Diary 過去ログ(2011年1月11日〜2011年1月20日)
| 11日 12日 13日 14日 15日 16日 17日 18日 19日 20日 | << | 過去ログ | >> | TOP |
■2011年1月12日 飛騨を記す
帰ってきて旅行記をまとめたらこんな時間に。

雑記
旅行記「飛騨路大雪珍道中」
飛騨路大雪珍道中
書きました。
書くよりも、写真の選別で大いに悩みましたね。

地味だったかもしれませんが、
振り返ってみれば、いい旅でした。


飛騨はいいですよ。
なかなかふらっと行けるところではありませんが。

そのほか
旅行記で力尽きました。

ニュース
【東方】この木なんの木 ‐ ニコニコ動画(原宿)
木ですから!!!(怒)

ランドセルは『天空の城ラピュタ』のムスカからも!?児童福祉施設にタイガーマスクに続く救世主? (シネマトゥデイ) - Yahoo!ニュース
「ムスカ名義で子ども達にランドセルを送りたい」という2ちゃんねらー 実際に報道され感謝される - ネタりか昔だったら糾弾しているところでしょうが、今回の「タイガーマスク」から始まった一連の出来事は、個人的に嫌いじゃないんです。

日本ハム 斎藤佑樹を1軍キャンプに連れていく 監督明言 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース
ねだるな勝ち取れさすれば与えられん

<日本郵便>12年度新卒採用を見送り 民営化後初 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース
これは・・・
昨年の当事者なので怖いっすね。

あとがき
今日のBGM:ゆうまお「みちしるべ」


それでは、また次の更新で。
■2011年1月13日 プラスのスパイラル
久しぶりに落ち着いた感じです。

雑記
「伊達直人現象」について
旅行に行っている間にいつの間にか加熱していたこの現象について書いてみます。

色々な意見があるとは推測されますが、
個人的にはこの現象、いいと思います。

「しない善よりする偽善」と仰られている方もいますけど、
今回の現象は実際に必要なものが送られているので、偽善ではありません。

あと、現物で送っているのがいいところですね。
特に行政は、ロクなことに使いませんから。

内部にいて恐縮ですが、本当になんでこんなに無駄なことをするのだろうということにつぎ込む傾向があります。
特に「金余り」だと、それが顕著です。
その意味では、今予算をギリギリ削っていっているのは、いいことなのかもしれません。

今回の「伊達直人」さんたちは、本質を見ていない行政なんかより、よっぽど現実を見ていると思います。
建前はどうでも、心から関心がなければ、こういった送りも乗って出来ないですからね。
こういう人が全国に大勢いるのですから、本当にいい国だと思いますよ、日本は。

ニュース
ムスカ名義でランドセルを送ろうと思うのだが手紙の内容を考えてくれ:ハムスター速報
話題になった「ムスカを愛するVIPPER」スレ。
私、この手書きの文面見て泣きそうになったんですよ。
はじまりはネタでしたけれども、字面を見たら不器用な温かさが詰まっていることがよくわかります。

伊達直人現象、全都道府県に…高額寄付も相次ぐ (読売新聞) - Yahoo!ニュース
<タイガー現象>人情列島…全都道府県で確認、299件 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース
本当にここのところ、明るい話題がありませんでしたから。

あとがき
「ぶらり振り子電車の旅」 - nicozon
実時間で5時間弱のようです。



それでは、また次の更新で。
■2011年1月15日 本当は決めていたんだろう
旅行したばかりではありますが、早くも次の旅の構想を練りはじめていたりします。
それにしても、焦点を当ててみると、見え方が変わってくるものですね。

最初は、一つの観光スポットしかないなあと思って見ていた地域が、
思わぬ掘り出し物が近くにあったり、少し視点を広げてみると近くに別の観光地があったりと。

私は、計画を立てるところから旅行が楽しい部類の人間なのですが、
旅行の醍醐味は、そういった発見にもあるように思えてなりません。



…そして見つけたスポットが実は理論的に回りきれないことが判明したりするのも、いつものことですorz

雑記
相棒Season9 第11回「死にすぎた男」
だいたい読めてしまうのはいつも通りのことですが、
後半に行くにつれてどんどん救いようがなくなってくる始末。
すれ違いって怖いですね。
なんかこんなゲームどっかで見たことがあるような気もしましたけど。

精神ダメージは置いておいて、それなりの回だったかな、と思います。
ただ、やはり相棒である理由がないような気もしますね。
今回の相棒は特にそうなのですが、特命係が出ていくよりも、
渋い、事の顛末を見守るようなタイプが主演でひとシリーズドラマを作ったほうがいいんじゃないかと思います。
どうしてもミッチーの世界観からのすっぽ抜けっぷりが際立ってしまって仕方ありません。


まあ、ネットで見かける感想とうちがだいぶ違うのはいつものことです。
はじまったころから追っている直撃世代だからなのか、
それともよっぽど性格がひねくれているのか、
その理由はわかりませんけれども。
おそらく両者なんだろうなあ。

ニュース
田村ゆかりさんじゅうよんさい(舞軌内雑筆店)
人気声優の筆頭だったのが2004年あたりだったように記憶していますが、人気が落ちたわけでなく、声優ファン人口が増えたことで分散化したと見るのが冷静な見方のような気がします。
なのは以外では、Kanonの川澄舞や、ダカーポの芳乃さくらあたりが代表作になるでしょうか。
もちろん声優としてもそうなんですけれども、歌も地味にいい曲が多いんですよね。

