。

懐かしき記憶
ズッコケ三人組のハカセは「トイレだと頭の回転がよくなる」という特異な性質を持っていますが、
私はどうやら「お風呂だと頭の回転がよくなる」ようです。
・・・プロフィールに追加しておきますか。



話は変わりますが、喜多村英梨ってズッコケ三人組の圭子役でドラマ愛の詩に出ていたんですよね。
私は当時からズッコケ好きでしたから、毎週見ていたことになりますねえ。
というか同い年ですか。
頑張ってほしいものです。

外交官 黒田康作 第4話
今回を見て、
・霜村は新犯人ではない
・11年前の事件に何か瑕疵がある
んじゃないかと思い始めました。

まさかのランカが出てきたり、トンデモ展開もあるドラマですが、
4話になって、やっと物語がある程度の形を見せ始めたかな、という感じです。
ただ、やはり話を間延びにしている気もして、「2時間半くらいでまとめればいいのに」という感はぬぐえません。


それにしても、BGMとしてTime to say goodbyeは反則ですよね。

相棒Season9 第14話
右京さんがおかしいくらいにスーツについて知識を拾いしていたり、
「おい、俺のは替えズボンがついてるんだからな!」
「係が違うもので」
「本当に5秒でしたね」
こういった迷台詞が飛びだし、ネタまみれだった前半は本当にどうなるかと思いましたが、
後半が人情味のあるものすごくいい話になっていてよかったです。
小松政夫、やっぱりうまいですよね。


派手さはありませんでしたが、いい回でした。

放浪息子 第4話
早くも今期アニメナンバーワンを宣言したくてうずうずしています。
もうニヤケが止まらんのです。
そして中学生の微妙な心理描写も素晴らしい。
このすれ違いが実にリアルなんだよなあ。

あまり派手さはありませんが、ものすごく良作ですよ。


ちなみにキャラクターでは千葉さんがストライクゾーンです。

ニュース
京都大学とは (キョウトダイガクとは) - ニコニコ大百科
「学園祭の統一テーマ」からがものすごくカオス。
『仕分けできないムダがある』は気に入りました。

あとがき
オムあんこ ‐ ニコニコ動画(原宿)
どんなに落ち込んでいても一瞬で元気になる、バカ専用の特効薬です。



それでは、また次の更新で。
■2011年2月6日 気を新たに
ズッコケ三人組とひぐらしのクロスオーバーSS、ズッコケ恐怖の雛見沢なるSSを見つけましたが、この出来が非常にいい。
世界観はひぐらしをそのまま使っていて、文体がズッコケというかなり異様なコラボなのですが、
これが見事にマッチしているんですね。

よく考えてみれば、ズッコケ三人組が過去に経験した出来事を組み合わせればひぐらしみたいなことにもなったりするので、
やっぱり凄いなあと思わされました。
「死神人形」とかは今考えてみれば結構合致する部分が。

雑記
10ヶ月経って「やる夫は公務員になったようです」を読み返す
就職が決まった後に知った「やる夫は公務員になるようです」。
働くのが辛くなった時に呼んだりもしていたのですが、
もう10カ月もたったということで、改めてしっかり読んでみることにしました。

読めば読むほどそうなのですが、このシリーズ、かなりリアルです。
地方自治体、どこもこのまま。
オプーナの件も、ないとは言えません。
この中に、私と似た感じで働いている人もいたりします。

人員削減が最も大きな理由だと思いますが、行政って疲弊しているんですよ。
その意味ではブラック企業というのも言い得て妙なのかもしれません。
ただ、「大変だから手を抜いていい」では駄目なんですね。
行政はある意味人の「ゆりかごから墓場まで」をサポートするお仕事。
事務屋風情が何をいうんだ、という感じではありますが、やっていることが書類の受け流しでも、それは人の人生に少なからず関係しているのです。

ワークライフバランスなどもありますが、せっかく「真面目」な性格に生まれたので、
それは生かさないといけないかなと思います。


ちなみに、私は性格的にはやる夫タイプですね。
仕事に真正面から向き合い過ぎているきらいがあるので、そこはちょっと気をつけながらやってます。
まあ、仕事ができないというのが違うところでしょうか。