女性声優6人を2次元に置き換えた絵がとても可愛い・・・そのままアニメ化しろ!(舞軌内雑筆店)
沢城みゆきは確かに黒いですよね。

ばるかんろぐ 最近声優消えすぎじゃね・・・?
このスレを見る前に、ふと思いついたのが石毛佐和。
舞台志望も多いですし、そっちに行っている人も多いでしょうね。

正解はひとつじゃない、という言葉の肯定感
何気なく聞いてた例えばアニソンに「同治」すること、山ほどありますよ。
一番最近あったものでは、ゆうまお「みちしるべ」。
この歌、よくよく聞いてみると詞のすべてで良いことを言っているのですが、
今まで気づかなかった
本当は 決めていたんだろう
この道を歩き続ける
のところにまで共感を覚えました。
多分、どんな曲でも、掘り下げていけばこういった部分があるはず。

アニソン、ゲーソンは馬鹿に出来ないどころか、素晴らしい応援歌になり得るものだと思っています。

岡村隆史を救った高倉健からの手紙 - お笑い芸人のちょっとヒヒ話(Hjk/変人窟)
2004年の空き巣事件の際の手紙は、ナイナイ岡村もそうですが、全ての人に響く内容に思えました。
私も今、頭をハンマーで軽く殴られたような衝撃を受けています。

あとがき
少し書きすぎたような気がします。




それでは、また次の更新で。
■2011年1月16日 悴んだ手で
なにげに今期、ドラマのあたりが多そうな感じがします。
何気なく冒頭部をみた「冬のサクラ」は、舞台が何と銀山温泉だったし。
そしてなんと巡査役でやましげ先生(エウレカでドミニク役)が!

雑記
(ドラマ録)外交官黒田康作 第1話
織田裕二・柴崎コウ×真保裕一 ということで、これは面白くないわけがない!と喜び勇んで録画をしたのですが、
その内容は・・・
面白くないとは言いませんが、なんか洋画みたいな感じで。
ちょっと予想していたものとは違いました。

柴崎コウがまさに今の私のポジションでした。
警察の中で使えないレッテルを貼られていて、地図だけは得意な警察官なのですが、
職場での対応とかそういった所がじつにリアル。
あれを不細工な男に変換すれば、私の出来上がりです。

「役所の中にいたって何もできない」というのは、難しい問題ですよね。
私もそういったことを感じた経験はものすごくあります。
それでも、道がないわけじゃないですし、
役所の中から変えていくことだってできるはずで、その道を模索しようと考えたりしています。

見ながら、香川照之は死んじゃうか、そうでなければ黒幕だなあと思っていたのですが、
思いっきり当たってしまいました。
そしてアメリカと日本の陰謀も予想してたら当たってしまい。
何でこの頭の回転を仕事に生かせないんでしょう。


第1話は本当に経緯の説明みたいな感じで、
おそらく2話、3話あたりで一気に話が動き出すんだと思いますが、
それがどっちに転ぶかは難しいところですね。

冬のサクラ 第1話(ドラマ録)
何も前知識なく見たドラマですが、実にいい。
あの田舎っぽいまったりした空気が実にいいですね。
その背景にはドロドロした者も流れてはいますけれども。

あと、やましげをドミニク呼ばわりはやめてあげてください。
いや格好良かったけれども。

ニュース
新成人実行委がアダルトグッズ、出席者に配る (読売新聞) - Yahoo!ニュース
※同アダルトグッズは税金から支出されました

あとがき
私も大丈夫と言ってくれる人が欲しいです。


それでは、また次の更新で。
■2011年1月17日 てんとう虫
土日にいろいろやろうと思っていても、結局暇つぶしで終わってしまうんですよね。
何と生活力のないことか。
風花さん、かねてからこの「生活力の無さ」には定評があります。
だから職場でも出来ないんだ、なんてツッコミが入ったりもするかもしれませんが。

雑記
テーマを決めよう!
仕事がある日は、どうしてもその一日が陰鬱になってしまいます。
平日はずっとその状態を引きずってしまい、何も得るものがないまま一週間が過ぎて行っているような、そんなふうにも感じます。
年を重ねると月日の流れが速いというのは、そこにも起因するんだと思いますが。

そこで、一週間のテーマを決めてみたらどうだろう、とふと思ったので実行してみます。
すぐ実行しないと、結局めんどくさいで終わってしまいますからね。

今週のテーマは「片付ける」。
整理、掃除、処分、何でもござれ。
いろいろやってみようかなと思います。

あとがき
いつのまにかカウンタが24万数えてました。



それでは、また次の更新で。
■2011年1月18日 雪に吠える
夜空を見上げることが多くなりました。

雑記
太陽のかけら
白石涼子の「太陽のかけら」、いい曲ですよね。
知らない方はこの機会にぜひ。

非常に軽快で、元気の出る曲です。
歌詞の中で
「誰にも似てない夢でいい」
という、非常に重く大切なフレーズがものすごく印象に残るんです。

そしてそのあとに続くのが
「守ってゆこう いつも 私らしく微笑むために」。



個性個性といいながら、色々なものが無理矢理同化しすぎている現代。
そんな時代に風穴を開けるのは、この歌かもしれません。

ニュース
宮代町の「ふるさと納税」の特産品は何と…?!
悔しい、けどいい手だと思います。
鷲宮とかでやってた手法と同じですね。
岐阜あたりはけいおんでやったら相当もうかるのではないでしょうか。

あとがき
お役所でバイトして分かったこと
2009年のニュースでしたけど、「そのとおり」だということがよくわかりました。



それでは、また次の更新で。
©2006- kazahana all rights reserved.