GOSICK 第5話
羽根の描写がエウレカっぽいなあと思いながら。

推理物のはずなのに、一瞬で推理が終わってしまうので、ストーリーはあまり重視してません。
ただ単にドタバタ喜劇目当てで見ているような感じです。

冬のサクラ 第4話
何でこういう方向に行っちゃうんだろう…

日曜の夜でただでさえブルーマンデーで鬱なのに、なんでこんなドラマなんでしょう。
…場合によっては切る可能性も。

あとがき
せっかくだから楽しく生きたいじゃない?(アネモネ風)




それでは、また次の更新で。
■2011年2月7日 ア・リトル
ほんの気持ち的な。

ニュース
ヴィクトリカが他人から隠れるための引きこもり小屋で、どうやってうんこしたの?(舞軌内雑筆店)
さすが「砂糖菓子の弾丸は撃ち抜けない」だけのことはある…

娘の名前をエロゲのキャラからリスペクトしたのが妻にバレたwww:【2ch】ニュー速VIPブログ(`・ω・´)
澄乃
真琴
あたりはありですよね!
ふつうに「さくら」という手もありですが!

コメント欄  おいちょっとまて、俺の姉の名前加奈だぞ・・・
何かが逆w

コメント欄 俺の娘にはるーこ・きれいなそらの本名をもらった。まだバレテナイ。
みそらか・・・と思ったらまりあという説もあるんですね。


それでは、また次の更新で。
■2011年2月8日 お風呂の神様
芸能人が買い物するバラエティをやってましたけど、
ちっとも何も欲しくなりませんでした。

最近物欲がない風花です。

雑記
サーヴァントたれ
名古屋トリプル選は圧倒的な結末に終わりました。
予想通りとでもいいましょうか。


どうやら私は河村市長と似たような考えを持っているようです。
私は「公務員はパブリックサーヴァントで住民のメイド(執事)であるべき」という事をけっこう言ってきたのですが、
「議員とか役人とかはパブリックサーバント、公僕だ。そういう政治の原点を訴えたい」
まさかのドンピシャでした。


中に入ってみて、いろいろ思うことはあります。
やっぱり公務員はぬるいところがあると思いますし、非常に硬直的だと思います。

ただ、ひとつ言えるのは、自治体やそれこそ部署による違いがものすごく大きいということ。
角度を変えてみれば、日本で最も大きな事業体ですから、一枚岩どころか百枚岩なんですね。
これを変えるとなると、本当に一筋縄じゃないかないです。
変革ができるとすれば、ボトムアップからの底上げによる”漸進的行政”か、やはり一番手っ取り早いのはトップダウンだと思います。

とは言っても、私は首長ではないので、出来ることをやることが第一。
20年後30年後を見据えて、計画性はもちろんですが魂でぶつかっていきたいと思います。

表題文
今日のネタも朝書こうと思っていたものの、
ついさっきまで忘れていたのですが、
風呂場で思い出しました。
なんというパワースポット。

あとがき
GLAYのsoul loveとか、今思い出してもいい曲ですよね。



それでは、また次の更新で。
■2011年2月9日 雪のち晴れ
関東地方は雪でした。

実は私、雪という天気が大好きです。
これはSNOWに出会うずっと前からそうだったんですよね。
そんなに雪が降るわけでもないのに。
雪の日の朝のあの何とも言えない雰囲気が大好きでした。

今日はまさに「儚雪の空」。

風花です。

雑記
ペーパーシザース
今になって気付く「紙の鋭利さ」。

私はよく紙で指や手を切ります。
どんくさいところがあるためですが、一週間に1回はどこか負傷しているのではないでしょうか。

この前なんか、紙の束を変な形でもたために、手首を切ることに。
後だけを見るとさながらリストカッターのように、ちょうど動脈のところにうっすらと赤い線が入ってました。

紙って本当に怖いですね。

ページ数
サイトを立ち上げてから今まで、日記の過去ログとして生成したページが、何と175個もありました。
1年が12カ月で3ファイルで約36ページなので、それを5年弱も続けりゃそうなるわなという感じです。


ばかですね。
でもばかは続けていきますよ。
ばかなので。

ニュース
エロゲ 『猫撫ディストーション』 が神ゲーの予感 2chで大好評!!:【2ch】ニュー速VIPブログ(`・ω・´)
元長さんいるしものすごいメンツが揃ってますね…

飛車→ 角行→ ←香車
将棋経験者はだれしもが経験した道ではないでしょうか。

あとがき
BOYS DON'T CRY.


それでは、また次の更新で。
©2006- kazahana all rights reserved.